【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

高齢者の脳トレは簡単なものを継続するのがいちばん

高齢者の脳トレは簡単なものを継続するのがいちばん

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

「最近もの忘れがひどくなってきて困っている」

「よく計算を間違うようになってきた」

こういった症状が気になりだすと、多くの人が脳トレでなんとか解決できないかと考えるようになります。

たしかに、脳トレにはこういった脳の衰えを予防する働きはありますが、適切な難易度の脳トレを選ばないと、思うような効果は期待できません。もし、あまりにも難易度の高すぎる脳トレを選んでしまうと、おそらくすぐに挫折してしまうでしょう。

そこで今回は、誰でも簡単に取り組めるオススメの脳トレを「定番」「運動系」「作業系」にわけて、4つずつ紹介していきます。自分に合いそうな簡単な脳トレがみつかったら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

脳トレは簡単な方法をいかに継続するかがポイント

脳トレは簡単な方法をいかに継続するかがポイント

今回オススメの脳トレを紹介する前に、脳トレに関する非常に重要なポイントをひとつだけお伝えしておきます。脳トレの効果をしっかり受け取りたいと思っているならば、「簡単な方法をいかに継続できるか」という脳トレの基本を決して忘れないでください。

脳トレは、取り組んですぐに結果が出るものではありません。少なくとも半年〜1年ほど定期的に脳トレを続けて、「そういえば最近名前がスッと出るようになったな」と気づく。そういった緩やかな取り組み方が、脳トレ本来のあり方なのです。

ここでもし、「こんな簡単な脳トレなんてバカらしくてやってられないよ」と憤り、やたらとむずかしい脳トレをやっても、おそらくすぐに嫌になってやめてしまうでしょう

しかし、以下3つのポイントに気をつけておけば、格段に脳トレを継続しやすくなるはずです。


  • 自分の好きな脳トレを中心に選ぶ
  • 結果を体感できる脳トレがオススメ
  • 入手しやすいアプリを活用する

上記の脳トレを継続するコツについては、別記事で詳しく解説しています。ぜひ、そちらの記事にも目を通しておいてください。

オススメ簡単定番脳トレ

オススメ簡単定番脳トレ

脳トレには、クイズのようないわゆる定番脳トレから、体を使った運動系の脳トレまで、じつにさまざまな種類があります。脳トレの選び方については、症状に合ったものを選ぶのが基本です。

とはいえ、最初はあまりむずかしく考えずに、気に入った脳トレを好きなだけやってみればいいと思います。ということで、まずは主に頭を使って脳を刺激する定番の脳トレを、4つ紹介します。

間違い探し

ご存知のように、2枚の絵(写真)を見比べて違いを探すのが、間違い探しゲームです。間違い探しは、「アハ体験」を経験できるのが、大きな魅力といえます。

アハ体験とは、今までわからなかったことが急に理解できた瞬間を指す言葉です。ニュートンがリンゴの落下をみて引力の存在に気づいたエピソードなどは、まさにアハ体験そのものといえます。

理解できずにモヤモヤした気分が、答えがわかった瞬間にスッキリしますよね。この喜びの気持が、脳に快楽を与えてくれて、脳の学習機能がさらに強化されていくわけです。

そういう意味で考えると、間違い探しはじつにうまくできていると思います。ほとんどの間違い探しゲームは、非常にトリッキーな間違いを1〜2個設定していて、最後の最後までイライラするようにつくられているからです。

アハ体験を感じてみたいかたは、ぜひ間違い探しにチャレンジしてみてください。

◆間違い探しゲームについては、コチラの記事でもお読みいただけます

伝言ゲーム

集中力や理解力・記憶力といった能力が鍛えられる伝言ゲームも、脳トレとして非常にオススメです。

伝言ゲームは、最初に伝えた内容がどんどん間違った情報に変化していく過程がおもしろくて、よくテレビのバラエティでも題材にされていますよね。でも、脳トレとして考えれば、間違った内容を伝えては意味がありません。

