【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

高齢者の認知症予防には脳トレが一番!オススメの脳トレを紹介します

高齢者の認知症予防には脳トレが一番!オススメの脳トレを紹介します

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

ある程度年齢を重ねて高齢者と呼ばれる年齢になると、物忘れが気になる人も段々と増えてきます。今までスラッと口に出てきた内容が、なかなか思い出せなくなると、本当に気分が落ち込んでしまいますよね。

「自分は認知症になりかけているのでは……」そういった不安をおもちのかた、またはご家族に高齢者がいるかたも、ぜひ脳トレを取り入れてみてください。

もちろん個人差はありますが、脳トレが認知症予防にいいという研究データもありますし、試してみる価値は十分にあると思います。なによりも、脳トレは単純に楽しいんです。

今回は、脳トレの基本的な知識とオススメの脳トレについて、わかりやすく解説していきます。また、身内の高齢者に脳トレを勧める際の注意点についても、お話ししていこうと思っています。

脳トレが認知症予防にいいって本当?

脳トレが認知症予防にいいって本当?

まず結論からいえば、脳トレが認知症予防に有効だという研究データもあれば、効果はないというデータも存在します。つまり現時点では、脳トレの認知症予防効果についての、明確な結論は出ていないのです。

しかし以下の記事でも紹介しましたが、2019年にロンドンで発表された効果ありデータは19,000人とサンプル数も多く、信頼性が非常に高いです。

個人的な意見になりますが、認知症に効果ありという信頼できるデータが多数ある以上、気軽にチャレンジしてみればよいのでは、と私は考えています

◆脳トレの研究データについてはコチラの記事でもお読みいただけます

脳は使えば使うほど機能が向上する

認知機能といっても、「記憶力」や「判断力」そのほかにも「計算力」「言語化力」など、こまかくみるとたくさんの能力に分類されます。そのどれもが大事なものばかりで、ひとつでも機能が低下すると、満足のいく生活レベルを送れなくなってしまうでしょう。

こういった機能をすべて向上させていくには、とにかく脳を使って各機能を鍛えていくのが一番です。

残念ながら人間の脳は、記憶の回路で発生する電気信号が、加齢とともに弱くなっていきます。だから、弱った電気信号を少しでも強くするために脳トレをして、脳の血流を改善していくわけです。

もちろん、一度認知症が発症すれば、いくら脳トレをしても完治はしません。ただし、脳トレで進行を遅らせることは、十分に可能です。

なので、できるだけ脳が元気なうちに、脳をどんどん使う習慣をつくってしまいましょう。脳トレをはじめる時期は、早ければ早いほど効果が期待できますので。

自分の頭で考えると脳は衰えない

自分の脳で考える努力を続ければ、脳の衰えは最小限で済みます。一番よくないのは、周りの意見に依存して、自分で考える行為を放棄してしまうことです。

たしかに、歳を取ってくると、なにごとに対しても億劫になってくるものです。また、自分の子どもが成長してくると、むずかしい判断は自分ではなく、子どもに任せる状況が多くなってきます。

でも、ここで「自分の頭を使って考える習慣」を放棄してしまうと、脳は一気に衰えてしまうでしょう。これは、日常生活でも同様です。

テレビやラジオなどの情報を一方的に受け取る環境が当たり前になると、自分で考える機会が極端に減ってしまいます。

ぜひ、読書や脳トレの時間を増やして、自分で考える習慣を取り戻してください。「脳は使わないと衰える」私たちは、この事実を決して忘れないようにしたいものです。

頭と体をバランスよく鍛えるのがポイント

認知症予防となると、どうしても頭を使うことばかりに目がいきがちです。しかし、脳と体は神経を通じて、密接に連結しています。

そのため、体の機能が衰えると、脳の働きも連動して衰えていきます。だから、頭と体をバランスよく鍛えていく意識が、とても大事なのです。

とはいえ、脳機能の維持が目的なら、別にマラソンや激しい筋トレは必要ありません。時間のあるときに、腕と足をグルグル回す・足踏みをする、その程度で十分です。もちろん掃除や買い物だって、脳にとっては立派な刺激になります。

大事なのは、運動量ではなく習慣化です。最初は、庭に出てみるだけでもいいんです。慣れてくれば、「家の周り」「町内」「1時間のウォーキング」と、徐々に運動量は増えていきますから。

