【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

右脳速読流「英単語の覚え方」とは

右脳速読流「英単語の覚え方」とは

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

英語を勉強している人なら、なかなか英単語が覚えられなくて困った経験が、誰でも一度はありますよね。なかでも英単語帳をメインに使っている場合は、毎日毎日続く地味な作業に心が折れかけている人も多いのではないでしょうか。

しかしレベルに応じた英単語の覚え方を理解しておけば、心が折れることなく、短期間にしっかりと単語を覚えることも十分可能です。今回の記事では、本当に身につく英単語の覚え方の基本戦略とポイントを、じっくりと解説していきます。

身につく英単語の覚え方基本戦略

身につく英単語の覚え方基本戦略

はじめに、しっかりと身につく英単語の覚え方について、基本的な戦略を紹介します。

身につく英単語の覚え方
  • 英単語帳と多読を並行しておこなう
  • 英単語帳を3周以上繰り返す
  • 目と耳の両方から覚える
  • 品詞・類義語・反義語を一気に制覇

上記にあげた項目は、どれが欠けても効率が大きく低下するものばかりです。ひとつずつでいいですから、焦らずにしっかりと英単語学習へ取り入れてください。

英単語帳と多読を並行しておこなう

本当に使える英語を身につけたいなら、英単語帳と多読の併用をオススメします。

英単語を覚えようと思えば、まず頭に浮かぶのが「英単語帳」でしょう。本屋にいけば「英検用」「TOEIC用」など、用途に応じた英単語帳が驚くほどたくさん売られています。

しかし英単語帳でのボキャビルは、いうなれば「英語を日本語に訳して覚える作業」です。日本語訳で覚えた単語は、アウトプットの際に「日本語から英語への再翻訳」が必要なため、せっかく覚えてもネイティブの速い会話にはまったくついていけません。

その点、小説やコラム・ニュースなど、ネイティブの自然な文章のなかで単語を覚えていく多読なら、英単語を英語のまま理解することが可能です。

ただし、英単語帳には以下のように、非常に強力なメリットがあります。

英単語帳のメリット

・頻出単語が効率よくまとめられている

・自分のレベルに合った英単語帳が選べる

・試験に特化した英単語が網羅されている

「希望大学に合格したい」「TOEICで900点以上取りたい」というように、試験に必要な単語を短期間で覚えたい人にとって、英単語帳はやはり大きな武器になるでしょう。英単語帳と多読のバランスは、英語を学ぶ目的に応じて、上手に調整していただければと思います。

英単語帳を3周以上繰り返す

英単語をしっかりと覚えるには、なんといっても「復習」が大事です。多くの人が1回でなるべく覚えてしまおうとしますが、これは記憶のしくみからみて、完全に間違っています。

残念ながら人間の脳は、インプットした情報を、わずか1日で約80%も忘れてしまうそうです。したがって情報を長期間記憶に留めておくには、インプット回数を増やして、記憶に残る量を少しずつ増やしていくしかありません。

復習の目安としては、3回を基準に考えてください。ただこの3回というのは、あくまでも最低基準です。実際に英単語帳を繰り返し学習した人の話を聞くと、5周以上復習している人が多いみたいですね。

なお、復習にかける時間ですが、「1つの単語にあまり時間をかけすぎない」のがポイントになります。

  1. 英単語をみてすぐに意味を答える
  2. 意味をイメージしながら10回くらい音読
  3. 例文にも目を通し、口に出してみる(2周め以降)

1単語あたり長くても1分程度に抑えて、上記のサイクルをガンガン回していきましょう。繰り返しますが、英単語は1回で覚えるものではありません。それよりも、高速で何回も復習したほうが圧倒的に効率がよいです。

目と耳の両方から覚える

英単語の覚え方として、目から情報を入れたほうがいい人もいれば、音声でのインプットがやりやすい人もいます。これは、どちらか一方が優れているという意味ではないので、自分がやりやすい方法を選べばいいでしょう。

とはいえ誤解をしてほしくないのですが、これは目と耳どちらか一方だけでよいという意味ではありません。英単語帳と音声の両方を使い、自分の好みに応じてその順番だけを変更してください。


  • 目からインプット:英単語の意味を目で確認してから、音声を聴いてマネをする
  • 耳からインプット:音声を聴いてマネをしたあとに、英単語帳で意味を確認する

よく発音記号だけをみて、音声を使わない人がいます。これは絶対にオススメしません。少なくとも、お手本のように発音できるまでは、音声をガイドに使うべきです。音声を聞かず自己流の発音を身につけてしまうと、いざ英語を話そうとしたときに、通じない可能性が高くなりますからね。