正しく伝えようという意識が働くと、自然に「集中力」「理解力」「要約力」などが鍛えられていきます。

もちろん正しく伝えるといっても、一言一句間違わずに伝言するなど、まず不可能です。正直なところ、こまかい描写などは多少変わってしまっても別に問題ありません。その代わり、大事なポイントだけは決して外さないように、聞いた内容を即座に要約する力が試されます。

また、相手に理解されやすい話し方にも気を配らないと、正しい伝言は困難です。「まずは結論を伝えてからディテールは順番に説明しよう」など、話の組み立てを考える過程も、脳を思い切り刺激してくれます。

難読漢字読み方ゲーム

「思っていることが言葉にできない」といった言語関係の症状を予防するには、やはり言語系の脳トレに取り組むのがいちばんです。

穴埋めや部首当てなど、それこそ星の数ほど種類のある言語系クイズのなかから、今回は難読漢字の読み方当てゲームを紹介します。

「陸蓮根(オクラ)」「進捗(しんちょく)」のように、日常会話でよく使うのにあまり書く機会のない漢字は、なかなか読めないものです。こういったむずかしい漢字が出題されると、自分の記憶からなんとか読み方を探そうとするので、まず記憶力がしっかりと鍛えられます。

さらに、「あれだよね。形はわかっているんだけど、名前が出てこない……」という状況になれば、イメージ力もビシビシ刺激を受けるはずです。

実際に難読漢字クイズをやる場合は、ぜひ時間制限を設けてみてください。「もう少しでわかりそうなのに時間が迫って焦る」というシチュエーションが、脳にさらなる刺激を与えてくれるでしょう。

ボードゲーム

将棋や人生ゲームのようなボードゲームは、直感力や判断力を大きく向上させてくれる可能性があります。ゲームの種類にもよりますが、ほかにも計算力やコミュニケーション力、観察力など、じつにさまざまな能力が身につくはずです。

もし規定の人数を集められるなら、ぜひなんらかのボードゲームを脳トレに組み込んでください。スケジュール調整や場所の確保など、ひとりでおこなう脳トレよりも大変な面はありますが、それを考慮しても絶対にやる価値はあります。

以下に、ボードゲームのメリットを簡単にまとめてみました。


  • 直感やひらめきが鋭くなる
  • 判断力や決断力がつく
  • 洞察力や観察力が鍛えられる
  • 集中力がアップする
  • 計算をする機会が増える
  • 相手の動きや場の流れを分析する力がつく
  • コミュニケーション能力が向上する

上記をみてお気づきになったかもしれませんが、ボードゲームをやると、分析力といった左脳と直感に代表される右脳をバランスよく使います。

普段私たちは、どうしても左脳ばかり使いがちですよね。なので、右脳をフル稼働するボードゲームは、左右のバランスを整える絶好のチャンスだと思います。

◆将棋・チェスについては、コチラの記事でもお読みいただけます

オススメ簡単運動系脳トレ

オススメ簡単運動系脳トレ

脳トレといえば、パズルやクイズのような頭を使うものを思い浮かべる人がほとんどです。ところが、脳と体は密接につながっており、体を動かすことで脳を活性化する方法もたくさんあります。ここでは、そういった体中心の脳トレを4点紹介します。

ハイキング

体を動かす脳トレとしては、ハイキングのような、下半身中心の軽い運動がいちばん適しています。というのも、足(とくにふくらはぎ)には、下半身の血液を再び心臓と脳へ送り返すポンプとしての役割があるからです。

下半身を鍛え、ポンプ機能が正常に働けば、自然と脳の血流もよくなります。脳は、血液に含まれるブドウ糖を唯一の栄養源にしているため、血流の改善はダイレクトに脳機能を活性化してくれるわけです。

ところが、デスクワークや立ち仕事の多い人は、どうしても下半身を動かす機会が少なくなります。そのため、血液が下半身に溜まりやすく、むくみやだるさを感じる人が本当に多いです。