体を鍛えてやろうなどと気負わずに、ごく普通の生活を維持するところから、スタートしてみてください。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

高齢者にオススメの脳トレTOP6

高齢者にオススメの脳トレTOP6

それでは、脳機能の維持にオススメの脳トレを6つ紹介していきます。なにか気になるものがあったら、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。

クロスワードパズル

脳トレの定番といえば、やはりクロスワードパズルでしょう。クロスワードパズルは、タテ・ヨコ別に書かれたヒントをもとに、正しい言葉をマスに当てはめていくゲームです。

書かれているのはあくまでもヒントなので、なかなか答えが出てこないときは、本当にイライラ(よい意味で)するものです。考えに考え抜いて、やっと答えがわかったときの爽快感は、なかなかほかの脳トレでは味わえない楽しさだと思います。

またクロスワードパズルは、雑誌も多数発行されているし、ネットやアプリを探せばいくらでも新しい題材がみつかります。未経験のかたは、まずはいちど、チャレンジしてみてくださいね。もしかしたら、その楽しさにハマってしまうかもしれませんよ。

計算問題

頭を使うという意味では、計算問題もかなりオススメです。計算機の普及もあり、普段自分で計算をする機会が、驚くほど少なくなりました。だからたまに、自分の頭のなかで計算をすると、脳は思い切り動き出します。

もちろん、微分積分のような複雑な計算は必要ありません。計算問題の初心者なら、「56 + 5 = ◯」のようなごく簡単な問題で十分楽しめると思います。

とはいえ、これも個人差が大きいジャンルです。途中でネタ切れにならないよう、各レベル別の問題を多めに用意しておきましょう。

漢字クイズ

計算はちょっと苦手だという人なら、漢字クイズはどうでしょうか。なんでもスマホで検索してしまう若者世代と違い、高齢者は漢字に対してより慣れ親しんでいます。問題のバリエーションも多いですから、きっと楽しく脳トレができるはずです。

オススメの漢字クイズとしては、「読み方当てクイズ」や「穴埋めクイズ」などがあります。読み方クイズは、文字どおり、むずかしい漢字の読み方を当てるクイズです。単純ですが、「あー、これなんて読むんだっけ?」と、脳がビシビシ鍛えられること請け合いですよ。

ちなみに以下の漢字を、あなたは読めますか? 

  1. 啄木鳥
  2. 陽炎
  3. 諂う
  4. 牛蒡

                                  ⇓

答え:1キツツキ、2かげろう、3へつらう、4ごぼう

普段目にすることの少ない漢字は、まったく読み方がわからないですね……

ウォーキング・体操

脳トレといえば、クイズやパズルのように、頭を使うものがすぐに思い浮かぶはずです。しかし、前述のとおり、脳と体は密接に連動しています。だから、体を動かすことだって、立派な脳トレに成りうるんです。

もちろん、年齢を考慮すれば、自ずとやれる運動は限られてきます。ムリをしないという意味では、やはり定番のウォーキングや体操がもっともオススメです。

ウォーキングや体操なら、道具もいらないし、準備にお金がほとんどかかりません。また、いつでも好きなときに取り組めるので、途中でやめてしまう可能性がグッと下がります。

最近では、高齢者向けに指導者がつく、自治体の体操教室などもあります。仲間とワイワイ楽しみたいという人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

なお、比較的体力に自信のあるかたなら、ゴルフや山登りでも構いません。いずれにせよ、やって楽しい運動が一番です。ムリをしない程度に、どんどん体を動かしましょう。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

料理などの手作業

手先を動かし、レシピや献立を考える料理は、脳トレにピッタリです。ひと言で料理といっても、料理が完成するまでには、じつにたくさんのステップをこなしていかなければなりません。

メニューを決めて、材料を選ぶ。実際に買い物へいき、食材を丹念に調理していきます。味を整えたら、いよいよ食事のスタートです。でも、食べたら終わりではありませんよ。食後には、後片付けやまた次の食事の計画などが待っています。

美味しい料理をつくろうと思えば、材料の切り方ひとつ取っても、食材に適した切り方が決まっています。季節や体調に応じて、調味料の加減を絶妙に調整していく姿は、まさに脳トレそのものです。

また、自炊をすれば、味の濃い外食に頼らなくても済みます。健康の基本である食事が整えば、当然脳にもよい影響が現れてくるはずです。本当に料理は、最高の脳トレだと思います。

