【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

基本例文を暗記すれば英語は必ず話せる

基本例文を暗記すれば英語は必ず話せる

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

よく英語は例文を暗記しても意味がないという話を聞きますが、これは本当でしょうか?

結論からいうと、英語の基本的な例文の暗記は、英語力を大きく向上させてくれます。例文暗記は、自分の頭のなかに、英語の引き出しをたくさんつくるようなもの。英語を話す・聴く・書く・読むといった4技能すべての基礎となってくれるはずです。

ただし、ただ機械的に英語を暗記しようとしても、あまり意味がありません。今回の記事では、効果的な英語暗記のやり方や、NG行為などについて詳しく解説していきます。

まずは英単語の暗記からはじめよう

まずは英単語の暗記からはじめよう

冒頭でもお話ししたように、英語の例文を暗記すれば、英語力(とくにスピーキング)は大きくアップします。とはいえ、いきなり例文を覚えるのは大変だし、なによりも非効率です。

英語を分解すれば、すべての英文は英単語の組み合わせと考えられます。そう考えると、自ずとやるべきことがわかってきますよね。そう、まずは英単語の暗記からです。

ある程度英語を自由に読み話そうと思えば、やはり「1万〜1.5万語」は英単語を身につけておかなければなりません。すでに1万語近い語彙数のある人はよいとして、これから何千単語も覚える場合は、なかなか大変な作業になるでしょう。

そこでこの章では、英単語の効率的な暗記について、4つほどポイントを紹介していきます。

最初に自分の英単語レベルをチェック

英単語を暗記する前に、まずは現時点の英単語レベルをチェックしましょう。現時点の語彙数がわからなければ、これからどのくらいの量を暗記すればよいのか、計画が立てられません。

もちろんざっくりとしたレベルがわかればよいので、ネット上にある無料英単語レベル診断を利用するのが便利です。

オススメは以下の2つ。

◯ 英語の語彙力の測定テスト~英単語のボキャブラリーレベル計測試験~ – Weblio

◯ Test Your Vocabulary

まずWeblio語彙力診断テストですが、問題数は全部で25問(2分半)です。1問あたり10秒と時間制限があり、試験慣れしていない人は少々焦るかもしれません。2番めの「Test Your Vocabulary」よりも、判定は少し厳しい印象があります。

Test Your Vocabularyは海外のサイトなので、当然英語オンリーです。ただし、知っている単語にチェックをつけていくだけなので、誰でも最後まで回答できると思います。

こちらは、最初に40問解答し、その結果により問題数が変化するしくみです。いずれにせよ、多くても150問程度なので、10分もかからずにテストは終わります。

どちらも無料で診断できますし、ぜひ両方受けてみてください。両者のスコアに開きがある場合は、中間スコアが現在の語彙数だと考えれば、より正確な診断ができるでしょう。

自分に合った単語帳を選ぶ

自分の英単語レベルがわかったら、今度は目標の単語数に向かって、英単語帳を暗記していきます。

本来は、小説や雑誌を読む過程で、自然に英単語を暗記していくのがベストです。しかし、まだ英語に慣れていないうちから、いきなり洋書を読むのは、正直ハードルが高すぎます。だから、レベル別英単語帳で、効率よく英単語を暗記していくわけです。

英単語帳を選ぶ際には、単語帳の対象レベルに注意してください。英検1級レベルの語彙力が欲しいからといって、語彙力3,000語程度の人が、いきなり英検1級用の単語帳を使うのは無謀すぎます。

とはいえ、あまりむずかしく考える必要はありません。「大学共通テスト用」「英検2級用」「TOEIC SCORE600用」というように、たいていの単語帳は明確なレベル分けを前提につくられています。

レベル表記をみながら、現在の自分のレベルにもっとも近い単語帳を選んでください。もし自分の英単語力に不安があるのなら、本当に基礎的な入門レベルから、順番に暗記するのが確実だと思います。

◯英単語帳の選び方については、こちらの記事もどうぞ

英単語の暗記は復習がポイント

英単語の暗記を効率的におこなうには、「復習」がカギを握っています。

英単語の暗記が苦手な人は、どうも効率を求めすぎる傾向にあるようです。しかし、人間の脳は、1回で完璧に覚えるようにはできていません。だから、繰り返し単語を読んで(聴いて)、英単語をどんどん頭に刷り込んでいきます。

英単語暗記のやり方は人それぞれですが、ポイントはスピードです。

1,000語収録されている英単語帳の場合、1日20個ずつのんびり暗記していたら、ひと通り読むだけでも50日はかかります。50日も経つ頃には、最初に読んだ単語は、ほとんど忘れてしまっているでしょう。

目安としては、英単語1個あたり長くても1分まで。そうすると、1日30〜40分暗記に時間を費やせば、1冊1か月のペースで英単語を勉強できます。(実際は復習も挟むので、1日1時間以上は必要)

