【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

高齢者の認知症予防には楽しい脳トレが1番

高齢者の認知症予防には楽しい脳トレが1番

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

デイサービスのような介護施設では、毎日クイズや体操といった、いわゆる脳トレが開催されています。こういった施設でおこなわれる脳トレは、ある意味参加するのが義務になっているので、基本的に脱落する人はいません。

ところが、自主的に脳トレへ取り組む場合は、少し事情が違います。自分の意志でおこなう脳トレには一切の強制力がないため、いくら効果があっても、楽しくなければおそらくすぐに止めてしまうでしょう。

そこで今回は、楽しい脳トレを継続するためのコツや、オススメの楽しい脳トレについて、解説していきます。せっかくはじめた脳トレが嫌にならないように、参考にしていただければ幸いです。

楽しい脳トレを継続する3つのコツ

楽しい脳トレを継続する3つのコツ

冒頭でもお話ししたように、楽しい脳トレでないと、なかなか継続はむずかしいです。実際に脳トレへ取り組む前に、まずは楽しく脳トレに取り組むためのコツを、しっかりと押さえてしまいましょう。

楽しく脳トレに取り組むためのコツ
  • 好きなことに取り組む
  • 決まった日時に脳トレをおこなう
  • 日常生活を脳トレに変える

ひとつずつ解説します。

好きなことに取り組む

楽しい脳トレに一番大切なのは、なんだと思いますか?

それは「好きなことに取り組む」ということです。もちろん、脳のトレーニングが目的なので、効果を求めることも大事でしょう。

しかし脳トレは、少なくとも年単位でじっくりと取り組むべきものです。だから、好きなことに取り組んで、途中で止めないことが非常に重要になってきます。

別に認知機能テストのような、専門的に作成されたものだけが脳トレではありません。クイズやパズル、あとから紹介する麻雀など、頭を使うものであればなんでも脳トレの役目を果たしてくれます。

また、ウォーキングや体操のように、身体をつかう有酸素運動も立派な脳トレです。第二の脳とよばれる手足を刺激すると、連動して脳も刺激を受けます。そういう意味では、料理や絵画・プラモデル、はたまた日常の家事でさえも、立派な脳トレといえます。

脳トレの内容にはあまりこだわらず、とにかく好きなものを続けるように意識してください。

決まった日時に脳トレをおこなう

脳トレを継続するには、脳トレの日時を固定してしまうのが、一番確実だと思います。脳トレに限らず、人間はとにかく理由をみつけて、決めたことを回避するのが得意です。

毎日1時間英語の勉強をしようと決めても、「忙しかったから」「今日は疲れているから」と、とにかくやらない理由を一生懸命探してしまいます。そういった先延ばしグセを治すには、強制的に脳トレに取り組む環境をつくるしかありません。

もしウォーキングをするなら、毎週月・水・金の朝6時から30分歩く(あくまでも一例です)と決めてしまいましょう。目覚ましをかけて、家族にも宣言しておきます。

歩いた距離や心拍数などを毎回記録するのも、よい方法です。記録するとなると、やらなかった日が一発でわかるので、頑張って継続しようという意識が働きます。

そういう意味では、さまざまな作業がプログラム化されているデイサービスを利用するのも、非常によい方法かもしれませんね。

日常生活を脳トレに変える

どんなにストイックな人でも、強制力のない脳トレを何年も継続するのは、かなり大変です。ましてや身体機能が衰えはじめた中高年ともなれば、途中で面倒くさくなり、すぐにやめてしまう姿が容易に想像できます。

もし自分がこういう状況に当てはまると思うなら、発想を転換して、日常生活を脳トレに変えてしまいましょう。たとえば、以下のような感じです。


  • 5階以下ならエレベーターではなく階段を使う
  • いつもよりひとつ前の駅で降りて歩く
  • 車は自分で洗車をする
  • 信号待ちの際には軽く足踏みをする

普段少しずつ楽をしている行為に、あえて負荷をかけてみてください。わざわざジムにいかなくても、十分脳トレとして効果を発揮してくれます。

また、掃除機がけや洗濯・料理といった家事も立派な脳トレです。キビキビと手足を動かせば、体全体の血流がよくなり、脳にも大量の血液が供給されます。

日常生活を脳トレに変えれば、わざわざ脳トレに時間を確保する必要がなく、ほかのことに時間を有効活用できます。ぜひ、試してみてくださいね。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

