【無料】WEBオンライン体験会 開催中!

稼いでる人ほど本を読む! 忙しい社会人は速読で読書量を増やそう

ビル群

こんにちは!

いよいよ今年も、梅雨が間近ですね!

傘や、少し大きめのタオル、あるいはカッパや、替えの靴下なんかも…!
気づいたら荷物の増える日々ですが…カバンの中には、本も忍ばせてあげたいと思う今日この頃です。

さて、今日はタイトルにもあるように、《稼いでいる人ほど、成功している人ほど、本を読んでいる》…読書とは、最高の投資であることをお話ししていきます。

これまでも、読書と年収が比例しているというデータも実は数多く発表されています。
(もちろん、本を読むだけで突然年収が上がるなんてことは無いと思いますが…)

情報量や知識量というのは、選択肢の多さと比例していきますよね。

また、問題解決能力にも繋がるといいます。

《瞬読》の本書の中でも、アメリカのデータの一例を紹介しています。

・お金持ちの88%が1日に30分以上のビジネス書などを読んでいる。
(年収3万ドル以下層は2%)
・お金持ちの86%が読書家である。
(年収3万ドル以下の層は26%)
・お金持ちの63%が移動時間にオーディオブックを聴いている。
(年収3万ドル以下の層は5%)

※「Business Management Degree」の調査による

など、その他にも様々なデータに基づき、年収と読書量の多さは明らかに、比例しているのがわかります!

おそらく、このブログを開かれたあなたは、すでにそのことはご存じであろうと思います。

―そんなことは分かっている!だけど、多忙な毎日の中でどうしたら?
どのように読書に時間を費やせば良いのか…?―

そんなお声が聞こえてきそうです!

忙しい人の読書時間の例では、本書でも紹介をしているように、成毛眞さん(元マイクロソフト社長、現在書評サイトHONZ代表、など実業家)は、移動の全てをタクシーに変え、その時間を全て読書に費やしたと言います。

成毛さんは、『年間でタクシー代が100万円かかったとしても、400時間も本を読めるとすれば、200万円くらいは稼げるようになるのは難しくない』と、そのようにおっしゃっています。

しかし、成毛さんに習って、全ての移動をタクシーに変えていくのは、少々振り切った行動となるでしょう。

 

『瞬読』に興味を持たれる方の多くは、読書時間の確保の難しさに悩まれています。

本は、自分にとってかけがえのない財産になることを知っているから…読書をするということは、何よりも自分への投資になることを知っているからこそ、《読書時間の確保》を求めて『瞬読』を学ばれます。

タクシーを使わなくても…数十分集中し、読書ができる…この『瞬読』もまた、消えることのない、財産になりうることに気づかれるのです。 (しかも!実はこの『瞬読』は、ただ速く本を読めるだけでは、終わらないので…、すでに充分な読書時間を確保できている方にも、『瞬読』は次なるステップへと導いてくれるものとなるのです!が、それはまた今度お話ししていきましょう。)

・たくさんの本を読みたいけれど忙しくて時間が無い…
・移動中に本を読むが、集中できず内容がうまく入ってこない…
・仕事の効率化、もっと自分の可能性を広げてみたい…

そんな方はどうぞご自分の投資の一つとして、『本を読む』と共に『瞬読』を学ばれてみてください。

『瞬読』体験会、随時開催中!

それでは、今日もたくさんの本との出会いに恵まれますように。

良い一日をお過ごしください♪