もちろん、1回通読したくらいでは、暗記はムリです。まずは3か月で3周を目指し、足りなければさらに何回も復習しましょう。

英単語の暗記は、英語学習の基本です。英単語がわからなければ、先には進めません。どうか焦らずに、じっくりと取り組んでください。

できるだけ早い段階から発音を学んでおく

受験や資格試験のために勉強するならともかく、実際に仕事や生活で英語を使えるようになりたいならば、できるだけ早い段階から発音を学んでおくべきです。

ところが、日本人の英語学習者は、どうも発音を軽視する傾向にあります。おそらく発音を問う問題が試験に出ないからだと思いますが、正直なところ非常にもったいないです。

発音が一定のレベル以上になると、まずスピーキングやリスニングが劇的によくなります。英語独特のリズムやリンキング(結合)がわかるので、話す内容がきちんと相手に通じるし、何を話しているのかも聞き取れるようになるのです。

また発音がよくなると、リーディングにもよい影響を与えます。ナチュラルな発音で英語を話せる人は、スムーズに英文が頭に入ってくるので、読む速度が速くなるんです。

一見遠回りのようですが、大量の長文を読まなければならない受験生や資格試験を受ける人にこそ、ぜひ発音を学んでいただきたいと思います。

具体的な英語基本例文暗記のやり方

具体的な英語基本例文暗記のやり方

基本的な英単語を暗記したら、今度は文章を暗記しましょう。例文の暗記はムダという人もいますが、私は4技能すべてのベースとなる非常に重要なポイントだと考えています。

頭のなかに基本的な文章が入っていれば、あとはそれをアレンジするだけで、さまざまな状況に対応できますからね。

とはいえ、基本例文を大量に暗記するのは、なかなか大変なのも事実です。そこで効率的な例文暗記のやり方を3点紹介します。

効率的な例文暗記のやり方
  • ルックアップ&音読
  • シャドーイング
  • なりきり音読

「覚えた基本例文は一生モノ」という感覚で、ぜひじっくりと取り組んでみてください。

例文暗記は「ルックアップ&音読」が基本

例文暗記には、ルックアップ&音読がオススメです。ルックアップ&音読と聞けば、なにやらむずかしそうなイメージですが、特別な技術は一切必要ありません。

  1. 例文を読み、一旦顔を上げる(ルックアップ)
  2. 例文から目を離したまま、そらで例文を音読する
  3. 音読の内容と例文が合っているかどうかを確認

やることはたったこれだけですが、効果は絶大です。視覚と聴覚の両方を使うので、ただ例文を読むよりも鮮明に記憶へ残ります。しかも自分の口で話さなければならないため、文章をしっかりと理解しようという意識が生まれます。

ただ残念なことに、面倒くさいという理由で、音読を敬遠する人は多いです。しかし、黙読よりも音読を絡めたほうが、記憶への定着率は確実にアップします。騙されたと思って、まずはルックアップ&音読を試してみてください。

なお、英単語のルックアップ&音読については、別記事で詳しく解説しています。

慣れてきたらシャドーイングに挑戦

最初にお断りしておきますが、本来シャドーイングと暗記は相反するものです。聴こえた文章を少し遅れて同じようにマネするのがシャドーイングであり、主にリスニングやスピーキング能力の向上を目的としています。

それでも例文暗記にシャドーイングをオススメするのは、注意して例文を聴こうとする姿勢が暗記にも効果的だと考えるからです。つまり、本来の意味でのシャドーイングではなく、暗記用と割り切ってシャドーイングを取り入れましょうというのが、私どもの提案になります。

とはいえシャドーイングは、あくまでもある程度基礎を身につけた中級者以上の人がおこなうトレーニングです。


・基礎的な英文法の知識が不足している人

・英単語の暗記が完了していない人

・スピーキングに意識が向いてしまい、暗記がおろそかになる人


上記に当てはまる人は、シャドーイングには手を出さずに、ルックアップ&音読を継続していきましょう。

音読の効果は「なりきり」で数倍に

前述のルックアップ&音読の際に、「なりきり」を意識すると、音読の効果は何倍もアップします。自分が例文の主人公だと想定しながら音読をすると、よりリアルな情報として脳に強く記憶されるからです。

例文の主人公になりきって音読をするには、以下のポイントを意識すると更に効果は高まります。

なりきりのポイント

・主語を「I(自分)」に置き換える

・例文を自分なりにアレンジしてみる

・好きな分野の文章を題材にする

・自分の専門分野に特化する

例文の多くは、「Jack」や「Tom」のような第三者が主人公になっています。考えてみれば、普段「私は〜です」という自分主体の会話が圧倒的に多いわけですから、まずは主語を自分に置き換えてしまいましょう。

また、例文を自分なりにアレンジするのもオススメです。かりに名前を尋ねる英文を暗記するとします。あなたが社会人なら、以下のようにアレンジすると、より実践的な例文として脳にインプットされるはずです。

☓  I’m  Tom. What is your name?