また音声を使うと、移動中や家事中でも、英単語の勉強が可能です。ぜひ、目と耳を、上手に使い分けていきましょう。

【公式】瞬読無料Web体験会

【公式】瞬読無料Web体験会

品詞・類義語・反義語を一気に制覇

基本単語3,000語程度を身につけたら、そこからは1つの単語を覚える際に、品詞・類義語・反義語なども一緒に覚えてしまいましょう。

初心者の頃でも、「go-went-gone」のように、時制の変化くらいは一緒に覚えようとしたはずです。それと同じように、まずは「品詞」の変化を確認してみてください。


  • 名詞「ease」気楽さ、容易さ
  • 動詞「ease」くつろぐ、(苦痛など)を和らげる
  • 形容詞「easy」やさしい
  • 副詞「easily」簡単に

名詞「ease」を例にあげると、名詞だけを覚えるのではなく、異なる品詞にも目を向ければ、少ない労力で4つもの単語(今回は3種類)が一気に覚えられます。

あとは品詞と同じように、類義語「easy-effortless」や、反義語「easy-difficult」をチェックしていけばOKです。

レベル別英単語の覚え方

レベル別英単語の覚え方

身につく英単語の覚え方に関する基本戦略がわかったところで、今度はレベルに応じた英単語の覚え方を紹介していきます。

ビギナー向け「単語をイメージ化」

英語にまだあまり慣れていないビギナーが、英単語帳を機械的に暗記しようとするのは、正直あまり得策ではありません。

もちろん、単語帳をこなしていけば、スタート地点より大幅に語彙力はアップするでしょう。ただ、英単語帳で「英語→日本語」という翻訳グセが染みついてしまうと、いざ話す際に、日本語から英語への変換に必要なタイムラグが発生しやすくなります。

そういった事態を回避するには、英単語の日本語訳をただ覚えるのではなく、イメージで英語の意味を捉えるのが一番です。

「banana」という単語を、いちいち「えーっと、バナナは黄色い皮に包まれたバショウ科の果物で、種のないねっとりとした果肉が特徴」とか考えませんよね。bananaといえば、すぐにバナナの映像を思い浮かべるはずです。

バナナは極端な例かもしれませんが、基本的にすべての単語をこうやってイメージ化できれば、覚えた単語はいつでもスラスラ話せるようになります。

イメージ化を鍛える教材としては、すべての単語にイラストがついている「The Oxford Picture Dictionary」がオススメです。受験用の英単語の前に、ぜひ挑戦してみてください。

中級者向け「ルックアップ&音読」

簡単な英単語のイメージ化ができるようになったら、次は「ルックアップ&音読」で、英単語を頭に染み込ませていきましょう。

手順は簡単です。英単語もしくは例文を1回読んだあと、いったん顔を上げます(ルックアップ)。あとは、英単語帳から目を離したまま、なにも見ずに音読するだけです。

音読の回数が多いほど記憶の定着は深まるものの、1つの単語に時間をかけすぎると効率が落ちます。多くても1単語あたり10回程度に抑えて、まずはどんどん先に進むことを優先してください。

またルックアップ&音読の際に、例文を暗記しようとする人もいますが、暗記の必要はありません。ルックアップ&音読の目的は、あくまでも「口慣らし」と「復習回数を増やす」ところにあります。

「何周もする過程で最終的に覚えればいい」という意識で、とにかく先に進みましょう。

上級者向け「語源から学ぶ」

上級者向け「語源から学ぶ」

参考:英単語語源図鑑|かんき出版

上級者になったら、ぜひ挑戦していただきたいのが、語源学習法です。語源学習というのは、単語を分割して、そのパーツごとのイメージを組み合わせて全体像を把握する方法になります。

たとえば、「discover(発見する)」という単語を考えてみましょう。discoverは、「dis(否定や分離などを意味する接頭辞)」と、「cover(覆う・隠す)」が結合して、「カバーをしない=発見する」という意味を形成しています。

このようにdisのもつ否定のイメージを知っておけば、ただ「discoverは発見する」と丸暗記するよりも、より深い理解が可能です。

また下記にあげたように、disがつく単語はたくさんあります。いったん接頭辞disを知ってしまえば、どの単語をみても、直感的に否定のイメージが生まれてくるはずです。


disappoint「失望させる」

disagree「意見を異にする」

disadvantage「不利」

discontent「不平不満」

disconnected「切断された」


ただし、初心者のうちから、あまり語源を考えると、かえって混乱する可能性があります。語源学習はある程度英語に慣れた、中・上級者になってからにしましょう。

英単語の覚え方で注意すべきポイント

英単語の覚え方で注意すべきポイント

ここまでの解説で英単語の覚え方はほぼマスターしたはずですが、ほかにも注意すべきポイントがいくつかあります。

英単語の覚え方で注意すべきポイント
  • 自分に合った単語帳を選ぶ
  • ディクテーション(書き取り)はやらない
  • 「知っている単語」と「使える単語」を切り分けて考える

上記のポイントを外すと、英単語学習の効率は一気に低下します。英単語学習を本格的にスタートする前に、しっかりと理解しておいてください。

【公式】瞬読無料Web体験会

【公式】瞬読無料Web体験会

自分に合った単語帳を選ぶ

あなたは、今使っている英単語帳をどうやって選びましたか?

