【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

ビジネス英語は日常会話よりも簡単!ビジネス英語のオススメ勉強法を紹介

ビジネス英語は日常会話よりも簡単!ビジネス英語のオススメ勉強法を紹介

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

海外のクライアントとメールでやり取りをしなければならない

今度アメリカ人が上司になるらしい

TOEIC900点以上ないと役職に就けない

人によって程度の差こそあれど、これから日本のビジネス社会では、ますます英語の必要性が高まっていくでしょう。

そこで多くの人が、まずはコミュニケーションを取らなければと、日常会話を目標に勉強をはじめます。しかし正直な話、ビジネスパーソンが学ぶ英語として、日常会話はあまりふさわしいとはいえません。

日常会話はあまりにも範囲が広すぎて、習得までに時間が掛かりすぎます。それよりも、ビジネスでよく使う、いわゆる「ビジネス英語」に特化して勉強をするほうが、全然効率的です。

そこで今回は、忙しいビジネスパーソンがビジネス英語を身につけるためのコツや、オススメの勉強法などを紹介していきます。英語の勉強を検討中のビジネスパーソンは、必見です!

ビジネス英語の勉強をスタートする前に必ず知っておきたいこと

ビジネス英語の勉強をスタートする前に必ず知っておきたいこと

冒頭でも触れたように、忙しい業務を抱えるビジネスパーソンは、ビジネスに特化した英語から学ぶべきです。そのためには、まずビジネス英語についてしっかりと理解しておかなければなりません。

この章では、ビジネス英語の勉強をスタートする前に必ず知っておきたいことを、3点解説していきます。

ビジネス英語の勉強をスタートする前に知っておくこと
  • ビジネス英語と日常会話の違い
  • 実際のビジネスシーンでは、リーディングとライティングのほうが重要?
  • 自分の専門分野に特化した勉強をする

ひとつずつ解説します。

ビジネス英語と日常会話の違い

これからビジネス英語を中心に学んでいくわけですが、そもそもビジネス英語と日常会話は何が違うのでしょうか。この辺をしっかりと理解しておくと、自ずと英語学習の方向性が見えてきます。

両者の大きな違いは、以下の3点です。

  • トピックの範囲
  • 使用する語彙数
  • 表現方法

まずトピックですが、日常会話は家事から仕事まで、それこそ人間の生活すべてに関する内容へ対応しなければいけないので、覚える単語や知識の量が半端ではありません。

その点ビジネス英語なら、普段仕事でよく使う単語やフレーズはかなり限定されます。たしかに、海外のクライアントとのメールに、恋愛についての英語は必要ないですよね。

そうなると、当然覚える英単語数も大幅に少なくて済みます。自分の専門分野に関する用語を覚えなくてはいけませんが、元々知識があるので、それほど負担にはならないでしょう。

あとは、表現方法ですね。友達との会話と違い、より丁寧で失礼のない大人の表現を学ぶ必要があります。砕けた日常会話のノリで英語を使うと、間違いなくトラブルになるので、この点はとくに注意が必要です。

実際のビジネスシーンでは、リーディングとライティングのほうが重要?

ビジネス英語に限らず、英語と聞くと、会話をイメージする人がほとんどではないでしょうか。その証拠に、英語ができる人を表現する際には、ほぼ100%「英語がペラペラ」という表現を使います。

ところが実際のビジネスシーンでは、会話よりもメールや書類作成など、リーディングとライティングの比率が非常に高いです。

もちろん、会話も大事ですし、この辺の割合は人によってまったく変わってくるでしょう。しかし仕事で英語をバリバリ使いたいのなら、まずは英文をストレスなく読める能力が最優先になってきます。

そうなってくると、英会話学校に通っている場合ではないですよね。それよりも、語彙数を増やし、たくさん英文を読む訓練に時間を使うべきだと思います。

海外からきた英語の資料を読みこなし、英語で資料や文書を作成できる。まずは、このレベルを目指しましょう。

ビジネスで使う英語に特化して勉強をする

前述のとおり、ビジネスパーソンは、自分の仕事に特化した勉強が最優先となります。よく使われる専門用語を知らなければ、仕事の話はできませんからね。もちろん、ベースとなる最低限の文法と基本3,000語程度の語彙力はあるのが、大前提です。

もし現時点で、中学レベルの英語も怪しいというのであれば、まずは中学の英文法をひと通りおさらいする必要があるでしょう。英単語にも自信がないようなら、高校受験レベルの英単語帳を1冊読んでおいてください。

