【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

潜在意識の使い方を知れば誰でも速読ができる!右脳速読法「瞬読」とは

潜在意識の使い方を知れば誰でも速読ができる!右脳速読法「瞬読」とは

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

本を読みたいのになかなか時間が取れないという悩みをもつ人は多く、速読を指導している私のところには、速読に関するご相談がひっきりなしに寄せられてきます。この記事を読んでいるあなたも、きっと読書スピードに悩み、速読を習おうかどうか迷っているはずです。

結論からいうと、きちんとした指導法が確立している速読法なら、間違いなく読書スピードは速くなります。ただし速読法によって、読書スピードと記憶力に大きな差が出るのも事実です。

せっかく速読を学ぶのであれば、きちんと結果の出る速読法を身につけたいですよね。であれば、潜在意識を活用した右脳速読法「瞬読」をオススメします。潜在意識を活用した速読法は、他の速読法よりも読書スピードが速く、記憶にも定着しやすいと、メリットだらけです。

今回当記事では、速読と潜在意識の関係について、わかりやすくご紹介していきます。速読ができるかどうか不安な人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

そもそも潜在意識ってなに?

そもそも潜在意識ってなに?

速読と潜在意識の関係を解説する前に、まずは「潜在意識とはどういうものか」をある程度理解しておかなくてはなりません。潜在意識についてはまだ解明されていないことも多いのですが、わかる範囲で、できる限りわかりやすくご紹介していきます。

潜在意識と顕在意識の違い 

潜在意識と顕在意識の違いは、一般的に以下のように捉えられています。

潜在意識と顕在意識の違い

・潜在意識:自分では基本的にコントロールできない「無意識」と呼ばれる領域

・顕在意識:普段自分で意識できる表面意識と呼ばれる領域

両者を比べると、普段意識をしない潜在意識は、どうしても自分とは関係ないと思いがちです。しかし、決してそうではありません。潜在意識と顕在意識は、右脳と左脳の働きの違いとも密接に関係しており、どちらも重要な役割を担っているのです。

具体的にいうと、「潜在意識は右脳」「顕在意識は左脳」により、管理されています。つまり、右脳が司る潜在意識は「ひらめきや直感・イメージ処理」を得意とし、左脳が関係する顕在意識は「言語や計算・論理的な分析」などに長けているわけです。

◎右脳と左脳の働きについては、こちらの記事もどうぞ

潜在意識の働き 

まず結論からいえば、潜在意識にはこれまで経験してきたさまざまな情報が蓄積されていて、「ひらめきや直感」という形でなにか決断を下す際の大きな指針となってくれます。

とはいえ、潜在意識を自分の意思でコントロールするのは不可能です。そのため、脳が重要ではなさそうだと判断した情報やあまり興味のなかった経験などは、普段頭に浮かんでくることはありません。

しかし、普段表面に出てこないだけで、そういった記憶が完全になくなったわけではないのです。たとえば小さい頃、犬に噛まれた経験がある(覚えてなくても)人は、大人になってもなんとなく犬が苦手だったりしますよね。これはおそらく、潜在意識下に「犬は怖いものだ」という感情を、刷り込まれてしまったのが原因と考えられます。

一説によると、潜在意識と顕在意識の割合は、9:1程度の差があるそうです。たとえ普段意識になくても、自分の思考や行動に大きな影響を与えるほど、潜在意識の容量は大きく強大なパワーをもっているのです。

潜在意識を有名にしたマーフィー博士の教えとは 

潜在意識を一気に有名にしたのが、日本でもおなじみのジョセフ・マーフィー氏です。

アメリカの牧師であり陳述家であるマーフィー氏は、自著「The Power Of Your Subconscious Mind」(邦題:眠りながら奇跡をおこす)のなかで、「潜在意識には強く願ったことを叶える強力な力」があると述べています。

牧師という職業上、かなりスピリチュアルな内容となっており、人によっては少々怪しく感じるかもしれません。ですが、そういったイメージを抜きにしても、潜在能力のもつポテンシャルを世に知らしめた功績は、非常に大きいといえるでしょう。

考えてみれば、意識下にある顕在意識と違い、実体のない潜在意識を意識することは普段ほとんどありません。しかし顕在意識の9倍もの巨大な意識領域が確実に存在することは間違いなく、この潜在意識を活用できれば人間はよりよい人生を手にできると、マーフィー氏は強く主張しています。

「まだ科学的に完全には解明されていないと退けるのではなく、潜在意識を積極的に活用していくべきだ」と、マーフィー氏の教えは、そんな明確なメッセージを私たちに与えてくれました。

潜在意識を効果的に利用する方法 

前述のとおり、潜在意識へ蓄積された重要な情報は、普段意識下になくても自分の行動を決める重大な指針になります。つまり、普段からよい情報や記憶をインプットできれば、自然と「よい行動」ができるようになるわけです。

