【自宅で受講できる】瞬読Zoom体験会開催中!

学習塾経営者が教える「効率のいい勉強法」とは

学習塾経営者が教える「効率のいい勉強法」とは

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

受講者99.3%効果を実感!

瞬読Zoom体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

学習塾の経営者という立場上、なかなか成績が上がらずに悩んでいる生徒たちを、今までたくさんみてきました。

しかし勉強のやり方を少しアドバイスすると、ほとんどの生徒は勉強が楽になり、必然的に成績もアップしていきます。

今回は、成績アップに結びつく「効率のいい勉強法」を、塾の経営者という立場から、紹介していきます。勉強法に行き詰まっている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

どうして勉強の効率が悪いのか?

どうして勉強の効率が悪いのか?

どうして勉強の効率が悪いのかといえば、単純に「ムダな行動」が多いからです。具体的な勉強法はのちほど解説しますが、まずは勉強の効率を落とすNG行為を、きちんと把握しておきましょう。

この章で解説するのは、以下の4点です。

勉強の効率を落とす4つのNG行為
  • 書いて覚えるのは非効率
  • 復習時間が足りない
  • ついスマホを触ってしまう
  • 新しい参考書に目移りする

ひとつずつ解説します。

書いて覚えるのは非効率

これまで学校教育では、「書いて覚える」スタイルが推奨されてきました。しかし、効率性からいえば、書いて覚えるのは間違いなく非効率といえます。

理由は単純で、書く時間がもったいないからです。

もちろん「まとめノートの作成」など、書いて覚えるのを得意とする人がいるのも、十分承知しています。

しかし、まとめノートは本当に必要でしょうか。そもそもプロの教育者が、必要な知識をわかりやすくまとめてくれているのが、参考書のはずです。

であればノートの作成時間を削り、その分参考書をじっくり読む(音読を含む)時間に回したほうが、よほど効果的でしょう。

同様に、書いて暗記するのも、あまりオススメできません。前述のとおり、書かなくても音読で十分対応できるからです。

ただし、英語の書き取り(ディクテーション)は、リスニング力アップに役立ちます。自分にとってディクテーションが効果的だと思えば、試してみればいいでしょう。

またまとめノートにしても、それがあなたの勉強の効率を上げてくれるなら、別にやめる必要はありません。ようは、書くという行為が勉強の効率に与える影響を、きちんと見極められるかどうかが、ポイントなのです。

復習時間が足りない

受験勉強では、入試に関係する全教科を、まんべんなくレベルアップさせる必要があります。

新しい知識を大量にインプットする作業と並行して、インプットした知識の復習も必要なので、基本的に時間はいくらあっても足りません。

なので、うまく勉強の計画を組めない人は、どうしても復習がおろそかになりがちです。

復習量の不足は、いうなれば、ザルで水を汲もうとしているようなもの。インプットした知識をザルからボウルに移し替えてやらなければ(この行為が復習に相当)、せっかく仕入れた知識もどんどん頭からこぼれ落ちてしまいます。

また、効果的な復習のタイミングを知らずに、損をしているケースも少なくありません。復習には、適切な量とタイミングがあるのです。

効果的な復習方法については、のちほど詳しくご紹介します。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

ついスマホを触ってしまう

効率のいい勉強を妨げる最大の原因はスマホにあるといえば、ほとんどの人に賛同していただけると思います。

スマホは、SNS・動画視聴・ゲーム・マンガ・ネットサーフィンと、誘惑のオンパレードです。

友達からLINEがくればすぐに確認してしまい、ついでにSNSを見ていたら、気づけば1時間が経っていた。こういった経験は、誰でも覚えがあるでしょう。

正直言って、スマホの誘惑に打ち勝つのは、簡単ではありません。かなり思い切った手を打たないと、気づけばスマホを触っている可能性が高いでしょう。

もしスマホが勉強の効率を著しく下げていると自覚しているなら、以下のような方法がオススメです。

スマホの誘惑に打ち勝つ方法
  • スマホの電源を切る
  • スマホ制限アプリの活用
  • Twitterやゲームなどを一定期間アンイストール
  • スマホを時限式ボックスに収納
  • 紙の参考書に切り替える

個人的には、スマホの電源を切り、勉強の間は念頭から追い出すのがベストな方法だと思っています。ぜひ自分でも取り組めそうな方法を探して、挑戦してみてください。

◯スマホへの対処については、こちらの記事もどうぞ

新しい参考書に目移りする

受験にしろ資格の勉強にしろ、覚えるべきことは山のようにあります。そうなると、どうしても焦りが生まれやすくなり、ほかの人がどんな参考書を使っているか、とても気になってくるものです。

