【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

脳トレの種類を使い分けて脳の劣化を効果的に食い止めよう

脳トレの種類を使い分けて脳の劣化を効果的に食い止めよう

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

脳トレが認知症の予防に効果があると聞けば、すぐにでも取り組んでみたいと思う人も少なくないでしょう。たしかに、脳トレには脳の劣化を抑えてくれる働きがあると、さまざまな研究結果で明らかになっています。

とはいえ、すぐに脳トレへ飛びつくのは、あまりよい考えとはいえません。認知症にもさまざまな症状があり、どの症状を予防したいかによって、選ぶべき脳トレの種類が変わってくるからです。

そこで当記事では、まず脳トレが認知症に効果的な理由をお伝えします。そのあとで、認知症の症状別に、オススメな脳トレを紹介していきます。脳トレをスタートする前に、当記事で基本的な知識を、しっかりと押さえてしまいましょう。

脳トレが認知症に効果的な理由とは

脳トレが認知症に効果的な理由とは

脳トレが認知症に効果的な理由として、大きく以下の2点があげられます。

  1. 脳トレによる脳への適度な刺激
  2. 脳トレを通じた他人との交流

認知症とは、記憶力や理解力が徐々に衰えて、正常な生活が送れない状態を指します。脳が劣化する原因はたくさんの要素が複雑に絡み合っていて、ひと言では解説できません。

しかしルーティン作業(同じ作業)が続くと、認知症を引き起こしやすいというのは、みなさん容易に想像がつくでしょう。そう、脳は適度に使って外部からの刺激を受けないと、徐々に錆びついてしまうんです。

そこで、記憶の司令塔「海馬」を脳トレで鍛えると、記憶の回路を結びつけるシナプスの数が増えて記憶力がアップします。もちろん、改善されるのは記憶力だけではありません。遂行機能や言語能力など、後述する中核症状に関係する能力も一緒に鍛えられます。

また脳トレによって人と交流する機会が増えるのも、認知症予防の大きな理由のひとつです。一般的に、年齢を重ねるたび、人と交流する機会は減ってきます。でも将棋・料理・クイズなど、脳トレという目的があれば、自然と交流の時間は増えていくはずです。

家族や友人と笑いながら脳トレを楽しむ。そういった充実した時間を定期的にもてば、認知症になる確率は大幅に軽減できるでしょう。

認知症の中核症状別オススメ脳トレ     

認知症の中核症状別オススメ脳トレ     

冒頭でもお話ししたとおり、ひと言で認知症といっても、その症状はさまざまです。なにか気になる症状があれば、その症状に適した脳トレを選ばないと、思うような効果は見込めません。

今回は、認知症を6つの中核症状に分類して、それぞれ最適な脳トレを紹介していきます。また、別記事でも認知症の症状別脳トレを紹介しています。ぜひそちらの記事も読んでみてください。

1.記憶障害:記憶力ゲーム(神経衰弱など)

認知症のもっとも代表的な症状といえば、やはり記憶障害でしょう。誰でも年齢とともに少しずつ忘れっぽくなりますが、もの忘れが重なると本当に不安ですよね。

記憶障害を予防するなら、神経衰弱のような、記憶力をアップさせるゲームがオススメです。ご存知のように神経衰弱は、めくったカードの位置と数字を記憶していないと、絶対に勝てません。そのため、自然と記憶力が鍛えられていきます。

記憶力強化という意味では、間違い探しゲームもいいですね。2枚の絵を見比べて違いを探すためには、絵の特徴をしっかりと記憶しておかなければなりません。また、2枚の絵を同時にフワッと視界に入れる必要があるので、空間認識能力を司る右脳も鍛えられます。

なお、神経衰弱には対戦相手が必要ですが、アプリを使えばひとりでも取り組めます。間違い探しのアプリもたくさんあるので、まずは気軽にチャレンジしてみてください。

2.見当識障害:地図を使って仮想旅行

今いる場所や時間がわからなくなる症状を、見当識障害といいます。こうなると、今自分がなにをしているのかも理解できないので、どうしても対人トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

予防策として、地図を使った仮想旅行などは、非常にオススメです。なんといっても、地図アプリを使えば、リアルタイムで世界中の景色が確認できます。訪問する場所の情報をネットで調べたりするうちに、場所に対する意識が強くなっていくはずです。

もちろん、実際に旅行をするのもいいでしょう。やはり実際にその場所にいっていろいろな経験をするほうが、脳への刺激は圧倒的に大きいですからね。また、スケジュールに沿って行動するので、曜日や時間感覚も鋭敏になっていきます。

