【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

大人の脳トレは継続が命!継続しやすい脳トレを4つ紹介

大人の脳トレは継続が命!継続しやすい脳トレを4つ紹介

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

「顔はわかるのに名前が出てこない」

40代をすぎる頃から、段々とこういった物忘れに悩まされる人が増えてきます。あまりにももの忘れが激しくなると、「認知症になるのでは……」と、不安になるものです。

残念なことに、いちど認知症になると、完全な回復は望めません。だから、40代、できれば30代のうちから、私たちは予防を心がけていく必要があります。

その認知症の予防として、オススメしたいのが、今回紹介する脳トレです。脳トレと認知症との関係は、いまだ明らかになっていない面もあります。しかし脳を適度に働かせて、血流を改善できれば、少なくとも年齢相応の機能は維持できるでしょう。

今回の記事では、忙しい大人が脳トレを継続するコツについて解説します。また、オススメの大人向け脳トレも紹介していくので、気になる脳トレがあれば、どんどんチャレンジしてみてください。

(Nintendo Switchの人気ゲーム「脳を鍛える大人のトレーニング」も紹介していますよ)

大人が脳トレを継続するコツ

大人が脳トレを継続するコツ

おそらくほとんどの人が、脳トレは脳の働きをよくしてくれるという、プラスのイメージをおもちのはずです。しかし、現代の大人は非常に忙しく、積極的に脳トレへ取り組む人はそう多くありません。

そこで、まずは忙しい大人が脳トレを継続するコツについて、お話ししていこうと思います。今回紹介する継続のコツは、以下の3点です。

大人が脳トレを継続する3つのコツ
  • 自分の好きなものだけにチャレンジ
  • 結果が具体的にみえる脳トレがオススメ
  • アプリを活用する

ひとつずつ解説します。

自分の好きなものだけにチャレンジ

忙しい大人が義務でもない脳トレを継続するには、やはり自分の好きなものを選ぶのが大前提になります。どれだけ効果があっても、楽しくなければ、決して続かないでしょう。それだけ、現代の大人は、仕事にプライベートに忙しいのです。

さいわい、脳に効果があるといわれる脳トレは数多くあり、選択肢の幅は結構あります。具体的な脳トレについては、のちほど個別に紹介するとして、まずは脳トレを選ぶ際のコツを考えてみましょう。

脳トレは、大きく頭を使う「頭脳系」と、体を動かす「作業系」にわかれます。普通は、脳のトレーニングだから、頭脳系がいいと思いますよね。でも、脳と体はつながっているので、作業系を選んでもまったく問題ありません。

これは、もう純粋に好みで選んでください。体を動かすのがあまり得意でない人は頭脳系がいいし、運動好きならやはり作業系がぴったりです。ただ、効率性を求めるなら、できれば両方の脳トレを取り入れるのがベストだと思います。

具体的な結果のみえる脳トレがオススメ

継続をしていくためには、できるだけ結果が具体的にみえる脳トレを選びたいところです。当たり前ですが、やってもあまり効果がないと感じてしまえば、やる気は著しく落ち込んでしまいます。

そう考えると、麻雀のような、誰かと対戦するゲームは非常にオススメです。麻雀は勝ち負けが明確なので、「頑張って勝とう!」という熱気が生まれます。そのぶん、負ければ少々イラッとするかもしれませんが、それも含めて脳への刺激が期待できそうですよね。

しかもこういったゲームをすると、自然と会話が発生します。こういう利害関係のない場での他愛のない会話は、本当に心を落ち着かせてくれるものです。

もしひとりで気軽にできる脳トレがよいなら、パズルもいいと思います。パズルは完成形が決まっていますから、手抜きができません。コツコツ頭を使っていくしかないんです。だから、難易度の高いパズルを完成した際の達成感は、本当に格別です。

アプリを活用する

これまで脳トレをやったことのない人にすれば、脳トレを用意するだけでも、かなりの負担になります。まず選び方がわからないし、どこで手に入るのかもわかりません。

周りに経験者がいればよいのですが、もし誰も相談できる人がいなければ、脳トレ自体を諦めてしまう可能性が高いです。

そういう場合は、アプリが使える脳トレをオススメします。アプリなら、いちどダウンロードすれば、しばらく使い続けられます。アップデートがあるアプリなら、飽きることなくいつでも最新の脳トレが楽しめるでしょう。

そう考えると、今回紹介したなかでは、「ジグソーパズル」と「麻雀」あたりが、アプリで楽しめそうです。もちろん漢字クイズやクロスワードパズルなど、アプリが利用できる脳トレは、ほかにもたくさんあります。

脳トレの内容も大事ですが、取り組みやすさも、劣らずに重要です。「面倒くさい」で脳トレを敬遠しないためにも、ぜひアプリを活用してみてください。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

オススメの大人向け脳トレ4選

オススメの大人向け脳トレ4選        

継続のコツをご理解いただいたところで、次は大人向けオススメアプリを4つ紹介します。今回紹介する脳トレは、大人が興味をもてる本当にオススメのものばかりです。なかには、趣味として楽しめる脳トレもありますので、ぜひいろいろと試していただければと思います。