高齢者にオススメの楽しい脳トレ

高齢者にオススメの楽しい脳トレ

高齢者にオススメの楽しい脳トレを、4つの観点から紹介します。気になる症状があれば、ぜひ対応する脳トレにチャレンジしてみてください。

◆高齢者向けの脳トレについては、コチラの記事でもお読みいただけます

記憶力低下の予防に「麻雀」

記憶力低下が気になる人には、麻雀がオススメです。麻雀は相手が捨てた牌をみながら先を読み、さまざまな駆け引きをおこなう知的ゲームです。相手がリーチ(あと一手で上がれる状態)を宣言すると、場にサッと緊張が生まれ、脳がビンビンと刺激を受けます。

また麻雀をすると、指先をたくさん使うのもいいですよね。牌をかき回したりつまんだりする行為をとおして、抹消の神経が活性化していきます。さらに、対局中に何度も計算しなければならないので、自然と計算力も鍛えられます。

とはいえ昔の雀荘(麻雀を打つお店)を知っている人は、タバコと酒・賭けごとという、マイナスなイメージを麻雀に感じているかもしれません。しかし現在では、タバコと酒はなし、お金のやり取りは禁止という「健康麻雀」が主流です。

麻雀は、もはやギャンブルではなく、近場の社交場になりつつあるのです。今までイメージだけで敬遠していた人は、ぜひいちど試してみてはいかがでしょうか。

計算力向上「計算クイズ」

歳を取ると、誰でも多少は認知機能が衰えるものです。なかでも計算力の衰えは早い段階で表面化するので、計算力を集中的に鍛えておけば、認知機能低下そのものをしっかりと予防できます。

前述の麻雀でも計算を鍛える場面はありますが、本格的に計算力を鍛えたいなら、やはり計算クイズが効率的です。

といっても、微分積分のようなむずかしい問題を解く必要はありません。脳トレという観点でいうと、簡単な問題を素早く解くほうが、効果は高いといわれています。

なお、自分で問題を探すのは大変なので、計算アプリを利用するのがオススメです。計算アプリなら、暗算クイズ・ナンプレ・買い物シミュレーションなど、いろいろなゲームを自由に選べます。無料で遊べる計算アプリもたくさんあるので、まずはどれかひとつダウンロードしてみてください。

◆高齢者向けの脳トレアプリについては、コチラの記事でもお読みいただけます

判断力を鍛えるなら「アドベンチャーゲーム」

「最近どうも考え込んでしまうんだよなあ……」このように、ご自分の判断力に自信を失いつつあるなら、ぜひアドベンチャーゲームにチャレンジしてみてください。

アドベンチャーゲームとひと言でいっても、その種類はさまざま。できれば、推理的要素やバトルが組み込まれたゲームだと、脳トレの効果は大きくアップします。

画面から必要な情報を読み取り、正しい選択を迫られる推理ゲームは、判断力をしっかりと鍛えてくれるでしょう。バトルゲームなら、判断力だけでなく、空間把握能力・観察力・動体視力なども同時に鍛えてくれます。

こちらも、先ほどの計算力同様、アプリが充実しているのも嬉しいポイントです。アドベンチャーゲームは単純にゲームとしても楽しいので、ゲーム好きな人はより質の高い有料ゲームの購入を検討しても決して損はしないと思います。

手足を動かす「健康体操」

「日常生活を脳トレに変える」でもお伝えしたように、人間の手足には大量の神経が集まっています。だから手足を適度に動かすと、神経が刺激を受けて、脳が活性化するわけです。さらに運動により、手足の末梢血管が拡張して、全身の血流が改善します。

高齢者にオススメなのは、下半身を中心とした健康体操です。なんといっても、全身の筋肉のうち、約60〜70%が下半身に集まっています。だから、下半身の体操をすると、非常に効率よく身体を鍛えられるわけなのです。