速読トレーニング

先ほど、料理が最高の脳トレだと紹介しましたが、速読トレーニングも負けないくらい脳を鍛えてくれます。

なかでも私の指導する右脳速読では、普段使わない右脳をフル活用していきます。そのため、右脳のもつ「ひらめき」「創造力」「全体像把握」といった能力が、大きくアップしていくわけです。

ちなみに速読といえば、多くの人は「目を高速で動かすイメージ」をもっているみたいですね。しかし、右脳速読では、目をグルグル動かすようなことはしません。ずっと目を動かしていたら、すぐに目が疲れてしまいます。

その代わりに、イメージ化が得意な右脳で、読んだ文章を映像化していきます。右脳速読のしくみについては、別記事で詳しく紹介していますので、よかったらそちらの記事を読んでみてください。

◆右脳速読についてはコチラの記事でもお読みいただけます

高齢者に脳トレをおこなう際の注意点

高齢者に脳トレをおこなう際の注意点

最後に、身内に脳トレを勧める場合の注意点を、3つほどお話ししておきます。高齢者にしてみれば、脳の衰えに大なり小なり不安を抱えているものです。せっかくの脳トレへの興味を失うことのないように、多少なりとも気配りを意識しましょう。

決して無理強いはしない

まず、当たり前の話ですが、無理強いは絶対にダメです。いくらよかれと思っても、脳トレをやる本人にその気がなければ、まだ脳トレをするタイミングではありません。

たしかに、本人が脳トレの必要性や楽しさに、気づいていないケースも考えられます。その場合でも、まずは一緒にやってみるなどして、あくまでもさりげなく自然に脳トレを知ってもらうべきです。

また、すでに脳トレに取り組んでいる人でも、なんらかの理由でたまたま気が乗らないときもあるでしょう。そういう場合も、相手の気持ちを尊重してあげてください。

ケガのリハビリとは性質が違いますから、少しくらいやらない日があっても、全然問題ありません。とにかく、無理強いをしてやる気を削ぐのだけは、絶対に避けるようにしましょう。

プライドを傷つけるのは絶対にNG

前述の「無理強いをしない」とも共通する話ですが、高齢者のプライドを傷つけるのも絶対に避けたいですね。

ある程度の年齢になると、デイケアセンターの利用なども増えてきます。そうなると、レクリエーションの一環として、ゲームやクイズをする機会も出てくるでしょう。

そこでよい結果を出せないと、プライドが傷ついて、今後脳トレを拒否する可能性があります。これは自宅でも同じです。将棋のように対戦相手がいるゲームの場合、負けてしまうと、相手との関係性までおかしくなるかもしれません。

いずれにしても、高齢者は自分の衰えに敏感です。できない自分を意識させないような配慮は、欠かさないようにしたいですね。

やはり楽しいが一番

生活に必須ではない脳トレだからこそ、やはり楽しさがないと継続できません。脳トレの種類を自分で選べる場合は別として、デイケアセンターでの脳トレには少々配慮が必要です。

ひと言で高齢者といっても、脳や体の状態は人それぞれ違います。認知症が進みかけている人と、体に不調があっても脳の働きは正常な人では、脳トレの種類も難易度もまったく変わってくるでしょう。

したがって、いろいろな状況の人に対応できるように、少なくとも「初級・中級・上級」3種類のレベル別題材は用意しておきたいところです。そうすれば、レベルが合わずに脳トレが嫌いになる最悪のケースにまでは、まず発展しません。

また、上級者向け題材があると、初級・中級を使っている利用者の、モチベーションにもつながります。「もう少し慣れたら、もっとむずかしいのに挑戦してみたい」こう思ってもらえたら、その脳トレは大成功だといえるのではないでしょうか

まとめ

誰でも高齢者になれば、脳の衰えに対して不安を感じています。脳の衰え、とくに認知症を個人レベルで治療するのは、ムリです。それは、医療関係者にお任せするしかありません。

しかしできるだけ自分の頭で考え、脳を使う機会を増やしていけば、脳機能を向上させることは十分可能です。

そのための方法として、今回「脳トレ」をご紹介しました。自分に合う脳トレがあれば、それをきっかけとして、どんどんいろいろな脳トレにチャレンジしていただければと思います。

なお、究極の脳トレとでもいうべき「右脳速読」の詳細を確認したいかたは、下記のリンクからZoom体験会にご参加ください。

>> 瞬読Zoom体験会