学生であれば学校から支給された英単語帳がありますし、社会人なら有名なYouTuberが推薦している本を選んだのかもしれません。

しかし、ほかの人のオススメをそのまま鵜呑みにするのは、非常に危険です。知らない単語を覚えるための単語帳といっても、あまりにも知らない単語ばかりだと、間違いなく途中で挫折します。

また、受験勉強が目的の受験生と、TOEIC高得点を目指す社会人では、必要になる英単語帳はまったく異なります。どの単語帳でも一定の効果はありますが、やはり目的にあった専用の英単語帳を選ぶべきでしょう。

たださいわいなことに、日本で販売されている英単語帳の多くは、「TOEIC800点対象」「難関大学用」というように、きちんとレベル分けされています。したがって、「目的に合う単語帳選びが大事」と理解さえしていれば、あまり悩む必要はありません。

ディクテーション(書き取り)はやらない

聞き取った英語をそのまま書き出す。これが、リスニングの勉強でよくおこなわれる「ディクテーション」という勉強法です。

英単語の暗記でも、ディクテーションで何回も書いて覚えようとする人がいます。たしかに書く行為自体には、記憶によい影響があります。しかし英単語の学習に、ディクテーションは正直あまりオススメできません。理由は単純。書き取りに時間がかかりすぎるからです。

その点、英単語を何回も音読する方法なら、書く時間に比べて圧倒的に短時間で済みます。しかも書き続けていたら、すぐに手が疲れてしまい、集中力が続きません。

英単語をいくつも書く暇があるなら、そのぶん別な単語をガンガン音読していきましょう。

「知っている単語」と「使える単語」を切り分けて考える

前述のとおり、英単語帳には、試験によく出る単語が効率よくまとめられています。ただ、単語帳に収録されているのは比較的難易度の高い単語が多く、どうしても「Passive Vocabulary」ばかり増えていく傾向が強いです。

Passive Vocabularyというのは、見れば意味がわかるものの、スピーキングやライティングの際に自分では使えない語彙をいいます。「えっ、実際に使えないんじゃ意味ないでしょ」と思われるかもしれませんが、じつは、まったくそんなことはないんです。

英語を話す場合は、それほどむずかしい単語を知らなくても、なんとかコミュニケーションは成立します。その代わり、言いたいことがすぐに口から出てくる「Active Vocabulary」でないと、まったく使い物になりません。

一方、「The Economist」のように高度な経済誌を読むには、たとえ話せなくても見ればわかる、Passive Vocabularyを大量に覚えておく必要があります。

このように、話し言葉と書き言葉は、まったく別物として学習していくべきものなのです。

【究極の英単語学習法】一度覚えたら絶対に忘れない「瞬読英単語」とは

【究極の英単語学習法】一度覚えたら絶対に忘れない「瞬読英単語」とは

ここまで、英単語の覚え方についていろいろと解説してきましたが、最後に私が自信をもってオススメする「瞬読英単語」について、簡単にご紹介しておきます。

瞬読英単語は、単語帳や単語アプリを利用して英単語を覚える従来の方法とは、まったく異なるアプローチ手法です。具体的にいうと、絵コンテを使い英単語をイメージで覚えていきます。あとは、1単語15秒を目安に、高速で反復していくだけです。

人間の脳は、以下のような状態になったときに、インプットした情報を深く記憶するようにできています。

① イメージできたとき

②「快」を感じているとき

③ 反復回数が多いとき

瞬読英単語とは、上記3つの条件をすべて満たした、非常に効率的な英単語学習法です。「英単語帳をみてもさっぱり覚えられない」「せっかく覚えた単語もすぐに忘れてしまう」といった悩みをおもちのかたに、自信をもってオススメします。

「瞬読英単語」をもっと知りたい!という方は下記のリンクからどうぞ。
》》瞬読英単語体験会のご案内

まとめ

英単語の学習は、英語を勉強する人にとって永遠の課題といえます。自分の知らない単語を、一気に何百・何千と覚えていくわけですから、自分に合った英単語の覚え方で勉強をしないと、簡単に挫折してしまうでしょう。

そこで今回は、本当に身につく英単語の覚え方を、しっかりとご紹介しました。紹介したポイントを守り、自分のレベルに合った英単語帳で勉強をすれば、今よりもっと楽に英単語は覚えられます。

また最後に、覚えた単語は忘れない「瞬読英単語」のご紹介もしました。イメージ化を利用して、英単語をしっかりと覚えたい人は、ぜひ一度「瞬読英単語体験会」で内容を確認してみてください。