◆そのほかオススメ脳トレについてはコチラの記事でもお読みいただけます

ジグゾーパズル

小さなピースとにらめっこしながら、どこに当てはまるか試行錯誤を繰り返す。この一連の行為が、脳に適度な刺激を与えてくれます。

また、絵柄やピース数のバリエーションの豊富さが、ジグソーパズルのよいところです。絵柄がはっきりしていて、200〜300ピース程度のものを選べば、初心者でも気軽に楽しめます。

ジグソーパズルに慣れてきたら、3,000ピース以上ある風景など、難易度の高いパズルにもぜひ挑戦してみてください。小さいピースどれを取っても似ているので、はじめは頭を抱えてしまうかもしれませんね。

そのぶん、できあがったときの達成感は、ほかの脳トレではなかなか得難いものです。前述のとおり、アプリもありますので、まずは気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

麻雀

大人になると、少しずつ他人と遊ぶ機会が減ってくるものです。でも麻雀なら、脳トレと同時に、他人との交流も楽しめます。

もしパズルやクイズのように、ひとりでやる脳トレにあまり興味がもてないとしたら、麻雀は本当にオススメです。

冷静に分析してみると、他人との交流以外にも、麻雀には脳トレの要素が満載です。パッと思いつくだけでも、「指を頻繁に動かす」「計算をする」「相手の思考を読む」などが考えられます。

正直なところ、昔の麻雀といえば、「お金を賭けて、酒を飲み、タバコをプカプカさせながら打つもの」というイメージが当たり前でした。しかし今は、ギャンブル性を排除した、いわゆる「健康麻雀」が主流です。

お金のやり取りのない健康麻雀が楽しめる雀荘は、今やいくらでもあります。対戦ものが好きなら、麻雀は狙い目ですよ。

料理・絵画

作業系が好きなら、料理や絵画をオススメします。どちらも単純に手を動かすだけでなく、頭を非常に使うからです。

「どういった料理をつくるか」「調味料の配合はどうするか」私たちが想像する以上に、料理は頭を使います。

絵画は、それ以上かもしれません。見たままを書き写すデッサンならともかく、自分の感性をいかに絵に落とし込むか、そういったことを考えるのが絵の仕事といってもいいくらいです。

また料理は、健康にも大きな影響を与えてくれます。野菜を多く薄味にして、バランスのいい食事をつくれば、自然と脳も健康になっていくでしょう。絵画にしても、スケッチをしに外出する機会が増えれば、いやでも歩く距離が増えます。

脳と体の両方を鍛えてくれる作業系の脳トレは、忙しい大人にとって、まさに一石二鳥だと思います。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

速読トレーニング

手前味噌のようになってしまいますが、私の指導する「右脳速読」も紹介しておきます。右脳速読は、文字どおり、右脳を使った速読法です。

通常の読書は、言語を司る左脳でおこないます。ところが右脳速読の場合、イメージ化が得意な右脳で、文章を映像として読んでいくんですね。

じつは、文字を1文字ずつ読むより、映像化して記憶するほうが圧倒的に速いんです。個人差はありますが、多くの人が通常の40〜50倍の速さで本を読みます。

右脳速読に取り組むと、普段使わない右脳が非常に活性化します。その結果、読書スピードだけでなく、右脳のもつ「創造力」や「発想力」「理解力」などが、大きく鍛えられるのです。

右脳を意識的に鍛えられるのは、右脳速読だけ。ぜひ、このメリットを多くの人に受け取っていただければと思います。

◆右脳速読の詳細についてはコチラの記事でお読みいただけます

脳トレ初心者には、Nintendo Switch「脳を鍛える大人のトレーニング」がオススメ

脳トレ初心者には、Nintendo Switch「脳を鍛える大人のトレーニング」がオススメ

※画像引用:脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング

ここまでさまざまな脳トレを紹介してきましたが、大人の脳トレと聞けば、Nintendo Switchの人気ゲーム「脳を鍛える大人のトレーニング」を思い浮かべる人も多いでしょう。

そこで最後に、「脳を鍛える大人のトレーニング」についても、簡単に紹介しておきます。

脳を鍛える大人のトレーニングは、もともと任天堂DS時代に発売された、大ヒット脳トレゲームです。思えば「脳トレ」という言葉が一般化したのは、このゲームのおかげかもしれません。

Nintendo Switch版には、「指で脳トレ」「対戦脳トレ」「手書きで脳トレ」という、3種類の脳トレゲームが用意されています。

脳トレゲームに慣れてきたら、毎週土曜日に開催される「世界一斉脳トレ大会」に参加するのも楽しそうです。ランキングが発表されるため、脳トレ継続の強いモチベーションにもつながります。

また、脳年齢チェック機能があるのも、非常に嬉しいポイントです。この機能を使えば、脳トレの結果が数字として実感できます。

「脳を鍛える大人のトレーニング」に挑戦してみたいと思ったかたは、まず公式サイトでゲーム内容などを確認してみてください。

※脳を鍛える大人のトレーニング公式サイト:【脳トレ】脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング

まとめ

大人の脳トレは、とにかく継続が命です。どんなにいい脳トレでも、すぐにやめてしまえば、効果はほとんど期待できません。

継続するためには、やはり楽しいのが一番です。今回紹介した脳トレは、楽しくて役に立つものばかり。まずはどれか気になったものに、チャレンジしてみてください。

なお、前述の右脳速読の詳細を知りたいかたは、Zoom体験会がオススメです。以下のリンクからご参加ください。

>>瞬読Zoom体験会