○  My name is ◯◯. May I have your name,please? 

(◯◯には自分の名前を入れてください)

なお、自分ごとという意味では、好きな分野もしくは自分の専門に関する英語に特化すると、より効率的に暗記が進むと思います。

◯いちど覚えたら忘れない「瞬読英単語」についてはコチラをご確認ください

これだけは決してやるな英語暗記のNG3選

これだけは決してやるな英語暗記のNG3選

ここまでの説明で、基本的な英語暗記の流れはご理解いただけたと思います。最後にこの章では、英語暗記の効率を著しく阻害するNG行為を3つ紹介します。

NG行為3選
  • 一言一句完璧に覚えようとする
  • いろいろな教材に目移りする
  • 暗記した英語をいつまでもアウトプットしない

上記3点は、暗記にとって害となるものばかりです。せっかく暗記に取り組むのですから、遠回りしないように注意していきましょう。

一言一句完璧に暗記しようとする

英語の暗記で最大のNG行為といえば、間違いなく「一言一句完璧に暗記しようとする」でしょう。理由は単純。例文の核となるポイントだけを覚えれば、それだけで十分暗記をする目的が達成できるからです。

というのも英語の暗記として考えると、ほとんどの例文は、必ず覚えるべき箇所と代替の効く言葉にわけられます。

Can I borrow your pen? という例文の場合、大事なのは「Can I 〜?(〜をしてもいいですか?)」という箇所です。

なので、borrowがuseになってもいいし、penを cell phoneに変えても問題ありません。要は、「Can I 〜?」という形さえしっかり理解できていれば、暗記の目的は達成できているのです。

そう考えると、一言一句完璧に暗記する行為がいかに意味のないことか、理解していただけると思います。

(逆をいえば、大事なポイントをきちんと理解したうえでの暗記が重要だということです)

いろいろな教材に目移りする

暗記に限らず、英語学習がうまくいかない人は、いろいろな教材に目移りする傾向が強いです。こういうタイプの人は、単語帳や問題集に少しでもつまずくと、「この教材が自分には合っていないのではないか」と不安になります。

そしてほかの教材を購入して、これならうまくいきそうだと安心する。でも、暗記がうまくいかない原因は、自分の考え方と取り組み方にあるので、結局またほかの教材に目移りします。

ハッキリ言って、これは最悪のパターンです。もし必要な英文を暗記したいのなら、まずは1冊を徹底的に使い倒してください

暗記の成否は、英文(英単語)に出会う回数をいかに増やせるかにかかっています。同じ本を何回も復習すれば、当然暗記したい文章に触れる回数が増えますよね。

これがもし、1回読んですぐ次の本に移ったら、暗記などできるわけがありません。もちろん、どうしても合わない教材だと思えば、変更してもOKです。市販されている教材のなかには、正直あまり質のよくない本もたくさんありますので。

ネットのレビューを過信せず、できれば書店で内容を確認してから購入するのをオススメします。

暗記した英語をいつまでもアウトプットしない

せっかくたくさんの英語を暗記しても、実際にアウトプットしないと、すぐに頭から抜け落ちてしまいます。アウトプットするということは、それだけ暗記した内容に触れる回数が増えるわけです。そうすると、「何回も使われるからこの内容は大事だ」と脳が判断して、長期記憶と呼ばれる領域に格納されます。

また、暗記した内容を誰かに話ししたり、メールしたりすれば、相手からなんらかの反応があるはずです。そういうやり取りは、「エピソード記憶」として脳に長期間留まります。

エピソード記憶になると、たんなる英文ではなく、会話をした相手や場所・時間などが映像として記憶されます。「あー、あの時、◯◯さんとこんな話をしたなあ」こういうエピソード記憶は、なかなか忘れません。

このように、アウトプットはエピソード記憶を生み出してくれます。ぜひ、積極的にアウトプットをしていきましょう。

まとめ

英語の暗記に苦手意識をもつ人は、本当にたくさんいます。たしかに、大量の英語を暗記するのは簡単ではないし、すぐに忘れてしまうのではないかという不安もあるでしょう。

しかし冒頭でもお話したように、英語の基本的な例文の暗記は、英語力を大きく向上させてくれます。

今回紹介したポイントを取り入れ、NG行為を排除できれば、英語の暗記はグッと楽になるでしょう。ぜひ英語の暗記にチャレンジしてみてください。

なお、単語の暗記をできるだけ効率的におこないたい人には、私ども瞬読がサポートする、「瞬読英単語」がオススメです。英単語をイメージで覚えるので、一度覚えた英単語は忘れにくくなります。

瞬読英単語の詳細については、「瞬読英単語体験会」で、お気軽にご確認ください。

》》瞬読英単語体験会のご案内