そのためには、インプットの質を高めるのはもちろん、記憶への定着度にも気を配る必要があります。

インプットする情報をより鮮明に記憶へ定着させるには、なんといっても「なんども繰り返し記憶に刷り込む方法」が有効です。とくに人間は寝ている間に記憶を整理するため、寝る前と起床後すぐにインプットをすると、より効率的な潜在意識への蓄積が期待できます。

また強い感情をともなう記憶は、忘れにくいといわれています。いつまでも覚えていたい重要事項は、楽しい・悲しいなどの想いとセットで覚えると効果的です。

◎記憶のしくみについては、こちらの記事もどうぞ

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

潜在意識で理想の自分になろう!潜在意識の具体的な使い方を紹介

潜在意識で理想の自分になろう!潜在意識の具体的な使い方を紹介

潜在意識の基礎的な知識がわかったところで、今度は潜在意識の具体的な使い方を紹介していきます。最後に紹介する右脳速読への肩慣らしとして、気になるものをぜひ生活に取り入れてみてください。きっと、潜在意識が大きくレベルアップすると思いますよ。

根拠はいらない。アファメーションで自分を素晴らしいと思い込む

根拠はいらない。アファメーションで自分を素晴らしいと思い込む

アファメーションとは、自分にポジティブな言葉を投げかけて、自分の潜在意識をバージョンアップする作業です。当然、1日2日やってすぐに効果が表れるものではなく、毎日続ける必要があります。

慣れないうちは少々面倒くさいかもしれませんが、そうやってアファメーションを継続すると、やがて潜在意識は「自分は素晴らしい存在だ!」と認識しだします。

そうなれば、もうこっちのもの。やればやるほど、自分の思考や行動がよりよいものに変わっていくでしょう。

だから、毎日刷り込む言葉の選択は、非常に重要です。間違っても、「私はなんてダメな人間だろう……」といった、マイナスな言葉を刷り込んではいけません。これでは、どんなに素晴らしい人間でも、潜在意識がマイナスな思考に塗りつぶされてしまいます。

なりたい自分・実現したい未来を思い浮かべながら、ぜひ明るくポジティブな言葉でアファメーションをおこなってみてください。継続するうちに、自分の周りによいことが、きっと引き寄せられてくると思いますよ。

マイナスな言葉を除外して潜在意識をアップデートしよう

マイナスな言葉を除外して潜在意識をアップデートしよう

自己肯定感の低い人は、自分に自信がないので、何に対しても消極的です。だから、当然満足のいく結果も出せません。すると、余計自分に自信がなくなり、また失敗を繰り返します。

よりよい人生を手に入れるには、こういったマイナスのスパイラルから、できるだけ早く脱出しなければなりません。そのためには、前述のアファメーションを活用して、マイナスな意識をポジティブな意識で塗り替えるのが一番です。


「してはいけない」

「ダメだ」

「ムリに決まっている」

「できない」


こういったマイナスな言葉は、とにかく徹底的に排除してください。代わりに、「やりたい」「できる」「楽しい」といった、ポジティブな言葉を口グセにしていきましょう。

思考・言動・行動を一致させる

思考・言動・行動を一致させる

人間の脳は、非常に素直です。どんなにカッコいいことを口にしても、潜在意識でそう思っていなければ、脳は「あっ、なるほど。本当はやりたくないんだな」と判断します。

だから、「思考」「言動」「行動」を一致させるのが、非常に重要なのです。

速読を例にあげると、普段いくら「本を速く読めるようになりたいんだ」と公言していても、「速読するにはたくさん練習する必要がある。うーん、忙しいのに面倒くさいなあ」という気持ちがあれば、脳は全力で実現を阻止します。

しかも本人も気づかないくらい、絶妙に「やらない理由」を探し出してくるから、始末に負えません。

もちろん、行動の不一致もダメです。速読するといっているのに、読書をせずにゲームばかりしていたら、やはり脳は「やりたくない」と判断します。

こういった状況を回避するには、結果にフォーカスし、そうなりたいと強く願うのが一番です。そうすれば、自然と「思考」「言動」「行動」が一致してくるでしょう。

瞑想で自分の心と深く対峙してみる

瞑想で自分の心と深く対峙してみる

前述のとおり、普段意識はしていなくても、潜在意識にはこれまであなたが得てきた膨大な情報が詰め込まれています。瞑想は、普段意識しない自分の心(潜在意識)とじっくり向き合える格好の手段です。ぜひ定期的に、瞑想へ取り組んでみてください。

日本人が瞑想と聞けば、まず、あぐらを組んで姿勢を正しながらおこなう禅宗の「座禅」をイメージするのではないでしょうか。また最近では、数多く書籍が出版されている、流行りの「マインドフルネス瞑想」なども有名ですよね。

