【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

もう迷わない!英語勉強法の基本ステップと状況別オススメ勉強法とは

もう迷わない!英語勉強法の基本ステップと状況別オススメ勉強法とは

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

できるだけ効率よく英語をマスターしたい。誰もがそう思いながら、日々英語学習を続けているはずです。しかし実際には、「これだ!」と思った勉強法でも思うような結果が出ず、世の中に溢れるさまざまな勉強法に目移りしている人が多いのではないでしょうか。

残念ながら、そういった数ある勉強法は、あくまでも「その人がうまくいった方法」でしかありません。そうではなく、まずはどんな人にも当てはまる英語勉強法の土台となる部分を身につけない限り、いつまでたっても英語はマスターできないでしょう。

そこで今回は、どんな人にも当てはまる「英語勉強法の基本ステップ」を軸にしながら、状況別勉強法などについても紹介していきます。

どんな人にも当てはまる「英語勉強法の基本4ステップ」

どんな人にも当てはまる「英語勉強法の基本4ステップ」

どんな勉強法を選ぶにしても、土台となる部分さえしっかりしていれば、必ず結果は出ます。まずは、この土台となるポイントをしっかりと押さえてしまいましょう。

英語勉強法の基本4ステップ
  • 自分に合う英語の勉強法をリサーチ
  • 目標と期限の設定
  • 英単語と文法で英語の基礎固め
  • イメージ力を活用して、英語脳の構築を目指す

それでは、ひとつずつ解説します。

自分に合う英語の勉強法をリサーチ

効率的な英語の勉強には、「自分に合った勉強法」が欠かせません。就職や転職に向けてTOEICの高得点を狙うなら、受験用の参考書ではなく、TOEICに特化した勉強法が有効です。

また海外でバリバリ働きたい人なら、海外ドラマや洋書で生きた英語に触れる勉強法のほうが、より効果が出やすいでしょう。オンライン英会話などで、スピーキングとリスニングを中心に勉強するのもいいかもしれませんね。

世の中には参考書や問題集をゴリゴリやるのが得意な人もいれば、ドラマやニュースなど、耳から学習をするのが合っている人もいます。

このように、人それぞれ英語を勉強する目的や、やりやすい勉強法は異なります。だからこそ勉強をはじめる前に、まず自分に合う勉強法をしっかりとリサーチするのが、とても重要になってくるのです。

目標と期限の設定

英語学習に限らず、なにかを成し遂げたいなら、明確な「目標と期限の設定」が必要です。とくに英語学習というのは上をみればキリがなく、目標と期限の設定なしでは、それこそいつまで経っても勉強が終わりません。

TOEICを例にあげれば、同じTOEIC900点が目標でも、現在のスコアが300点の人と700点の人では、やることがまったく変わってきます。このように英語学習では、「まずゴールを決めて足りない部分を埋めていく」のが基本戦略になります。 

期限設定に関しても、同様です。さいわい、英語のレベルごとに必要な学習時間は、ある程度明確化されています。

ちなみに下表は、TOEICのスコアアップにかかる時間をまとめた統計データです。点数によってバラツキはあるものの、100点スコアアップするためには、およそ200〜300時間ほど必要なのがわかります。

目標と期限の設定

参考:A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success

これはあくまでもTOEICの場合ですが、ほかの資格の学習時間に関するデータは、少しネットを調べればすぐにわかります。そういった情報を参考に、ムリのない適切な期限設定をしていきましょう。

英単語と文法で英語の基礎固め

英語学習の土台となるのは、やはり英単語文法です。英単語をまったく知らなければ、英語も読めず、相手がなにを話しているのかもわからないでしょう。

また文法は、英語という言語でコミュニケーションを取るための、最低限のルールです。いくら知っている単語を並べても、文法に沿った使われ方でないと、びっくりするほど相手には通じません。

そういうわけですから、まずは中学生レベルの英単語と文法をしっかりと身につけてください。むずかしい本を読んだり、専門的な話をしたりするなら別ですが、一般的な会話程度なら中学生の知識で十分です。

そのあとの学習は、あなたの目標次第になりますね。受験や資格試験が目標なら、高校レベル以上の語彙力と文法が必要でしょう。もし洋書をスラスラ読みたいなら、多読の時間を増やすべきです。この辺は、自分の目標に応じて、臨機応変に計画してください。

イメージ力を活用して、英語脳の構築を目指す

本当に使える生きた英語力を身につけたいなら、英語を英語で理解する「英語脳」の構築が不可欠になります。というのも、日本語に訳して覚えるクセがつくと、いざ話そうとしたときに、「日本語から英語への再翻訳」が必要になるからです。

そうすると、会話中にわずかなタイムラグが発生し、ネイティブの速い会話にまったくついていけません。 

こういった事態を回避するには、英語をイメージで理解するのが一番です。私の場合、「slump(沈みこむ・前かがみになる)」という単語が、まったくイメージできませんでした。