実際、少しでもよさそうな参考書の情報を知れば、すぐに新しい参考書に飛びついてしまう人も少なくありません。

気持ちはものすごくわかるのですが、あちらこちらに手を出して中途半端になるよりも、まずは1冊の参考書にじっくり取り組みましょう

新しい参考書や問題集は、もう現在の参考書から学ぶものはないという段階になってからで、十分だと思います。

効率のいい勉強法5選

効率のいい勉強法5選

勉強の効率を落とすNG行為を把握していただいたところで、いよいよ効率のいい勉強法を紹介していきます。

ここで紹介するのは、以下の5点です。

効率のいい勉強法5選
  • 短期間に最低3回は復習を繰り返す
  • スキマ時間の活用
  • ポモドーロテクニックで集中力を維持
  • 暗記には音読を
  • まずは基礎学習を徹底的におこなう

もちろんこれら以外にも効率を上げる方法はありますが、まずはこの5つをきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

短期間に最低3回は復習を繰り返す

短期間に最低3回は復習を繰り返す

※参考: Curve of Forgetting Campus Wellness | UNIVERSITY OF WATERLOO

復習の重要性は、おそらくほとんどの人が知っているはずです。ところが、復習の回数になると、あまり気にしていない人が多いように感じています。

結論からいうと、復習は最低でも3回繰り返すようにしましょう。

この3回というのも、きちんとした根拠があります。あなたは、「エビングハウスの忘却曲線」をご存知でしょうか。「人間は覚えた情報をどのくらいの期間で忘れてしまうのか」をグラフにまとめた、非常に有名なデータです。

このエビングハウスの忘却曲線をもとにおこなわれた、カナダのウォータールー大学での研究で、適切な復習の時期が明らかになりました。(上図参照)

適切な復習の時期と時間
  • 第1回目:24時間以内に10分間
  • 第2回目:7日後に5分間
  • 第3回目:30日後に2〜4分間

驚くことに、わずか3回、しかも最長で10分ほどの復習をすれば、最初に覚えた内容をほぼ100%維持できるというのです。

とはいえ、受験勉強のように情報量が膨大なケースでは、さらに長時間の復習をおこなう必要はあるでしょう。いずれにしても、3回も復習をすれば、知識の取りこぼしが大きく防げるのは間違いありません。

また英単語の暗記など、言語関係の復習に関しては、3回の復習では足りないと思います。5回・10回と知識との接触回数を増やして、一気に覚えてしまいましょう。

◯エビングハウスの忘却曲線については、こちらの記事もどうぞ

スキマ時間の活用

勉強といえば、多くの人が「机に座ってじっくりと取り組むもの」というイメージをもっています。しかし、多忙な現代人(とくに社会人)にとって、まとまった時間を確保するのは、なかなか厳しいものです。

であれば、ぜひスキマ時間を活用してください。

移動時間やランチの待ち時間・ちょっとした休憩時間など、スキマ時間をかき集めれば、1〜2時間程度は簡単に集まるでしょう。

とくに、大都市圏へ通勤・通学をしている人にとって、電車での移動時間は勉強をする絶好のチャンスです。

通勤時間全国トップの神奈川県では、平均で「1時間45分」※も通勤時間がかかっています。全国の平均をみても「48分」と、スキマ時間の学習には十分な時間が確保できそうです。

もし電車のなかで参考書を開くのに抵抗があるなら、電子書籍や学習アプリなどを活用していけば、まったく問題ありません。5分でも10分でも時間があれば、サッと勉強できるように、準備をしておきましょう。

※参考:平成 28 年社会生活基本調査

ポモドーロテクニックで集中力を維持

これまでに別記事でも何度か紹介していますが、「ポモドーロテクニック」という時間管理術も、効率のいい勉強にはぜひ活用してもらいたいテクニックです。

ポモドーロテクニックを簡単に説明すると、途中で短い休憩をはさみ、作業の効率低下を防ぐ手法です。

具体的には、「25分の作業+5分の休憩」を1ポモドーロとし、ポモドーロを4回繰り返します。4ポモドーロが終了したら、長めの休憩(15〜30分)を取ります。ここまでを1セットとし、以降はこのセットをひたすら繰り返すだけです。

ポモドーロテクニックでは、1回の作業時間が終われば必ず休憩がきます。「作業に疲れても25分くらいなら頑張ろうと思える」、それがポモドーロテクニックの、大きな魅力ではないでしょうか。

なお、休憩時間や作業時間は、自分の状態によって、ある程度自由に組み替えてもOKです。ただし休憩時間に、メールやSNSはやめてください。集中力が完全に切れてしまいますので。

◯ポモドーロテクニックについては、こちらの記事もどうぞ

暗記には音読を

受験勉強や資格の勉強では、どうしても暗記は避けられません。これまでに知らなかったことを強制的に脳へ覚え込ませるのですから、ただ漫然と参考書を読むだけでは、なかなか暗記するのはむずかしいでしょう。

そこでオススメなのが、音読です。

少し専門的な話になりますが、暗記とは、インプットした情報を長期記憶に記憶させる行為です。

なんの脈絡もなく頭に入った情報は、短期記憶に記憶され、数分もすればすぐに忘れてしまいます。教えてもらった友達の住所をすぐに忘れてしまうのは、短期記憶として記憶しているからなのです。