なお、今流行りのVRでバーチャル旅行をすれば、自宅にいながらして実際に旅行をしている感覚が味わえます。興味のあるかたは、ぜひ詳しく調べてみてください。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

3.遂行機能障害:料理

遂行機能障害も、認知症によくみられる症状のひとつです。遂行機能障害とは、文字通り、目的を遂行するための行動ができなくなる症状を指します。

最初は、とくに自覚がなく、せいぜい仕事の段取りがなんとなく悪くなる程度でしょう。しかしこれがさらに進行すると、客観的に自分の行動を把握できなくなり、最終的には日常生活にも支障が出てきます。

こういう状況を予防したいなら、ぜひ料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。料理というのは、単に材料を切ったり、味付けしたりするだけではありません。以下のとおり、料理は遂行に必要なステップすべてに関係しています。


  • 目標設定:夕飯の支度、友人とのホームパーティなど
  • 計画を立てる:献立の作成、レシピ研究
  • 計画の実行:買い物、調理
  • 計画の修正:レシピの再研究、味付け直し

少しむずかしいことをいいましたが、なんといっても料理は楽しいです。好きなものをつくって、家族や友人と一緒に食べれば、認知症なんてきっと吹っ飛んでしまいますよ。

4.理解力 / 判断力:時間制限のあるゲーム

認知症になると、理解力や判断力が著しく低下します。そのため、「今日の朝はなにを食べましたか?」といった、ごく簡単な質問にも答えられません。こうなると、他人とのコミュニケーションが取れずに自然と会話が少なくなり、余計に認知症が悪化してしまいます。

理解力や判断力を鍛えるなら、ゲームやクイズがオススメです。とくに時間制限のあるゲームをやると、時間内に終わらせようという意識が生まれて、自然と理解や判断のスピードがアップします。

もしゲームが好きなら、オンラインの対戦ゲームなどもいいですね。オンラインゲームには相手がいるし、自分勝手にリセットはできません。不確定要素が多いので、状況を理解して最適な行動を導き出す判断力が、ガンガン鍛えられるでしょう。

5.言語障害:漢字系クイズ

認知症のなかでも、言語障害になると、なかなかやっかいです。認知症による言語障害なのか、それとも失語症なのかによって、対応が変わってくるからです。

失語症の場合は、あくまでも言語機能だけの衰えであり、認知症の他症状とは関係ありません。一方で認知症による言語障害だと、記憶障害や見当識障害など、さまざまな障害が同時に発症するケースがほとんどです。

いずれにしても言語機能に対する予防としては、やはり漢字クイズのような、言語系の脳トレが効果的だと思います。「穴埋め熟語」「漢字しりとり」「部首当て」「難読漢字」など、漢字クイズはたくさんあるので、気に入ったものからチャレンジしてみればよいでしょう。

また漢字クイズは、アプリもたくさん発売されています。無料のクイズでも十分楽しめるので、まずは気軽に試してみてください。

6.失行 / 失認:日記

失行と失認も、認知症でよくみられる症状です。失行は、身体機能は正常なのに適正な行動ができない状態をいいます。失認は、五感や記憶に問題がないにもかかわらず、触ったり見たりしたものの名前がわからない状態です。

こういった症状を予防するには、日記を書いてみるのが有効だといわれています。日記を書こうと思えば、その日のできごとをじっくりと思い返すでしょう。この「振り返り」が、認識能力や記憶力を高めてくれるのです。

あくまでも振り返りが目的なので、内容についてそれほどこだわる必要はありません。食べたもの・天気・楽しかったこと・嫌だったこと、なんでもOKです。内容よりも継続のほうが大事なので、3行程度でもいいから、できるだけ毎日書き続けてみてください。

脳トレの効果を最大限に引き出すコツ

脳トレの効果を最大限に引き出すコツ

せっかく脳トレに取り組むのであれば、できるだけ効率的に進めたいものです。そこで最後に、脳トレの効果を最大限に引き出すコツを4点紹介します。

脳トレの効果を最大限に引き出す4つのコツ
  • 決して無理強いはしない
  • 複数の脳トレを組み合わせる
  • できるだけ早く脳トレに取り組む
  • 脳トレと並行して軽い運動も習慣化する

ひとつずつ見ていきましょう。

◆高齢者に対する脳トレの注意点については、コチラの記事もお読みください

決して無理強いはしない

自分が自主的に脳トレに取り組むなら、どういったペースでも問題はありません。自分で決めたことですからね。しかし、子どもが親に脳トレを勧めるようなケースでは、決して無理強いをしないでください。