もちろん、日本語の意味はわかるのですが、どうしてもピンとこないのです。そこで画像検索してみると、もう一発でslumpの状態が理解できました。

イメージ力を活用して、英語脳の構築を目指す

そして、もうslumpという単語の意味は、決して忘れないでしょう。こうやって、英語をイメージで覚えられれば、忘れにくく、スピーキングで言葉に詰まることも大幅に少なくなるはずです。

なお、具体的なイメージ化については、最後に詳しくお話しします。

状況別オススメ英語勉強法

状況別オススメ英語勉強法

英語勉強法のポイントを知っていただいたとところで、今度はさまざまな目的に応じたオススメ勉強法を、4点紹介していきます。

受験勉強「入試対策は語彙力と長文解釈が決め手」

受験勉強の場合は、とにかくなるべく早いうちに、「必要な英単語と文法」を習得してください。

前述のとおり、語彙力(英単語)と文法は、英語学習の土台となる重要な要素です。この土台ができていないと、いくら問題集を解いても、どこで間違ったかがわからず、効果的な復習ができません。

必要な語彙力としては、高校受験で2,500〜3,000語。大学の場合は、大学入学共通テスト5,500語、難関大学なら少なくとも6,000語は覚えておきたいところです。

また受験では、とくに長文問題をいかにさばいていくかが、高得点の鍵を握っています。以下のステップを踏まえて、できるだけ早く英文解釈に取りかかっていきましょう。(大学入試の場合)

大学受験勉強の基本フロー

1.中学校レベルの英単語と文法を完璧にする

2.大学入試レベルの英単語帳を最低3周以上回す

3.文法書の通読はせず、問題集の間違えた箇所を総合文法書で確認する

4.ある程度の語彙力と文法力がついたら、英文解釈に取りかかる

TOEICなどの資格試験「厳選したテキストと問題集を何回も回す」

TOEICや英検など資格試験の場合も、土台をつくるまでは受験勉強と同じです。まずは中学レベルの英単語と文法を身につけるのが最優先になります。

ただし、覚えるべき英単語が受験英語とは大きく異なるため、資格試験専用の英単語帳が必要です。またTOEICと英検、もちろんTOEFLなど、資格ごとでも必要な英単語の傾向はまったく違います。

TOEICなら「金のフレーズ」、英検なら「パス単」のような定番の単語帳を、なんども繰り返してください。人間の記憶のしくみからいって、最低3回以上の復習が必要です。

問題集に関しては、TOEICを例にあげると、まずはPart5の文法関連に特化した問題集に手をつける人が多いかと思います。ただ、Part5にばかり力を入れて、公式問題集(模試も含む)をやり込む人が少ないのは、大きな問題です。

あくまでも私感ですが、へたに市販の問題集を食い散らかすくらいなら、公式問題集をメインにした学習のほうが高得点を期待できると思います。

その代わり、わからない箇所(単語の意味・発音・文法など)をすべて調べて、スラスラと読み解けるようになるまで復習してください。

こういった勉強法を「精読」といいますが、精読によって自然と語彙力と文法が身につきますし、なによりも試験慣れできるのが大きなポイントです。

海外赴任に備えて「仕事で使う最低限の英文だけを優先的に覚える」

バリバリ働くビジネスパーソンなら、突然の海外赴任に向け、急いで英語をマスターしなければならないケースも考えられます。その場合は、中学の英単語帳をチマチマやっている暇はありません。

であれば、思い切ってビジネスの現場で使う英語だけに、ターゲットを絞ってください。買い物や日常生活に関する英語は、とりあえずわからなくても仕方がありません。その代わり、まず仕事でよく出てくる専門用語だけでも、頑張ってある程度覚えてしまいましょう。

また近年では、IT化や新型コロナウイルスの影響もあり、対面での会話よりもメールやチャットを使った「文章でのコミュニケーション」が主流になってきました。メールなら、もしその場でわからなくても、調べる時間的余裕があります。

そういう意味では、仕事でよく使う定番フレーズなどがまとめられた本を、1冊じっくりと読み込むのもとてもよい方法だと思いますよ。

自由に英語を使いこなす「多聴&多読で英語脳を構築」

もしあなたが、洋書をスラスラ読み、ネイティブとも流暢に会話したいと思っているなら、「多聴&多読」を強力にオススメします。なぜなら、多聴&多読で大量の自然な英語をインプットすると、英語を英語のまま理解する「英語脳」が構築されるからです。

いったん英語脳ができてしまえば、もう会話の際に詰まることもなく、洋画も字幕なしで理解できるようになってきます。(それでも、完全に理解するのはむずかしいですけどね……)

英単語帳や文法書を使うのは、中学英語まで。そのあとは、洋書を読んだり、海外ドラマをみたり、ネイティブの英語に触れる時間をとにかく増やしてください。もちろんアウトプットも大事なので、定期的にオンライン英会話を利用するのもオススメです。