そのまま放置すれば、最悪下肢静脈瘤を引き起こす可能性もあるため、できれば週に2〜3回は歩くようにしてください。もちろん、忙しい平日は、ごく軽い散歩で十分です。でも時間的に余裕のある週末は、森林浴のストレス軽減効果が見込めるハイキングをオススメします。

◆自然のなかですごすメリットについては、コチラの記事でもお読みいただけます

リズム体操

先ほどのハイキングは、主に下半身を鍛える脳トレでした。下半身だけでなく全身をまんべんなく動かしたい場合は、リズム体操がオススメです。リズム体操とは、文字通り、音楽のリズムに合わせて自由に体を動かす体操のこと。

音楽に合わせると、ただ体を動かすよりも楽に運動ができます。たしかに、黙々と体操するより、心地よい音楽を聴きながら踊るほうが、どう考えても楽しそうですよね。

またリズム体操は、曲の選択によって、運動の強度を自由に変えられるのも大きなポイントです。激しい曲とゆったりとした曲をランダムに組み込めば、脳は飽きることなく、常に新鮮な刺激を受け続けます。

なお、うまく体を動かせない高齢者がリズム体操に取り組む場合は、イスに座って足を軽く動かすだけでも十分です。自治体主催の高齢者向けリズム体操講座などがあれば、ぜひ積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

指回し運動

週に2〜3回のウォーキングと定期的な全身運動をおこなえば、脳の働きは間違いなく活性化してくるでしょう。しかし、これから何年もの間、欠かさずこういった運動をおこなうのは、正直なかなか大変だと思います。

そこで知っておきたいのが、もっと気軽にできる運動系の脳トレです。私のオススメは、指回し運動ですね。手先にはこまかい神経が集中しているので、指先を動かせば脳が刺激を受けます。

なかでも普段ほとんど意識しない、薬指や小指を意図的に動かすと、さらに強い刺激が脳に伝わっていくそうです。具体的なやり方は、左右同じ指を合わせて、親指から順番に離してぐるぐる回すだけ。

とはいえ、実際にやってみるとわかりますが、中指〜小指をぶつからないようスムーズに回すのはかなりむずかしいです。意識しなくても簡単に回せるようになるまで、ぜひ根気強くチャレンジしてみてください。

卓球

脳トレ要素の強いスポーツとして、今回は卓球をご紹介します。なぜならば、卓球には、右脳を鍛える要素が揃っているからです。

ご存知のように、卓球は3m足らずのテーブルを挟み、高速でピンポン玉をラリーする競技です。ある程度卓球に慣れた人なら、その球足は時速100kmを楽々超えてきます。3mの距離を時速100kmで打ち合うとすれば、球が届くまでわずか0.2秒以下の時間しかかかりません。

こういった高速ラリーの最中に、球筋・スピード・回転の方向などを見極めなければならないので、動体視力や空間把握能力といった右脳の働きが自然と強化されます。

もちろん、私たち素人が卓球をすれば、打ち返すスピードはもっと遅くなるでしょう。でも、それでいいのです。たとえゆっくりラリーをしても、状況を考えながら体を動かす行為は、脳を大いに刺激してくれます。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

オススメ簡単作業系脳トレ

オススメ簡単作業系脳トレ

今回紹介する料理や塗り絵のように、頭と体の両方をバランスよく使う頭脳系と作業系のミックス型脳トレは、忙しい人に大変オススメです。運動量は少ないですが、その分指先を使うので、脳はしっかりと刺激を受けます。

また作業系脳トレは、趣味を兼ねていることが多いので、楽しく継続できそうなのもいいですよね。もちろん、ここにあげた脳トレはあくまでも一例なので、自分の好きな脳トレがあればぜひそちらに挑戦してみてください。

料理

これまでほかの記事でも毎回お伝えしているように、個人的に料理は最高の脳トレだと思っています。なぜならば、料理はたくさんの行程を並行しておこなう、マルチタスク型の作業だからです。

