【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

脳トレは認知症に効果アリ!症状別にオススメの脳トレを紹介

脳トレは認知症に効果アリ!症状別にオススメの脳トレを紹介

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

ある程度の年齢になると、誰しも記憶力に自信がなくなってくるものです。しかし、加齢による物忘れはごく一時的なものですし、自覚があるのでいくらでも対策できます。

これが認知症になると、本人にまったく自覚がないので、非常にやっかいです。明らかにおかしいと周りが気づく頃には、もはや手遅れな段階にまで進行していることも少なくありません。

そうならないためにも、認知症になる前からきちんと予防をしておくことが、本当に重要になってきます。その予防に最適なのが、今回紹介する「脳トレ」です。

オススメの脳トレと、脳トレを効果的に進めていくためのポイントをしっかりと押さえて、楽しく認知症を予防していきましょう。

脳トレが認知症予防に効果的な理由

脳トレが認知症予防に効果的な理由

脳トレの効果をきちんと知っておけば、脳トレへの取り組み方にも一段と熱が入るというものです。そこで、オススメの脳トレを紹介する前に、脳トレが認知症予防に効果的である理由を3点解説しておきます。

脳トレが認知症予防に効果的な3つの理由
  • 新しい刺激が脳機能の低下を抑えてくれる
  • 海馬を刺激することで記憶の保持が楽になる
  • 脳トレで交流の機会が増える

ひとつずつ解説します。

新しい刺激が脳機能の低下を抑えてくれる

認知機能は大きく「理解・判断・論理」に分類され、そのなかでもさらに「記憶力」「計算力」「判断力」「言語化力」など、こまかく定義されています。こういった認知機能を全体的に予防したいなら、なにか新しいことに挑戦してみるのが一番です。

私たちの生活は、思っている以上に、ルーティン化しています。ほとんどの人は、毎日規則正しく起きて、いつも同じ時間に食事を取るでしょう。通勤時間もほぼ一定ですし、仕事内容も基本的に毎回ほとんど変わりません。

いつものスーパーへ買物にいき、みるテレビ番組も決まっている。しかも、会って話すのは、毎回同じ顔ぶればかり。これでは、脳が考えるのをサボってしまうのも当然です。

「通勤ルートを少し変えてみる」「食べたことのないものにチャレンジしてみる」なんでもいいので、ぜひいつもと違う新しいなにかに、チャレンジしてみてください。そうすれば、脳が刺激を受けて、どんどん活性化してくるはずです。

海馬を刺激することで記憶の保持が楽になる

海馬は、記憶を長期間保存するかどうかを判断する、非常に重要な器官です。したがって、海馬の機能が衰えてくると、徐々に物忘れが起きやすくなってきます。

これは逆を考えれば、海馬を適度に刺激できると、記憶力は大幅に改善される可能性があるということ。今回紹介する脳トレは、どれも海馬を適度に刺激してくれる、まさにうってつけの方法ばかりです。

なお、海馬はとてもストレスに弱い器官といわれています。脳トレの前に、以下の項目へ取り組み、脳トレの効果を最大限に引き出す下地をつくっておいてください。

脳トレの効果を最大限に引き出す6つの下地づくり

■ バランスのよい食事

■ ウォーキングのような軽めの有酸素運動

■ 8時間以上の睡眠

■ 自然のなかで過ごす時間の確保

■ 好きなことをしてストレス解消

■ 良好な人間関係の構築

上記のうち半分でもクリアーできれば、もしかすると脳トレをしなくても、認知症は十分予防できるかもしれませんね。

脳トレで交流の機会が増える

誰かと言葉を交わすという行為は、脳を構成する複数の部位を、まんべんなく刺激してくれます。たとえば、言葉を話すために喉や口の筋肉を動かす指令は、「ブローカ野」とよばれる部位が発信します。

言葉を聴く部位はまた別にあり、私たちが相手の話を理解できるのも、「ウェルニッケ野」という部位が正常に働いてくれているおかげです。また、記憶に関しては、前述の海馬が関係しています。このように、人との会話は、脳がフル回転する非常に刺激の多い行為なのです。

