【無料】WEBオンライン体験会 開催中!

アウトプット能力を高めたい!

皆さんは普段、どれくらいアウトプットする機会がありますか?

お仕事で毎日のように、アウトプットを行っている人もいれば、
普段はめったに行うことが無く、いざ求められると冷や汗が出てしまう…
なんて人もいらっしゃるのではないかと思います。

《瞬読》と共に、多くの方が身に着けたいと言われるスキルとして、
《アウトプット能力》が挙げられます。

人口知能が活躍する社会において、
このアウトプット能力は社会全体としても
非常に求められているスキルの一つですよね。

このアウトプット能力を高めるためには、
もちろん練習が必要なのですが、
普段、アウトプットを行う機会が少ないのであれば、
意識的に行う必要があります。

そして、アウトプット能力を高めるためには、
とにかく最初は『質より量』がなによりも大切なのです!

そもそも、《アウトプット》とは?

《出力》を意味していて、
《インプット(入力)》と対になって使われる言葉です。

主にビジネスシーンでよく使われる言葉ですし、
社会ではより質の高いアウトプットを求められます。

ですが、最初から質の高いものを…というのは非常に困難で、
量をこなしていくうちに質が伴ってくる、というのが自然な流れです。

ブログの場合であれば
「とにかく毎日書け」なんて言われますが、
量をこなしていくうちに、
自然と質は高まっていくのだと思います。

瞬読のトレーニングの中でも、
アウトプット能力のトレーニングを一緒に行います。

《瞬読》で多くの本を読み、
知識を得る(インプット)ことと、アウトプットをしていくことは、
非常に相乗効果もありますが、
どちらもとにかく最初は頻度(量)を行うことをお勧めしています。

「30代までは多読して40代からは熟読しろ」

なんて言葉もありますが、
年齢というところではなく、
必ず「量から質」へ移っていく流れが
自然な流れなのだと思います。

アウトプット能力を高めたいとお考えの方は、
まずは何かしらの『アウトプットを行う習慣』を心がけて
まずは、頻度(量)を高めてみてください。