なお下半身は筋肉量が多いぶん、いったん筋肉量が少なくなると、一気に衰えがはじまります。1か月入院して寝たきりの状態になると、筋肉量は約半分にまで落ちるそうです。

よく寝たきりになると回復するのはむずかしいと聞きますが、それは筋肉量・骨密度・循環器といった重要な器官がすべて衰えてしまうからです。脳トレ云々の前に、まずは寝たきりにならないように、しっかりと手足を動かしていきましょう。

◆有酸素運動のメリットについては、コチラの記事でもお読みいただけます

高齢者が脳トレをする際の注意点

高齢者が脳トレをする際の注意点

脳トレ継続のコツとオススメの脳トレがわかったところで、最後に高齢者が脳トレをする際の注意点を3点紹介しておきます。せっかく脳トレをはじめたのに、途中で止めてしまわないように、注意点をしっかりと理解しておいてください。

過度なライバル心は百害あって一利なし

脳トレのなかには、ゲームのように相手との優劣がはっきりと現れるタイプのものがあります。一生懸命やったのに負けてしまうと、人によってはイラッとすることもあるでしょう。

とくにデイサービスのような、同じゲームに複数の人が参加する場合、負けたくないという気持ちがつい爆発しがちです。でも、どうか落ち着いてください。相手に勝っても賞金が出るわけでもないし、変に誰かと競い合っても、その人達と気まずくなるだけです。

脳トレの目的は、あくまでも楽しく脳を鍛えて、脳機能の衰えを予防することにあります。それならば、勝ち負けにはこだわらずに、和気あいあいと楽しい脳トレを目指すべきです。一緒に脳トレをする人は、ライバルではなく仲間です。そのことを、ぜひ忘れないようにお願いします。

決して無理強いはしない

自主的に脳トレをおこなう場合はよいとしても、子どもの立場から親に脳トレを勧めるときは、決して無理強いをしないようにしてください。

楽しい脳トレだと本人が感じていない限り、無理にやらせようとしてもすぐに嫌になってしまいます。しかも、いちど脳トレに拒否反応をもたれてしまえば、今後自ら脳トレに取り組むことはおそらくもうないでしょう。

これは、自分に置き換えてみればすぐにわかることです。しかし、普段ならすぐにわかることでも、親の衰えを目の当たりにすると、つい押しつけてしまうんですよね。気持ちは非常によくわかります。でも、脳トレをやるかどうかを決めるのは、あくまでも本人です。

どうしても脳トレを勧めたいのなら、まずは自分がやってみて、それから親を誘ってみるのがよいと思います。いずれにしても、他人に脳トレを押しつけるのだけは、絶対に止めてください。

飽きない工夫が必要

今回紹介した脳トレは、どれもなんらかの効果が期待できる優れたものばかりです。しかし、どれほどよい脳トレでも、同じ脳トレばかり続けていると、必ず飽きがきます。だから、脳トレを長期間継続するには、飽きずに続けられる工夫が必要です。

具体的にどうすればいいのかというと、答えは単純。なにか、新しいことをすればいいだけです。同じ脳トレをしばらく続けると、以前よりもスムーズにできるようになっている自分に気づくと思います。

これはあなたのスキルが上達した証明ですから、本来喜ぶべきことでしょう。でも、楽にできるようになるというのは、脳トレがすでにルーティン化した証でもあります。考えなくてもスムーズにできるようになったら、脳トレ効果は半減していると思ってください。

もちろん、今やっている脳トレをやめる必要はありません。その脳トレにプラスして、新しい脳トレを取り入れればいいだけです。

なお、もし今クイズやパズルといった頭脳系の脳トレをやっているなら、今度は体操やウォーキングのような作業系の脳トレをオススメします。そうすれば、頭と体の両方から効率よく脳を鍛えられますので。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

まとめ

本文中でも繰り返しお伝えしたように、楽しい脳トレでないと、長くは続けられません。脳トレは長期間継続しないと効果が期待できないので、とにかく楽しい脳トレをすることに、全力で集中してください。

そのためにも、まずは自分の好きな脳トレに取り組むべきです。今回紹介した脳トレを参考に、ぜひ自分の好きな脳トレをみつけていただきたいと思います。