一言で瞑想といっても、その手法はさまざま。こまかく分類すれば、その数は軽く数百を超えるそうです。

個人レベルで瞑想を取り入れるなら、正直どの瞑想法を選んでもとくに問題はありません。もちろん修行僧のように、ストイックに無の境地を追い求める必要はなく、普段よりも心静かな境地になれば十分効果は期待できます。

あまりむずかしく考えず、まずは気軽にチャレンジしてみてください。

ヨガは、体だけはなく心もほぐす

ヨガは、体だけはなく心もほぐす

瞑想は少々ハードルが高いと思うなら、「ヨガ」はどうでしょうか。座っておこなう瞑想とは異なり、体を動かしながらフィジカル面も同時に鍛えるのが、ヨガの大きな特徴です。

正直なところ、ヨガを少しやったからといって、すぐに潜在意識が大きく変化するわけではありません。もしかすると肉体的な変化ばかりで、潜在意識を塗り替えるような感覚はまったく味わえない可能性だってあります。

しかし、それでいいのです。ヨガにより呼吸と体が整ってくれば、たとえ自分では意識ができなくても、心の内面との対話は間違いなく増えていきます。

そう、私たちが想像する以上に、心と体は密接につながっているものなのです。速読に取りかかる前に、ぜひヨガで体と心の両方をほぐしてみては!

体が喜ぶ生活で潜在意識は変わる「食事・睡眠・ストレス解消」

体が喜ぶ生活で潜在意識は変わる「食事・睡眠・ストレス解消」

ヨガの項目で、心と体は密接につながっているとお話ししました。そう、本当に心と体はつながっているんです。

だから、体が喜ぶ生活をすれば、自然と心も整っていきます。具体的にいうと、「食事・睡眠・ストレス解消」ですね。


できるだけ添加物の入っていないものを選ぶ

過度の塩分と糖分を控える

よく噛む

できれば8時間程度の睡眠を確保する

好きなことに没頭する時間をつくる


例をあげれば、それこそキリがありませんね。いずれにせよ、こういったことを心がければ、潜在意識によい影響を与えるのは間違いありません。

また、心が喜ぶ生活をすれば、今度は体も徐々に整っていきます。ぜひ、食事と睡眠、そしてストレスの溜まらない生活を心がけていきましょう。

潜在意識を利用した右脳速読法「瞬読」とは 

潜在意識を利用した右脳速読法「瞬読」とは 

ここまでの話で、潜在意識の基礎的な知識と潜在意識の使い方について、大筋はご理解いただけたと思います。最後にこの章では、いよいよ潜在意識を利用した右脳速読法「瞬読」について、詳しく紹介していきます。

右脳速読法「瞬読」
  • 従来の速読法と右脳速読法の違い
  • フォトリーディングとなにが違うの?
  • 右脳でイメージするから読書スピードが桁違いに
  • 潜在意識と顕在意識のバランスが重要
  • 瞬読は本当に誰でもできる?

従来の速読とどこが違うのか、しっかりと確認してください。

従来の速読法と右脳速読法の違い 

従来の速読法と右脳速読法のもっとも大きな違いは、「眼球トレーニングが必要かどうか」です。速読と一言でいっても、考え方とメソッドの違いにより、大きく3種類に分類されます。

速読法の主な種類

1.眼球の動きを速くするタイプ

2.読み方を工夫するタイプ

3.右脳を活用するタイプ

これまで日本で主流だったのは、眼球を速く動かす速読法でした。眼球を動かす速読法が別に悪いわけではなく、しっかりした指導法のもとトレーニングをすれば、本を読むスピードは間違いなく速くなります。

しかし眼球トレーニングは、トレーニングの負担が大きく、脱落者の多さが問題です。

また読み方を工夫するタイプとは、いわゆる「飛ばし読み」や「斜め読み」といわれる手法を指します。多くの本では同じ内容を繰り返しているケースが多く、そういう意味では、重要な部分だけを拾い読みするのは理にかなっているのかもしれません。

ただしどうしても抜けが発生しやすいですし、そもそも速読で最後まで読めるなら、別に飛ばし読みする必要がありません。

一方、潜在意識を利用する右脳速読法「瞬読」は、右脳のイメージ処理能力を活用して、文章を高速で記憶していきます。その圧倒的な読書スピードについては、のちほど詳しく解説します。

右脳速読法「瞬読」を今すぐ知りたい!という方は下記のリンクからどうぞ。
》》自宅で受講できるZoom体験会

◎瞬読と従来の速読法の比較については、こちらの記事もどうぞ

フォトリーディングとなにが違うの?