その上で身につけるべきは、ビジネスで使う英単語ビジネス用の定型文です。

同じ意味の単語でも、ビジネスの場では、よりフォーマルな単語を使います。たとえば、買うという単語なら、「buy」ではなく「purchase」を使うのが一般的です。

これは文章でも同じで、「I’m afraid 〜」(恐れ入りますが)や、「  If you don’t mind〜」(よろしければ)といった、友達にはあまり言わない表現を覚える必要があります。

ビジネス英語に効果的なオススメ勉強法

ビジネス英語に効果的なオススメ勉強法

ビジネス英語の特徴がわかったところで、今度は実際の勉強法をいくつかピックアップして、ご紹介していきます。

必要な単語と文法は「ルックアップ&音読」でマスター

ビジネス英語といっても、必要な単語や文法知識を勉強していくのは、通常の英語学習となんら変わりありません。ストレスなく英語を使うには、まず足りないボキャブラリーを増やしていくのが優先的になるでしょう。

そのために有効なのが、このルックアップ&音読です。

ルックアップ&音読というのは、要するに「見た内容をすぐに暗唱する方法」のこと。覚えるまで何回も音読をするという非常に地道な作業ですが、その分効果は絶大です。もちろん1回だけで暗記はムリですが、ルックアップ&音読を繰り返すうちに、必ず内容が頭に入ってきます。

やり方自体は非常にシンプルなので、ぜひ今日から取り組んでみてください。なお、具体的なルックアップ&音読の流れについては、別記事で詳しく解説しています。そちらの記事も合わせて、ご確認ください。

◯ルックアップ&音読については、こちらの記事もどうぞ

ビジネス英語にはTOEICの勉強がオススメ

「目標がないと勉強する気になれない」というタイプの人は、ぜひTOEICに挑戦してみてください。TOEICでは、ビジネスレターや会社での会話が題材になることも多く、ビジネスシーンでよく使う単語と表現が学べます。

またTOEICといえば、リーディングとリスニングだけが問われる「TOEIC Listening & Reading Test」が一般的です。

前述のとおり、ビジネス英語の学習においては、リーディング力の獲得が最優先になります。また、リスニング力を身につけておくと、英文を読む速度が速くなるというメリットもあります。

そう考えると、スピーキングテストのないTOEICで、まずはリーディングとリスニングの勉強に集中するのも、悪くない戦略ではないでしょうか。

具体的なTOEICの勉強法については、以下の記事をご参照ください。

◯TOEIC学習については、こちらの記事もどうぞ

ビジネスシーンで使う会話を練習「オンライン英会話」

ビジネス英語は、まずリーディングとライティングが基本だといいました。とはいえ、状況によっては、優先的に会話力を磨く必要がある人もいるでしょう。

急遽海外赴任の辞令を受けた人や、外国人が上司になったケースなど、たしかに会話ができなければ仕事にならないと思います。

そういう場合に必要なのは、サバイバル英語です。勉強内容を最低限必要な定型文に絞り、オンライン英会話などを使って、とにかくコミュニケーションを取れるように頑張るしかありません。

さいわいほとんどのオンライン英会話では、こちらからリクエストをすれば、リクエスト内容に沿ったレッスンをしてくれます。会話のチェックをしてもらってもいいし、丁寧な言い回しを習うのも効果的です。

料金は会社によって異なりますが、安ければ月額1,000円台から利用できます。高くても6,000円程度ですから、期間限定と割り切れば、それほど負担にはならないでしょう。

どのオンライン英会話を選ぶかについては、やってみないと正直相性はわかりません。いくら評判がよくても、講師によっては合わない場合も多々あります。

どのサービスを選んでも価格差はそれほどないので、まずはいくつか試してみて、気に入った講師がいるサービスを選べばいいと思います。

ビジネス英語が学べる参考書で独学

英語の勉強というと、TOEIC教室や英会話学校など、とにかく誰かから習おうとする人がたくさんいます。しかし英語学習の基本は、やはり独学です。教室に通うのもいいですが、どれだけ独学に時間を使えるかで、結果は大きく変わります。

またよくオススメのテキストを聞かれますが、その人のレベルや学習の目的によって、オススメは変わります。

ここではビジネス英語の独学に使える、私的オススメ教材を3つ紹介するので、内容を確認して自分に合うようならぜひ取り入れてみてください。

私的オススメ教材3選

・オススメ英単語帳:ビジネスパーソンの英単語帳・関谷英里子著

・オススメビジネス会話:英会話1000本ノック ビジネス編・スティーブ・ソレイシィ著

・オススメビジネス英語アプリ:スタディサプリ ビジネス英語コース

◯社会人の英語学習法や教材については、こちらの記事もどうぞ

効果的にビジネス英語を勉強するためのコツ3選

効果的にビジネス英語を勉強するためのコツ3選

最後に、先ほど紹介した勉強法をより効果的に進めるためのコツを3点解説します。

商談相手に聞き返されない程度の発音は必要

会話は後回しといいましたが、発音だけはなるべく早い時期に身につけておくことを、強くオススメします。というのも、発音のレベルによって、話す・聴く・読む・書くという4技能すべての伸び具合が大きく変わってくるからです。

