【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

短期間で効率よく暗記できる4つの方法とは

短期間で効率よく暗記できる4つの方法とは

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

受験や資格試験を間近に控えている人にすれば、効率のよい暗記ができるかどうかで、人生が決まるといっても決して大げさではないでしょう。

しかし、勉強した内容を闇雲に暗記しようとしても、おそらく予定の半分も進まないはずです。本気で暗記をしたいのなら、まずは効率的な暗記の方法を身につけましょう。

今回の記事では、誰でもムリなく暗記ができる4つの方法と、暗記の効率を爆アゲするコツをご紹介していきます。これから暗記学習に取り組む予定の人は、ぜひ参考にしてください。

これなら誰でも暗記できる!オススメの暗記方法4選

これなら誰でも暗記できる!オススメの暗記方法4選

ひと言で暗記といっても、人によって最適な暗記方法は異なります。数ある暗記法のなかでも、今回はとくにオススメな4つの方法を紹介します。

4つのオススメ暗記方法
  • ルックアップ&音読が暗記の基本
  • ディクテーション(書き出し)
  • 視覚と聴覚のサンドイッチ学習
  • インプットした内容をすぐにアウトプット

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

ルックアップ&音読が暗記の基本

暗記をするなら、ルックアップ&音読をオススメします。ルックアップ&音読とは、暗記したい箇所を読んだら顔を上げて暗唱する方法です。

英語の暗記でよく使われる方法なので、英語の勉強をしている人は、すでにやったことがあるかもしれません。

もちろん最初から、必ずしも顔を上げて暗唱しなくても大丈夫です。まだ全体像が頭に入っていない段階なら、まずは黙読でザッと最後まで読んでしまいましょう。

なお、むずかしい内容になると、1回だけルックアップ&音読をしても、なかなか覚えられないかもしれません。その際は、2回3回と繰り返してください。

以下に、基本的なルックアップ&音読の流れをまとめておきます。

  1. 暗記した箇所を読み、一旦顔を上げる
  2. テキストを見ないで音読する
  3. 暗記したい箇所を間違いなく音読できているか確認

◯英単語の暗記に有効なルックアップ&音読ついては、こちらの記事もどうぞ

ディクテーション(書き出し)

長文の暗記、もしくは細部までしっかりと暗記したい場合は、ディクテーション(書き出し)がオススメです。しかも、できればタイピングよりも手書きのほうが、より高い効果を期待できます。

もちろん効率だけを考えるなら、タイピングが圧倒的に有利です。場合によっては、手書きの何倍ものスピードで記録することも可能でしょう。

しかし、米プリンストン大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校の共同調査※によると、PCでノートを取る学生よりも、手書きの生徒のほうがより成績はよかったそうです。

このように、手書きで書くとより長期間記憶に残ることが、さまざまなデータで明らかになっています。

とはいえ、手書きはどうしても時間がかかります。暗記量が多い場合、すべてをディクテーションしていたら、いくら時間があっても足りません。

もしディクテーションを取り入れるなら、「覚えにくい箇所」「重要な箇所」に絞っておこなうのが、現実的だと思います。

Can Handwriting Make You Smarter? – WSJ

視覚と聴覚のサンドイッチ学習

もし暗記したい教材に音声も付属しているなら、ぜひ文字と音声の両方を活用してください。なぜならば、視覚と聴覚のサンドイッチ効果で、より鮮明に脳へ記憶されるからです。

脳は、重要な情報だと判断したものから優先的に、長期記憶へ格納していきます。脳に重要な情報だと認識させるには、以下の方法が有効です。

  1. 何回も情報を繰り返しインプットする(復習)
  2. 鮮明なイメージを与える

目と耳両方からインプットすれば、単純にインプット回数が増えます。さらに、文字と音声という、異なるスタイルで脳が刺激を受けるため、より鮮明に記憶されます。そういう意味では、前述の音読も組み合わせれば、まさに最強コンボといえそうです。

ちなみに、聴覚を利用した暗記は、場所と時間を問いません。通勤中や家事、あるいは運転中でも暗記学習が可能です。忙しい社会人や主婦のかたは、ぜひ活用していきましょう。

