【無料】WEBオンライン体験会 開催中!

【右脳速読法「瞬読」体験談No.71】和歌山県 日笠山將さん(会社員 20代)

【右脳速読法「瞬読」体験談No.71】和歌山県 日笠山將さん(会社員 20代)

 

普段は、会社員として機械部品製造のお仕事をされている日笠山さん。

瞬読には、日笠山さんのように20代の会員さんもいらっしゃいます。

瞬読を始められて、ご自身の興味の分野が見えてきたり内面も変わられたり…、どんな変化があったのかお伺いしてみました!

 

瞬読スタッフ

瞬読を始めようと思ったきっかけはなんですか?
尊敬している社長さんが、Youtubeでいつも読書の大切さを発信されていました。自分も本を読まなければいけないということはわかっていましたが、読む速度があまりにも遅すぎるのでどうにかしなければと思っていたところに、本屋さんで瞬読の本を見つけ、体験会に参加したのがきっかけです。

日笠山さん

瞬読スタッフ

瞬読を始めて変わったことはありますか?
もちろん本は速く読めるようになりました。 以前はゼロに等しかった読書量ですが、半年で70冊くらいは読みました。また、70冊読んでいくうちに、自分が興味ある分野というのがハッキリしてきました。最初はマーケティング、金融、エッセイなど分野を絞らず手当たり次第に読んでいましたが、徐々に教育分野の本に絞られてきました。以前から子どもが好きではあったのですが、今は教育…特に児童心理学を学びたいと思うようになり、資格取得のための勉強も始めました。 現在の仕事とは180度違う分野ですが、自分の好きなことを見つけられたのはとてもよかったです。

日笠山さん

瞬読スタッフ

他に何か変化はありましたか?
読書とは関係ないのですが、大人を信用できるようになりました。瞬読を始めるまで、自分はきちんと対等に話を聞いてくれる大人に出会ったことがありませんでした。そのせいで自分をわかってもらう努力などもしてきませんでした。しかし、瞬読のコミュニティには、こんな若造の話をきちんと聞いてくれて、意見を尊重してくれる人々がたくさんいたのです。そういった方々のおかげで自分の意見も言えるようになりましたし、思考もポジティブに変化したことを感じます。

日笠山さん

瞬読スタッフ

瞬読コミュニティでは、毎朝6時から30分間朝活の時間を設定しています。日笠山さんはその運営メンバーにも手を挙げてくださいましたが、それはどういった理由からですか?
もともと自分一人で朝活はやっていました。夜更かしをして時間を無駄に使うより、朝時間を活用することのすばらしさを伝えたいと思ったからです。現在は、瞬読の朝活時間を含めて毎朝1時間ほど資格試験の勉強時間に充てています。コミュニティのみなさんと緩く繋がりながら過ごす充実した時間は最高ですね。

日笠山さん

瞬読スタッフ

これから瞬読を始める方へメッセージをどうぞ♪
今よりさらに人生楽しみたいなら、瞬読を始めないなんて選択肢はないと思います。 私は瞬読で、本を読む速さだけでなく世の中に対する見方までも変わりました。少しでも興味があるのであれば、まずは体験会に参加されてみてはいかがでしょうか。

日笠山さん

 

今までたくさんの受講生様にインタビューをしてきましたが、「大人を信用できるようになった」という変化をお話しいただいたのは初めてでした。

このまま人を信用せず自分を開示することなく過ごして迎えた未来と、人を信用して自分を開いて前向きに過ごして迎えた未来では、全く違う結果が待っていると思います。 若い方こそ、日笠山さんのように早い時期に瞬読に出会っていただきたいですね。

日笠山さん、どうもありがとうございました!