親が高齢になり心身ともに衰えてくると、徐々に子どもの発言権が強くなってきます。そうなると、心配のあまり、つい自分の意見を押しつけてしまいがちですよね。でも、他人にコントロールされるのは、誰だってイヤなもの。

人に脳トレを勧める行為は、「まだまだ元気だ」と思っている人に対して、衰えを突きつけているともいえます。もちろん、脳トレを勧めること自体には、なんの問題もありません。でもいくら親しい仲とはいえ、無理強いすれば、相手のプライドを傷つけてしまいます。

前述のとおり、脳トレは楽しいのが一番です。無理強いをして、せっかくのやる気を削がないように、注意しましょう。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

複数の脳トレを組み合わせる

前述の中核症状ですが、なにかひとつだけ発症することは少なく、たいてい複数の中核症状が併発します。そう考えると、やはり複数の脳トレに取り組んでおきたいところです。

とはいえ、どういう症状が起こるかは、認知症になってみないとわかりません。もし複数の脳トレを選ぶのであれば、気になる症状に対応する脳トレを、とりあえずランダムに選んでおくしかないと思います。

また脳トレは、大きく「頭脳系」と「作業系」に分類されます。頭脳系の脳トレを複数おこなうよりは、「漢字クイズ」と「料理」のように、頭脳系と作業系からひとつずつ選ぶほうが合理的でしょう。

これは、日常生活でも一緒です。「歌いながら家事をする」「歩きながら英語のリスニングをする」といったように、ふたつの行動を組み合わせると、脳はより刺激を受けて活性化してくれます。

「同じことの繰り返しを避けて、生活に変化を与える」これが脳トレを成功させる大きなポイントなんです。

できるだけ早く脳トレに取り組む

認知症の治療は、早ければ早いほど効果が高いといわれています。これは予防に関しても、同じです。できるだけ早いうちから予防に取り組んでおけば、高齢になっても、脳機能の衰えを最低限に抑えられます。

とはいえ、家族が親に脳トレを勧める場合、話は簡単ではありません。親が「自分に脳トレなんて必要ない」と思っているうちは、子どもの思惑どおりに、脳トレへ取り組んではくれないからです。

でも実際のところ、自主的に認知症予防の脳トレに取り組む人は、ほとんどいないと思います。そうなってくると、やはり認知症の予防と感じさせないように、うまく脳トレへ導く工夫が必要です。

一緒に将棋をする・散歩に誘う・クイズを出題してみるなど、脳トレに興味をもってもらえるまでは、ぜひ一緒に脳トレへ取り組んでください。

脳トレと並行して軽い運動も習慣化する

今回紹介した、頭を使う脳トレだけでなく、ぜひ軽い運動も並行しておこなってください。認知症予防に対する運動の効果については、厚生労働省のサイトにも、はっきりと書かれています。

これまでの多くの研究で、中年期・老年期の運動習慣や定期的な身体活動が、アルツハイマー型認知症を含む認知症の発症率を低下させることが報告されています。

〜中略〜

したがって、適度な運動、バランスの良い食事、夜間の良好な睡眠、余暇活動を楽しむことを生活習慣にとりいれ、高血圧や糖尿病、脂質異常症、肥満などの生活習慣病を治療することが重要です。

引用元:認知症|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

運動をすると、まず全身の血流がよくなり、脳に十分な血液と酸素がいきわたります。しかも適度な運動で体が絞れてくると、自分に対して自信がもてるようになります。

年齢を重ねるとどうしても自分の衰えに敏感になってしまいがちですが、肉体を鍛えれば不要な自己卑下に陥ることもありません。

また、心を落ち着かせる働きのある「セロトニン」は、運動によって活発に分泌されます。うつ病の治療にセロトニン量を調整するSSRI薬が使われることからも、その影響の高さは想像できますよね。

このように、適度な運動は、脳に対してよい影響ばかりです。少なくともひとつくらいは、なにか運動系の脳トレに取り組むようにしましょう。

◆運動とセロトニンの関係については、コチラの記事をお読みください

まとめ

今回お話ししたように、ひと言で脳トレといっても、その種類はさまざまです。したがって、ただ闇雲に脳トレを選ぶのは、あまり効率的ではありません。

認知症にもさまざまな症状があり、それぞれ適した脳トレは異なります。すべての脳トレをやる時間がない以上、まずは自分の気になる症状に応じた脳トレを優先的に選んでください。

》》オススメの脳トレ「右脳速読」については、こちらからご確認いただけます
瞬読Zoom体験会