◯耳からの学習については、こちらの記事もどうぞ

インプットした内容をすぐにアウトプット

インプットした内容をすぐにアウトプットすると、さまざまな効果が期待できます。まず、アウトプットをすると、理解度が格段にあがります。なぜなら、アウトプットはすなわち復習だからです。

前述のとおり、復習の回数が増えれば、それだけ記憶に残りやすくなります。だから、アウトプットすればするだけ、内容を暗記しやすくなるわけです。

またアウトプットを前提に勉強すると、「大事なポイントを読み取る力」がつきます。誰かに説明しようと思えば、大事なポイントをきちんと理解していないと成立しないからです。

暗記をする箇所の適正な選別のためにも、この大事なポイントを読み取る力は、欠かせません。

なお、具体的なアウトプットの方法については、別記事で詳しく解説しています。よかったらそちらの記事も、確認してみてください。

暗記が苦手な人には、きちんとした理由があった

暗記が苦手な人には、きちんとした理由があった

ここまでオススメの暗記方法を4点紹介しました。ただ、いくらオススメの方法だといっても、正しい取り組みをしないと、思うような効果を発揮できない可能性があります。

そこでこの章では、暗記を妨げる原因について、深堀りしていきます。ここで解説するのは、以下の3点です。

暗記を妨げる3つの原因
  • 記憶のしくみを理解せず、闇雲に暗記をしようとする
  • そもそも復習の回数が少なすぎる
  • 暗記の範囲を広げすぎ

上記3点に気をつければ、暗記の効率は必ずアップします。しっかりと意識してみてください。

記憶のしくみを理解せず、闇雲に暗記をしようとする

脳がインプットした情報を記憶する場所は、大きく「短期記憶」と「長期記憶」のふたつに分類されます。

短期記憶は、文字通り、短期間だけ保持できる記憶です。はじめて聞いた電話番号は、電話をかけて1分もすれば、もうすっかり忘れてしまっているでしょう。これは脳が、この電話番号は今後必要ないと判断しているからです。

なので、暗記したい内容は、どうにかして長期記憶に保存しなければなりません。長期記憶に保存される主な要因は、「視覚と聴覚のサンドイッチ学習」でもお話ししたとおり、「復習」と「鮮明なイメージを与える」のふたつです。

なお厳密にいえば、もうひとつ「感情を込めてエピソード記憶にする」方法もあります。単なる文章としてではなく、感情を込めて物語として覚えると、長期記憶に残りやすくなります。

「短期記憶と長期記憶の違い」「エピソード記憶」については、以下の記事も確認してみてください。

◯記憶のしくみについては、こちらの記事もどうぞ

そもそも復習の回数が少なすぎる

暗記が苦手な人は、効率的に暗記をしようと考える傾向が強いように感じます。たしかに、誰だって1回読んで暗記できれば、それに越したことはないでしょう。

しかし現実的には、1回で完璧に暗記することなど、まずできません。

暗記は、壁のペンキ塗りのようなものです。1回塗っただけでは塗りムラがあるところ、2回・3回と塗り重ねていくうちにムラが解消され、キレイな塗装面が仕上がります。

暗記も同じで、1回覚えただけでは、まだ抜けがたくさんある状態です。それを2回3回と塗り重ねていき、抜けを消していくのが暗記の正しい進め方になります。

暗記の回数は人それぞれです。3回でOKな人もいれば、10回以上繰り返す人もいるでしょう。人と比較するものではないので、あくまでも自分の理解度を基準(およそ全体の80%の理解が目安)に、淡々と進めていってください。

◯復習については、こちらの記事もどうぞ

暗記の範囲を広げすぎ

できるだけたくさん完璧に暗記したいと、誰もが思います。でも、正直言って、多くの人が暗記の範囲を広げすぎです。

一気に大量の情報を暗記しようとすると、どうしても取りこぼしが多くなります。そういった取りこぼしを復習で補おうとしても、今度は覚えたはずの箇所を忘れてしまいます。

効率よく暗記をするには、1回に暗記する量を減らしましょう。かりに英単語を1,000個暗記するなら、200個ずつ5セクションにわけて暗記します。


セクション①を3回繰り返す(回数は自由)