しかし忙しい社会人ともなれば、プライベートで人と触れ合う時間は、なかなか取れなくなってくるものです。でも脳トレを普段からやっていると、脳トレを介して、人と話す時間が大幅に増えます。

クロスワードパズルが好きなら、ちょっとしたスキマ時間に友人と一緒にやってみてください。今回は紹介しませんが、将棋や麻雀のようなゲーム系脳トレなら、友人と集まるよいきっかけになるでしょう。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

症状別脳トレで予防効果をアップ

症状別脳トレで予防効果をアップ

脳トレといっても、その種類はさまざまです。今回は、オススメの脳トレを、認知症の症状ごとに5つ紹介していきます。とくに気になる症状があれば、まずはそこからチャレンジしてみてください。

※新型コロナウイルスの影響を考慮して、ひとりでもできる脳トレを中心に紹介しています。

◆オススメの脳トレについてはコチラの記事でもお読みいただけます

記憶力障害:神経衰弱

神経衰弱のような記憶力が必須のゲームは、認知症にとても効果があります。神経衰弱とは、裏返しに配置されたカードをランダムにめくり、同じ数字(図柄)のカードを探していくゲームです。

ペアにならなかったカードは再び裏返しにされてしまうので、みえないカードの記号をいかに覚えておけるかが、ゲームに勝つ鍵を握っています。

ただ、トランプで通常の神経衰弱をやるとなれば、最低でも3〜4人が集まらないといけません。昨今の事情を考えると、なかなか気軽には集まれないでしょう。

そういう場合は、ぜひアプリを活用してください。トランプだけでなく、いろいろな図柄で遊べますから、長期的に楽しめると思います。

見当障害:日記をつける

見当障害の予防には、日記がオススメです。見当障害になると、「時間や季節がわからなくなる」「今いる場所がわからなくなる」「相手が誰かわからなくなる」といった症状を引き起こします。

若いうちは、さすがに今いる場所を失念することはないでしょう。しかしあまりにも忙しく生活していると、ふと「あれっ、今日は何曜日だっけ」と、日時の感覚を失ってしまうときが誰でもあるはずです。

このように、日時や季節感があやふやな生活を繰り返していれば、いつか見当障害になってしまうかもしれません。だから日記をつけて、日時や季節感を取り戻す訓練をしていくのです。

日記をつけるには、いつ・誰と・なにをしたか、しっかりと思い返す作業が欠かせません。この「思い返す」という行為が、見当障害の予防に、とても役立ってくれます。

判断力低下:パズル

クロスワードパズル・ナンバーズ・ジグゾーパズルと、パズルにもさまざまな種類があります。認知症の予防という意味では、どのパズルを選んでも構いません。どのようなパズルでも、思考力や集中力は大きくレベルアップします。

ただ、判断力低下に特化するならば、タイムアップ機能のついたパズルアプリを利用するのがオススメです。時間制限があると緊張感が生まれ、素早く判断を下す能力が、より強力に鍛えられます。

なお、立体的なパズルを使うと、「空間認識能力」も鍛えられます。空間認識能力というのは、ものごとを縦・横・斜めと、さまざまな角度から観察できる能力です。空間認識能力がアップすれば、それだけものごとを多角的に判断できるようになります。

最近では大人向けの立体パズルもたくさん販売されていますので、ぜひ気軽に試してみてください。

計算力:計算クイズ

MMSE(世界基準の認知症テスト)では、計算能力を測る問題が必ず出題されます。それだけ、認知症によって、計算力低下を引き起こしている人が多いわけです。

実際、認知症を発症すると、まず計算力が低下します。症状が進むにつれて、小学生レベルの簡単な足し算・引き算も困難になるため、できるだけ早い段階での予防が大切です。

計算力低下を防ぐには、やはり計算問題をたくさんこなすのが一番でしょう。時間制限を設ければ、前述の判断力も同時に鍛えられます。また、普段から買い物を自分でおこなう意識も重要です。人任せにせず、自分で買い物をすれば、自然と計算の機会が増えます。