ところが、何度も繰り返し読み上げたり、画像や音声を用いたりすると、脳が重要な情報だと認識して長期記憶に情報を移行しようと動きだします。

もうおわかりですね。重要なポイントを何度も繰り返し音読すれば、暗記の効率アップは間違いありません。暗記をしたい箇所は、とにかく「声に出して読む」ことを強くオススメします。

まずは基礎学習を徹底的におこなう

受験勉強で高いレベルの学校を狙う場合などは、どうしてもハイレベルな応用問題に目が向きがちです。しかし基礎学力がなければ、応用問題を解いても、本当の意味での実力にはつながりません。

それ以前に、おそらくむずかしい問題にやる気を削がれ、勉強の効率も著しくダウンする可能性が高いです。

また応用問題が解けなかった場合、基礎学力がないと、問題のどこにつまずいたのかすら理解できないでしょう。やはり、応用は基礎があってこそです。

もし、応用問題に対応できずに悩んでいるならば、まずはじっくりと基礎づくりに時間をかけてください。遠回りのようですが、基礎さえあれば、応用問題はあとからなんとでも対応できます。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

どうしても勉強に集中できないときには

どうしても勉強に集中できないときには

ここまで読んでいただいた人は、もうすでにNG行為と効率のいい勉強法の両方を理解しています。どうぞ、その知識を活かして、勉強の効率を爆アゲしていってください。

しかし、なかには、どうしてもうまくいかないという人も、いるかもしれません。そういう人のために、この章では、どうしても勉強に集中できないときの対処法を3点解説していきます。

勉強に集中できないときの対処法3点
  • 勉強スタイルを朝型にする
  • 計画を細分化する
  • 学習環境を変えてみる

気楽にいろいろと試してみましょう。

勉強スタイルを朝型にする

勉強といえば、夜中に眠い目をこすりながらやるものというイメージがありませんか?

たしかに、暗記に限定すれば、就寝前の勉強が効果的なのは事実です。しかし同時に、夜は1日の疲れが溜まっている時間帯でもあります。さらに、夜はどうしても、動画視聴やゲームなどの娯楽に気が向きがちです。

もし夜の勉強はどうも集中できないと感じているなら、思い切って朝型にシフトするのもひとつの方法だと思います。

朝型にチェンジすると、まず余計な雑音が入ってきません。友達からLINEがくることもなく、SNSの通知もまったくこないでしょう。

また朝の脳は、睡眠をたっぷりと取ってリフレッシュしています。家族に邪魔される心配もないので、まとまった時間が必要なテスト形式の勉強や長時間のリスニングなど、普段なかなかできない勉強にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

計画を細分化する

今の勉強法が非効率だと感じているなら、勉強の計画をさらにこまかく作り直してみるのもオススメです。

たとえば、漠然と「◯◯大学に合格する」という目標を立てても、イマイチ現実感がわきません。ところが、◯◯大学合格のための計画を具体的に定めていくと、一気に合格への道筋が明確になります。

漫然と勉強をするのではなく、1年後・半年後・1カ月後、さらには今週・最終的には今日なにをするかまで、時間単位で計画を立ててみましょう。

そうすると、以下のようなメリットに気づくはずです。

計画を細分化するメリット
  • 自分の現状レベルを正確に把握できる
  • なにを勉強するかで悩む必要がなくなる
  • 勉強の進捗具合をコントロールできる

勉強は、決して計画どおりにはいきません。だからこそ、こまかい計画が決まっていないと、なにをどこで挽回すればよいかがわからずに、ますます計画が狂ってしまうのです。

もし計画の立て方などでわからないところがあれば、学校の先生や私ども塾の講師に、相談してみてください。

学習環境を変えてみる

集中できないときには思い切って学習環境を変えてみるのも、ある意味、効率のいい勉強法といえます。

自宅は静かで落ち着く反面、誘惑が多い空間です。普段自宅で勉強する時間が多いなら、図書館や塾の時間を、少し増やしてみてはどうでしょうか。

たとえば図書館なら、人目があるので、ちょうどいい緊張感をもって勉強ができるはずです。またどうせ図書館にいくなら、友達と一緒に勉強するのも、適度にライバル心が刺激され、よい結果をもたらしてくれるかもしれません。

ただ、いつも外で勉強するわけにもいきませんよね。その場合は、あえて家族のいるリビングで勉強するのも、ひとつの方法です。

家族の目が気になって、自室にいるよりも案外集中できるかもしれません。もしテレビの音がうるさいなら、ヘッドホンをして英語のリスニングをすればいいのです。

工夫をしながら、とにかく勉強に飽きない環境をつくってください。

まとめ

勉強の効率が悪いと感じている人の多くは、効率低下の原因を把握していません。まずはしっかりと、勉強の効率を妨げる原因の解明から、はじめてみてください。

あとは、勉強の効率を落とすNG行為をやめて、今回紹介した「効率のいい勉強法」を実践するだけです。そうすれば、あなたの勉強の効率は、間違いなく改善されます。

いずれにせよ、勉強の効率化は、しっかりと指導を受けたほうが簡単に対応できます。もし困りごとがあれば、ぜひ周りにいる学習指導者に相談してみてください。