少し考えただけでも、以下のような行程がすぐ頭に浮かびます。


  • 献立を考える
  • レシピを決める
  • 買い物にいく
  • 材料を切る
  • 調理する
  • 配膳する
  • 片づける
  • 明日の準備をする

これらの作業をすべてこなして、はじめて料理が私たちの口に入るわけです。しかも、「材料を切っている間にお湯を沸かす」「煮込む間に洗い物をする」といったマルチタスクが続くので、料理全体をイメージする右脳の能力がどんどん鍛えられていきます。

また料理中は基本立ちっぱなしなうえに、調理器具を移動したり材料を切ったりと、意外に体を動かしているものです。しかも最終的に、美味しいものが食べられるのですから、料理をやらない手はないでしょう。繰り返しますが、本当に料理はオススメの脳トレだと思いますよ。

◆自然のなかですごすメリットについては、コチラの記事でもお読みいただけます

塗り絵

最近、高齢者のデイサービスで、塗り絵の人気が非常に高いそうです。幼児向けの塗り絵と違い、普通のアートとしても十分通用する線画の美しさが、ウケている最大の理由だと思います。

そういったアートを自分の感性のままに色づけする作業は、性別を問わず大人のアート心を刺激してくれるのでしょう。実際に私も塗り絵をやってみましたが、たしかにこれは時間を忘れて没頭できる楽しさでした。

没頭している間はほかのことを忘れるくらい集中できたし、全体のバランスを感じる力や色彩感覚も、少しだけ磨かれたように思います。(そうなっていればいいなという願望も込めて……)

なお、後述するスケッチに比べて、塗り絵は取り掛かりまでのハードルが低いのも嬉しいところですね。特別な技術がなくても、十分脳トレの役割は果たしてくれますので。

スケッチ

もし絵に興味があるなら、スケッチはオススメです。目にした風景をしっかりと記憶する「瞬間記憶」や、全体像をイメージする「空間把握能力」が、絵を描くたびにレベルアップしていくのを体感できると思います。

もちろん、風景を撮影した写真をみながら、室内で絵を描いてもOKです。でも、わざわざ外出してリアルタイムに絵を描く行為は、適度な緊張感と開放感を味あわせてくれます。

しかもそれが、美しい自然のなかだったら……ハイキングでも触れたように、日頃溜め込んだストレスが、スーッと消えていくでしょう。

とはいえ絵画の場合、塗り絵よりも技術的なハードルはかなり高いです。絵のクオリティにはあまりこだわらず、生涯の趣味と考えて気軽に取り組んでみてください。

◆絵画のメリットについては、コチラの記事でもお読みいただけます

楽器演奏

最後に紹介するのは、楽器演奏です。楽器の種類を問わず、頭で考えたことと手足の動きをリンクさせるところに、楽器のおもしろさとむずかしさがあります。

しかも、左右の手は違う動きをするのが普通だし、ドラムにいたってはさらに複雑な足の動きも加わります。ここまで読んでくれた方なら、おそらくピンときているでしょう。そう、楽器演奏は、右脳を鍛える最高の脳トレなんです。

ただし、自分の出したいフレーズをスムーズに演奏できるまでには、少なくとも数年単位のトレーニングが必要でしょう。もちろん脳トレを目的とするならば、技術力はほとんど関係ありませんから、あまり心配しなくても大丈夫です。

たとえ動きがぎごちなくても、気にせずにいつか好きな曲を自由に演奏できる自分をイメージして、どんどんチャレンジしていただきたいと思います。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

まとめ

ここまで何回もお伝えしたとおり、脳トレを継続していくには、できるだけ簡単な方法を選んでください。自分のレベルに合わない脳トレをやっても、途中で挫折するのがオチです。

今回紹介した脳トレのなかには、もしかすると少々難易度の高い方法もあったかもしれません。しかし、脳トレは別にうまくやらなくてもいいんです。下手でも結果が悪くても、地道に続ければ、必ずなんらかの結果が現れてきます。

「脳トレはできるだけ簡単なものを選ぶ」この大原則を忘れずに、どうか脳トレを楽しんでください。