【無料】WEBオンライン体験会 開催中!

【右脳速読法「瞬読」体験談No.56】兵庫県 穂上春華さん(中学2年生)

今回登場してくださるのは、本を読むのが大好きという穂上春華さんです。
穂上さんは、8/4に放送されたテレビ番組「教えてもらう前と後」(TBSテレビ)や、9/24放送の「おはよう朝日です」(朝日放送テレビ)に瞬読ができる子ということで登場してくださった方…と言えば「あ、それ観た!」と思い出される方もいらっしゃるかもですね。
あのパラパラ読みができる中学生のお嬢様です。

 

瞬読スタッフ

瞬読を始めたきっかけはなんですか?
本を読むのが好きだったので、瞬読ができれば、もっともっとたくさんの本が読めるようになるだろうと思って小5のときに始めました。

穂上さん


瞬読スタッフ

瞬読のトレーニングはいかがでしたか?
楽しかったです。フラッシュのトレーニングがどんどん読めるようになってきて楽しくなりました。本読みは、最初は時間がかかりましたが、読む回数を増やしたらどんどん速くなっていきました。

穂上さん



瞬読スタッフ

本が速く読める以外に何か効果があったことはありますか?
記憶力がよくなったと思います。以前は漢字を覚えるのが苦手でしたが、覚えるのが早くなりました。国語の成績も上がりました。

穂上さん



瞬読スタッフ

お家の方やお友達は、瞬読ができるようになった穂上さんに対して何かおっしゃってますか?
母は、私にしょっちゅう「本を買って欲しい」と言われるので、そこだけちょっと困っているみたいです(笑)。友達にはやっぱり最初「え?本当に読んでるの?」と驚かれます。でも、内容を話すと信じてくれます。

穂上さん


瞬読スタッフ

穂上さんみたいな「パラパラ読み」は、瞬読をやってる人にとって目指したい最高ステージなのですが、何かアドバイスはありますか?
先生に言われるまま練習しただけなのですが…。先生が言うことをそのままやってみたらよいと思います。あと、本を読むときは、文字を目でつかむ感じで読めば読みやすいです。

穂上さん

 

穂上さんが1冊1~2分で何冊も読み進めていく様子は、何度見せてもらっても圧巻です。
このようなパラパラ読みができる子ども達が何か特別なトレーニングをしているのかと言うと、特別なことは何もやっていないのです^^
トレーニング方法はみな同じ。子ども達の無限の可能性に驚かされますね。
穂上さん、どうもありがとうございました!