【自宅で受講できる】瞬読Zoom体験会開催中!

【右脳速読法「瞬読」体験談No.59】千葉県 高橋一彰さん(会社員 30代)

【右脳速読法「瞬読」体験談No.59】千葉県 高橋一彰さん(会社員 30代)

 
普段は、東京都内の保険会社で総務職として働く高橋さんですが、その傍らいろいろな活動をされています。 その中には瞬読にも関係しそうな活動も… 詳しくお伺いしてみました!
 
 

瞬読スタッフ

会社員としてのお仕事以外にどんな活動をされているのですか?
ビブリオバトル(書評ゲーム)を通じて本と人を紡ぐ活動をしています。また、Points of You®︎(コーチングカード)を用いたセッションやワークショップを開催し、その人が抱える課題の発見や問題を解決するための糸口を引き出すサポートをしています。

高橋さん


瞬読スタッフ

読書は高橋さんの生活にとって大きな位置を占めるものなのですね!瞬読を始めようと思ったきっかけはなんですか?
書籍「瞬読」の編集に携わった方が紹介してくれたのをきっかけに、体験会に参加しました。その当時は積読している本があり、それを消化していきたい思いから、瞬読をはじめました。

高橋さん



瞬読スタッフ

瞬読を始めて変わったことはありますか?
1日1冊は本を読めることができるようになりました。また、本を読むときの完璧主義はなくなりました。

高橋さん

 

瞬読スタッフ

高橋さんは、トレーニングの内容をfacebookグループに投稿してくださっていましたが、隙間時間を有効活用したトレーニングだったとお見受けいたします。どんな感じでトレーニングされていましたか?
自宅から会社まで移動する電車の通勤時間が40分くらいなので、その時間を使って瞬読をしています。具体的には、フラッシュトレーニング10分、本読みトレーニング10分、アウトプット5分、アウトプットしたものをデジタルデータに変換するのが5分、瞬読facebookグループ、インスタグラム、Twitterの投稿10分という感じです。

高橋さん

 

瞬読スタッフ

瞬読が気になっている方へメッセージをどうぞ♪
私は瞬読を継続して読書量が圧倒的に増えました!本をなかなか読むことが難しい、読書を楽しく続けたい方はぜひ瞬読をやってみてください。

高橋さん


会社員として働きながら、さまざまな活動をされ多忙な高橋さん。
瞬読のトレーニングは通勤時間がメインでした。
「瞬読の1日のトレーニング時間は15分~30分くらいで大丈夫ですよ」とお伝えしていますが、通勤時間をうまく活用されましたね。

高橋さんのすばらしいところは、ただトレーニングをするだけにとどまらず、アウトプットを三つのSNSで発信されているところだと思います。
「ビブリオバトル」「瞬読」…きっと高橋さんのSNSを見ている方は、高橋さんのことを「読書の達人」と思っていらっしゃるのではないでしょうか^^
発信を続けたことで、アプリの配信番組に出演されることになったそうですよ!
発信、継続…大事ですね。

本で得た知識をアウトプットし、行動につなげるというサイクルを繰り返す高橋さん。
今後のご活躍から目が離せません。
高橋さん、どうもありがとうございました!


◆高橋さんのSNSアカウント等
Twitter @ichi_kazsun
Instagram www.instagram.com/ichi_kazsun/
Facebook www.facebook.com/ichi.kazsun
Note https://note.com/ichi_kazsun