瞬読以外にも、右脳速読を謳っている速読法はいくつかあります。そのなかでも、とくに有名なのが、「フォトリーディング」でしょう。著名な経営コンサルタント神田昌典さんが猛プッシュしたことで、日本でも一躍有名になりました。

もちろん、フォトリーディングも素晴らしい速読法なのですが、むずかしすぎて脱落者が多いという欠点があります。その点、瞬読のムリのないトレーニング法なら、脱落者がほとんどいません。

たとえばフォトリーディングでは、読書前に「ミカン集中法」という独特の手順が必要です。しかし正直、ミカンをイメージしてリラックスするという意味が、抽象的すぎてよくわかりません。

また目の焦点を本の先に置き、本をぼやかせながら読むという方法がむずかしすぎて、脱落者が続出しているようですね。読書後にマインドマップを作るのも、面倒さに拍車をかける要因でしょう。

写真を撮影するように読む人気のフォトリーディングですが、「上記の理由からあまり積極的にオススメはできない」というのが私の結論です。

◎瞬読とフォトリーディングについては、こちらの記事もどうぞ

右脳でイメージするから読書スピードが桁違いに 

瞬読では、右脳で文章をイメージ化して、高速で記憶していきます。右脳によるイメージ化のポテンシャルは高く、眼球を速く動かす速読法よりも圧倒的に速いスピードで本を読めるのが特徴です。

従来の速読法では、おおよそ分速2,000文字ほど読めれば、上級者にカテゴライズされます。速読をしない普通の人の読書スピードは約400〜800文字ですから、約2.5倍から5倍のスピードが要求されるわけですね。

ところが瞬読の場合、わずか数時間のトレーニングで、1〜2万文字読める人が続出しています。受講生のなかには、分速40万文字以上を読む小学生もいて、指導者側もビックリしている状況です。

そこまでいかなくても、2時間の体験レッスンを受けた人のじつに99%以上の人が、読書スピードを2倍以上にしています。この結果の出やすさが、瞬読は脱落者が少ないといわれる所以です。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

潜在意識と顕在意識のバランスが重要 

右脳速読と聞けば、右脳ばかり使うイメージをおもちかもしれませんが、瞬読は右脳と左脳をバランスよく使用するのが大きな特徴です。

学生ならテストの点数、社会人なら売上成績と、現代社会では一生数字や論理的な思考を求められます。ようするに、いつも左脳偏重の状態で生活をしていて、左右のバランスが非常に悪い状態なのです。

そういう意味でいえば、眼球トレーニング主体の速読法では、やはり左脳しか使わないので脳のバランスは悪いまま。

一方瞬読の場合、右脳でインプット・左脳でアウトプットと、役割が明確に決まっています。もちろんアウトプットをしなくても速読はできますが、アウトプットにより記憶はより強固になるので、できるだけアウトプットをするように指導しています。

瞬読は本当に誰でもできる?

ここまでの話を聞いても、自分に瞬読ができるかどうか不安な人も少なくないと思います。結論からいうと、瞬読は本当に誰でもできます。前述のとおり、わずか2時間の体験レッスンで、ほとんどの人が読書スピードを2倍以上にしていますので。

理由はシンプルで、まず瞬読には、眼球を速く動かすような厳しいトレーニングがないからです。考えてみればこれまでの速読法は、普段使わない眼筋を読書中ずっとフル活動させるわけですから、疲れないわけがありません。

瞬読のトレーニングでやることは、大きくふたつあります。ランダムに並んだ文字を瞬時に正しい文にするトレーニング(ステップ1)と、少し長めの文章を映像化するトレーニング(ステップ2)です。

パッと聞くとむずかしそうに感じるかもしれませんが、やってみると特別むずかしいものではありません。もちろん慣れるまでは少々手こずるかもしれませんが、それもわずかの間です。

誰でもできる瞬読とはいえ、もちろん習得に個人差はあります。トレーニングの頻度でも多少変わってくるでしょう。詳しいトレーニング内容については、ぜひ自宅で受講できるZoom体験会にて、確認してみてください。

まとめ

多くの人が、いまだに「速読といえば目を速く動かす方法」というイメージをもっています。正直いえば、目を過度に速く動かす方法にはムリがあり、脱落者が後を絶ちません。

だからこそ瞬読では、トレーニングすれば誰でもできる「右脳速読法」を、少しでもたくさんの人に知ってもらおうと日々奮闘しているのです。

右脳速読法は、圧倒的なポテンシャルのある潜在意識を、フルに活用していきます。できればこの潜在意識の活用法を直接体験していただきたいのですが、コロナの問題もあり、いきなり教室に通うのがむずかしくなってしまいました。

ということで、まずは自宅で受講できるZoom体験会にて、ぜひ潜在意識の本当の活用法を確認してみてください。