大事なので繰り返しますが、自由に英語を楽しめるレベルになりたいなら、できるだけ早い段階で、日本語を介した勉強を減らしてください。日本語を介した勉強が本当に有効なのは、通訳と翻訳に携わる人だけです。

「英語を英語のまま理解する」英語脳を構築して、早くこのレベルに到達したいものですね。

英語勉強法をうまく進める2つのコツ

英語勉強法をうまく進める2つのコツ

最後にこの章では、ここまでで説明しきれなかった英語勉強法をうまく進めるコツを、2点だけお話ししていきます。

英語勉強法をうまく進めるコツ
  • すぐに違う学習法へ目移りしない
  • インプットとアウトプットの適正なバランスを考える

どちらも、とても重要なポイントです。取り組みやすいほうから、順番に取り入れてみてください。

すぐに違う学習法へ目移りしない

英語を上達させたいなら、一度決めた勉強法を継続するのが一番です。しかし、英語の勉強はすぐに結果が出にくいため、少し気分が落ち込むと、どうしてもほかの勉強法に目移りしてしまいます。

たしかに、人気の英語学習系YouTuberが「こうやって勉強するんです」と力強く言い切れば、飛びつきたくなる気持ちもよくわかります。

しかし、世の中には、それこそ英語学習者の数だけ勉強法があるのです。もちろんどの勉強法も、真剣に取り組めばそれなりの結果は出ます。ただ、そういった勉強法は、基本的に「あくまでもその人に合っていただけ」という側面を忘れてはいけません。

TOEIC満点の人が単語帳と問題集をゴリゴリやって成功したとしても、あなたは耳からの学習のほうが合っているかもしれないのです。

今回紹介した「イメージ化で英語脳を構築する」といった誰もがやるべき内容は別として、基本的に自分に合う勉強法は自分にしかわかりません。

どうしても今やっている勉強法に違和感があるなら、そのときは英語学習の指導をしている人に、アドバイスをもらってください。そうすれば、きっと、あなたに合う勉強法がみつかるでしょう。

インプットとアウトプットの適正なバランスを考える

自然な英語を身につけるには、インプット(読む・聴く)とアウトプット(話す・書く)のバランスも、非常に重要です。これまで多くの英語学習者をみてきて思うのですが、インプットかアウトプット、どちらかに偏りすぎている人が多すぎます。

受験に関しては、基本的にアウトプットが必要ないので、インプットに偏っても仕方がありません。目的はあくまでも、志望校の合格ですからね。

また、よく「日本人はアウトプットしないから話せない」という話を聞きます。しかし、大人の学習者についてはもう少し話が複雑で、「そもそもインプットが不足しているから、アウトプットができない」という面も見逃せません。

そういった面を総合的に考えると、学習の初期段階では、とにかくインプット重視。ひたすら基礎的な単語や文法を頭に叩き込むのが、ベストだと思います。

ある程度基礎力がついたらあとはその人の目的に応じ、徐々にスピーキングなどを取り入れて、インプットとアウトプットのバランスを取っていけばよいでしょう。

【究極の英単語学習法】一度覚えたら絶対に忘れない「瞬読英単語」とは

【究極の英単語学習法】一度覚えたら絶対に忘れない「瞬読英単語」とは

最後に、イメージ化で英単語を覚える「瞬読英単語」について、概要だけ簡単に紹介しておきます。

ここまで何回もお話ししているように、英語の上達には、豊富な語彙力が欠かせません。しかし英単語を覚えようと思っても、覚えるそばから忘れてしまい、いつまで経っても身につかない。そんな悩みをおもちの人も、たくさんいらっしゃると思います。

であれば、イメージ化で強固に記憶をしていく「瞬読英単語」がオススメです。脳へより深く記憶を定着させるには、以下3つの要素が必要になります。

  1. イメージで覚える
  2. 楽しみながら覚える
  3. 繰り返し覚える

瞬読英単語なら、この3つの要素がすべてクリアーできるのです。だから、一度覚えた英単語は、絶対に忘れません。

もし今、英単語学習に悩みを抱えているなら、ぜひ一度体験会にて、瞬読英単語を体験してみてください。英単語学習の概念が、大きく変わると思いますよ。

「瞬読英単語」をもっと知りたい!という方は下記のリンクからどうぞ。
》》瞬読英単語体験会のご案内

まとめ

今回は、英語の勉強法でお悩みの人に向けて、どんな人にも当てはまる勉強法などについて、解説してきました。

なかでも、イメージ化での英語脳構築は、これからの英語人生を左右する重要なポイントです。イメージ化を中心に、まずはどれかひとつでもいいので、今回紹介したポイントをご自身の勉強に取り入れてみてください。

きっと、あなたの勉強法が大きくグレードアップすることに、気づいていただけると思います。

》》瞬読英単語体験会のご案内