セクション②に取り掛かり、こちらも3回繰り返す

以下同じようにセクション⑤まで繰り返す

途中ですでに暗記したセクションの復習を挟む

最終的には、セクション①〜⑤を通しで暗記


1,000単語を一気に暗記すると、最後の頃には最初に覚えた単語なんて、ほとんど忘れているはずです。その点セクションごとに暗記すれば、ひとつの単語に出会う頻度が高くなり、暗記の効率はアップします。

最終的には、全体を通して暗記を繰り返してください。この頃には、もうほとんどの単語を暗記していますから、時間もさほどかからないはずです。

覚えた内容は忘れない「効率よい暗記のコツ」

覚えた内容は忘れない「効率よい暗記のコツ」

暗記を妨げる原因が明確になり、きちんとした方法で暗記をすれば、暗記できる量は大きくアップするはずです。あとは、いかに効率よく暗記ができるかがポイントになります。

最後に、効率よい暗記のコツを3つほど紹介しますので、ぜひご自身の暗記に取り入れていただければと思います。

関連事項をまとめて覚える

暗記の際には、できるだけ関連事項をまとめて覚えると、暗記の効率は向上します。たとえば、住宅建築の勉強をしていて、基礎工事(コンクリートの土台部分)について覚えたいとしましょう。

その場合は住宅だけでなく、大型の鉄骨造やRC造の基礎についても、一緒に学んでしまうのです。規模は違っても基本的な作り方は共通しているので、覚えるのは比較的楽にできるし、構造による違いもまとめて理解できます。

また視点をずらせば、さらに関連知識は広がります。先ほどは「基礎」が主体でしたが、今度はコンクリートを主体に考えてみましょう。

そうすると、「コンクリートの施工方法」や「コンクリートの耐久試験」さらに「コンクリートを扱う器具類」など、コンクリートの関連知識が一気に身につくわけです。

前述のとおり、いったんベースとなる知識を暗記すれば、その関連知識を暗記する際に、ベース部分の勉強を省略できます。暗記の際には、似た知識をできるだけまとめて覚える。ぜひこの大原則を意識してください。

◯グループ化学習(英語)については、こちらの記事もどうぞ

左脳と右脳をうまく使い分ける

これまでほかの記事で何度もお話ししていますが、人間の脳には左脳と右脳があり、それぞれ役割が異なります。効率のいい暗記には、この左脳と右脳の上手な使い分けが欠かせません。

基本的な左脳と右脳の役割は、以下の通りです。

左脳と右脳の役割の違い

○ 左脳:言語・計算・分析・論理性

○ 右脳:イメージ・創造性・ひらめき・全体像把握

左脳に言語や計算・記憶という項目があるのをみて、「左脳をフル活用すればいいんだ」と思ったかたもいるかもしれません。

しかし、左脳ばかり使うと理屈で暗記することになり、忘れやすいという欠点があります。そういう意味では、右脳を使いイメージで暗記するのが、忘れにくくてオススメです。

右脳でのイメージ化については、このあと詳しく解説します。

「復習」と「イメージ化」がポイント

前述のとおり、暗記した内容を長期間記憶へ残すには、「復習」と「イメージ化」がポイントになります。復習については、すでに詳しく解説しているので、ここではイメージ化について見ていきましょう。

たとえば、以下のような英文を暗記したい場合、

I have been learning English for two years.(私は2年間英語を勉強しています)

「2年間勉強して、今も勉強を続けているんだから、現在完了進行形だな。現在完了進行形は、have been + 〜ingの形になって、えーっと……」

こんな風に、理屈で考えすぎると、暗記はあまりうまくいきません。

「復習」と「イメージ化」がポイント

それよりも、もっと右脳を活用して、上記のように暗記したい内容をイメージで覚えてしまいましょう。そのほうが忘れにくいし、なによりも暗記のスピードが速くなります。

◯右脳のイメージ化については、こちらの記事もどうぞ

まとめ

今回は、誰でも結果の出るオススメの暗記方法と暗記がうまくいかない理由、そして効率いい暗記のコツについても、詳しく紹介してきました。ここまで紹介した暗記の方法を身につければ、もう暗記で悩むことはなくなるはずです。

最後に繰り返しますが、暗記は復習とイメージ化で、大きく効率がアップします。最初はなかなか上手くいかないかもしれませんが、慣れればスムーズに暗記ができるようになるでしょう。ぜひ、諦めずにチャレンジしてみてください。