言語能力:右脳速読

言語能力とはそのものズバリ、言葉を喋ったり、聞いたりする能力です。前述のとおり言語によるコミュニケーションは、「ブローカ野」と「ウェルニッケ野」といった言語分野が、正常に働いているからこそ成立しています。

この部位が衰えると、最悪の場合、「話す」「聞く」「書く」といった基本的な言語コミュニケーションができなくなるかもしれません。

しかし右脳速読を身につけると、右脳と言語分野が連携して、スムーズに言葉を理解できるようになります。右脳はイメージ化や空間認識能力に優れており、かりに言語分野が少々衰えたとしても、うまくサポートしてくれるはずです。

なお、右脳速読の概要は、以下の記事に詳しくまとめてあります。ぜひ、いちど目を通しておいてください。

脳トレで効果的に認知症予防を進めるためのポイント

脳トレで効果的に認知症予防を進めるためのポイント

オススメの脳トレを紹介したところで、最後に脳トレの効果的な進め方について、3点ほどポイントを解説しておきます。

脳トレの効果的な進め方
  • 脳トレは継続が命
  • 楽しいことだけで十分
  • 脳だけでなく体も動かそう

それでは、ひとつずつ確認していきましょう。

脳トレは継続が命

脳トレも、体のトレーニングと同様に、途中で止めてしまえばそこですべてが終わってしまいます。毎日10分でもいいから、とにかくできるだけ定期的に続けることが大切です。

一番よくないのは、張り切るあまり、いきなりやりすぎてしまうこと。いくらクロスワードパズルが脳によくても、1日何時間もやれば、誰だって飽きてしまいます。

脳トレを継続するコツとしては、まず気に入らない脳トレには手を出さないことです。どんなに効果があっても、興味をもてなければ、すぐに挫折してしまいますので。

私も、料理やナンプレならなんとか続けられそうですが、定期的に歩けといわれたらおそらく継続できないでしょう。

いずれにせよ、脳トレは週に2〜3回もやれば十分効果が期待できます。ぜひ、ムリなく長期間継続できる脳トレを選んでください。

楽しいことだけで十分

脳トレの目標は、治療ではなく、あくまでも予防です。治療ならイヤでもやらざるを得ませんが、予防となればどうしてもイヤなことには気が乗りません。

前述のとおり、脳トレは継続しなければ意味がないので、とにかくいかに止めないかが焦点になってきます。今回、症状別の脳トレを紹介しましたが、まずは継続を一番の目標に置いて、楽しく続けられそうな脳トレを選んでください。

なお将棋やカードゲームのように相手がいる脳トレでは、わかりやすいルールの共有など、参加者全員が楽しめる配慮も必要です。勝ち負けにこだわりすぎず、とにかくみんなでワイワイと、脳トレを楽しんでいただければと思います。

脳だけでなく体も動かそう

認知症の予防を考えた場合、頭だけを使えばいいというのは、間違った考えです。じつは、手足は、「第二の脳」とよばれるくらい、脳と密接な関係があります。つまり、適度な運動をすると、脳も一緒に鍛えられるわけです。

では、具体的にどのくらい運動をすればいいのでしょうか。

いろいろと調べてみると、どのドクターも1回30分、週に2〜3回の軽運動を勧めていました。もちろん、体力に自信のある人は、筋トレやジョギングなど、運動量の多いものに挑戦しても構いません。

でも前述のとおり、運動も継続が一番大切です。今まであまり運動をしたことのない人は、ムリをせずに、ウォーキングやラジオ体操などからスタートするのが現実的だと思います。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

まとめ

認知症の怖さは、認知機能の衰えを、自分では気づけないところにあります。周囲が気づいたときには手遅れだった、という悲惨な結果にならないためにも、しっかりと予防していく意識が重要です。

なお、認知症の予防は、早くスタートすればするほど効果が高まります。今回の記事をきっかけにして、できるだけ早く脳トレに取り組んでください。