発音がスピーキングとリスニングに関係あるのは、誰でも想像できると思います。しかし、一見関係なさそうなリーディングとライティングにも大いに影響があるといえば、驚く人も多いでしょう。

まず発音がよくなると、音読のレベルが上がります。何回も何回も正しい発音で音読を繰り返すと、英文を読む際にもスムーズに読めるようになるんです。

考えてみれば当たり前ですよね。読み方もよくわからない単語があれば、苦手意識が生まれ、復習回数が減ります。当然読むスピードは極端に遅くなり、そのうち読むのが嫌になってしまうはずです。

ライティングも一緒です。スラスラ読めない単語は、スラスラ書けません。

とはいえ、ネイティブのような発音を目指すのは、あまり得策とはいえないですね。忙しいビジネスパーソンが目指すべきは、ズバリ、商談相手に聞き返されない程度の発音だと思います。

実際のところ、英語を話す人の70%以上は第二言語として話す人達なのですから、発音にこだわりすぎる必要はまったくありません。ネイティブとは違うけど、きちんと意味は通じる。そのレベルを目指していきましょう。

スピーキングは、ひとり言で身につける

ここまで何回も触れてきたように、ビジネス英語はリーディングとライティングが基本です。しかし、英会話を優先すべき人がいるのも、前にお話しした通りです。

そこで、英会話の練習にオススメの方法を紹介しておきます。それは、「ひとり言」です。英会話のテキストをそのまま話してもいいし、身の回りのことをとにかくつぶやいてみるのもいいでしょう。

自宅にいるときに、「It’s so hot!(暑いわね)」とか、「How did I spend my day?(私今日は何したっけ?)」みたいに、思いついたことをなんでも口に出してみるのです。

知らない人が見たら、バカみたいかもしれませんね。でも自宅なら誰も見ていませんから、どんどんひとり言を喋っても大丈夫。しかも、ひとり言をつぶやくだけなら、お金はまったくかかりません。本当に、コスパ最強の勉強法だと思います。

また、ひとり言に慣れてきたら、並行してオンライン英会話にも挑戦してみてください。ひとり言で学んだ英語が通じるかどうか、どんどん試してみましょう。

忙しいビジネスパーソンは、スキマ時間を活用すべし

なにかと忙しいビジネスパーソンにすれば、まとまった勉強時間を確保するのは、なかなか大変です。おそらくまとまった勉強時間としては、毎日1〜2時間を確保するので精一杯なのではないでしょうか。

しかし、忙しいからこそ、短期集中で英語の勉強は終わらせるべきです。そのためには、毎日最低3時間以上の勉強時間が必要になります。そうなると、不足する1〜2時間をどこからか捻出しなければなりません。

そこで役立つのがスキマ時間です。電車での通勤時間、徒歩での移動中、ランチの時間など、探せば勉強できそうな時間は結構あります。

たしかに、一つひとつの時間は短いでしょう。でも、5分10分といったスキマ時間を合計すれば、すぐに1〜2時間は確保できるはずです。

ちなみに、スキマ時間を使って効率的に勉強するなら、音声学習や電子書籍の活用は欠かせません。そういったポイントは別記事で詳しく紹介していますので、よかったらそちらも読んでみてください。

まとめ

今回お話ししたように、忙しいビジネスパーソンが英語を勉強するなら、日常会話は後回しにしてください。日常会話はたしかに簡単な言い回しが多く覚えやすいかもしれませんが、なんといってもトピックの範囲が広すぎます。

この際、普段あまり使わない日常の英語は捨てて、仕事で使うビジネス英語に特化して勉強しましょう。ビジネス英語の勉強をはじめると、思っているよりも狭い範囲の知識で対応できるのがわかってくるはずです。

なお、英語学習全般にいえることですが、やはり英単語の暗記がすべての基礎になります。これから効率よく英単語を勉強していきたいのなら、イメージで英単語を覚える、忘れない英単語学習法「瞬読英単語」がオススメです。

興味のあるかたは、一度体験会に参加して、イメージ化を使った英単語暗記法の凄さを感じてみてください。詳細は下記リンクより確認できます。

》》瞬読英単語体験会のご案内