【無料】WEBオンライン体験会 開催中!

年収をあげたいなら読書量を増やそう!忙しくても読書量を増やすコツ大公開

年収が高い人の読書量が多いのは本当か?

読書をたくさんする人は年収が高いという話をよく耳にしますが、実際のところはどうなっているのでしょうか。

「もし本当に読書量が多いと年収があがるなら、自分も本をたくさん読みたい」

そう思った人も少なくないと思います。

結論からいうと、読書量が多ければ必ず年収があがるわけではありません。しかし年収が高い人は、やはり本をたくさん読んでいることが多いです。したがって年収を増やしたいなら、たくさん読んだ方が確率は大きく跳ねあがるでしょう。

今回は、年収と読書量の関係や、忙しい人でも読書量を増やせるコツについて、詳しく解説していきます。

年収が高い人の読書量が多いのは本当か?

まず結論からいえば、冒頭でもお話したように、年収が高い人の読書量が多いのは本当です。この章では、年収と読書量はどのような関連性があるのか、調査データを3つほどご紹介します。

年収別の読書量を比較するなら、総務省の家計調査は外せません。調べてみると、年収455万円以下の世帯は、年間の書籍代が5,160円だそうです。一方で年収923万円以上の高収入世帯では、15,571円となっています。

つまり高収入世帯では、年収が低い世帯の3倍も書籍を購入しているわけです。

参考:総務省2019年度「家計調査」

次のデータは少し古いのですが、2009年に出版文化産業振興財団が成人1,550人を対象におこなった調査です。

同調査によると、1カ月に最低3冊以上の本を読む人がもっとも多い年収区分は「年収1,500万円以上」で、40.5%という結果に。逆にもっとも少ないのが年収「300~500 万円未満」で、22.6%でした。

ということは、年収が高い人は年収300~500 万円未満の人たちよりも、約1.8倍も本を読んでいることになります。

参考:現代人の読書実態調査

最後はアメリカのデータをご紹介しましょう。アメリカの有名シンクタンク「Pew Research Center」が、2019年に年間1冊以上の本を読む人の割合を調べたところ、年収300万円以下:62%、年収750万円以上:86%という結果でした。

ほかにも年収と読書量に関するデータを調べてみましたが、そのどれもが「年収が高い人は年収が低い人に比べて読書量が多い」といったデータばかりです。

以上の結果から、高収入の人は所得が低い人に比べて、やはり本をよく読むといってよいのではないでしょうか。

※高収入でも、まったく本を読まない人もたくさんいます。高所得者が必ず本を読むわけではありません。

参考:Pew Research Center「College graduates especially likely to read books in a variety of formats」

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

本をたくさん読むと収入があがる理由とは

本をたくさん読むと収入があがる理由とは

高収入者はやはり読書量が多いとわかったところで、今度は本をたくさん読むと収入があがる理由について、考えていきましょう。この章で解説する内容は、以下の4点です。

  • 成功する考え方が身につく
  • ビジネスに必要な知識が手に入る
  • モチベーションがあがる
  • 多方面の見方が身につく

それではひとつずつ解説していきます。

成功する考え方が身につく

成功したければ、すでに成功している人の考え方を吸収するのが1番です。しかし成功者に会って直接話を聞ける機会は、そうめったにはありません。

そこで役立つのが、読書なのです。

本であれば、自宅にいながら、いつでもなんどでも成功者の考えに触れられます。しかも、高くてもせいぜい1冊2,000円程度です。

人は誰でも、自分の考えにもとづいて行動しています。ただ問題なのは、今現在持っている自分の考え方が、高収入に結びついていない場合が多いことです。

自分の考えを、本を通じて成功する考え方に修正できる」それが読書の大きな醍醐味でしょう。

ビジネスに必要な知識が手に入る

ビジネスで成功するには、やはり自分が主戦場にしている分野の専門知識は欠かせません。また財務・IT・営業・社会情勢といった、ビジネスパーソンに必須のスキルも身につける必要があります。

そのために有効なのは、やはりビジネス書や専門書を定期的に読むことです。

世界的に有名な投資家「ウォーレン・バフェット」は、投資をスタートした頃に、毎日600〜1,000ページの本を読んでいたそうです。

さらに、高齢になり十分なキャリアを得た現在でも、1日の約80%は読書に費やしているとか。それだけ読書から知識と事実を抜き出す作業は重要だと、よくわかるエピソードですよね。

モチベーションがあがる

人間である以上、モチベーションが下がるときは必ずあります。仕事や人間関係でイヤなことがあれば、「もういいや」と投げやりになるときもあるでしょう

そういうときに自分の目指す分野の本を読むと、一気にモチベーションが戻ってきます。

また本を読むと、成功者が成功する前に(今の自分と同じような状況のときに)、なにを考えどういう行動をしてきたかもよくわかります

「自分もそうなりたい」「自分だってきっとできる」

読書には、そういうモチベーションを高めてくれる働きがあるのです。これを利用しない手はありません。

多方面の見方が身につく

よい本を読むと多方面の見方が身につくのは、本当に大きなメリットだと思います。

普段私たちは、どうしても同じ会社・似たような仕事・いつものメンバーといった「変わらない環境」で過ごすことが多いです。そうなると自分でも気づかないうちに、考え方や行動の基準が偏ってきます。

そこで読書を通してさまざまな著者の考えに触れると、自分のなかに選択肢の幅がどんどん増えていく。それが読書の醍醐味のひとつです。

とはいえ、おそらく読んだ本のなかには、イマイチしっくりこない内容もたくさん含まれているはず。もしかすると、決して受け入れられない考え方もあったかもしれません。

でもそれはそれで、いいのです。プラスマイナスどちらの意見も、あなたのなかに多方面の見方をつくりあげる、大切な要素になってくれるでしょう。

忙しい人が読書量を増やすコツ

忙しい人が読書量を増やすコツ

本をたくさん読むと収入があがる理由を知っても、忙しくてなかなか本が読めないという人も多いのでは。

しかしちょっとしたコツさえつかめば、読書量を増やすのはそれほどむずかしくありません。この章で紹介する「忙しい人が読書量を増やすコツ」は、以下の4点です。

  • 右脳速読法「瞬読」で読書スピードをあげる
  • スキマ時間の活用
  • 電子書籍で本を読む
  • 気になる人のオススメ本をチェック

ひとつずつ詳しく解説します。

右脳速読法「瞬読」で読書スピードをあげる

忙しい人が読書量を増やしたいのなら、速読をマスターするのがもっとも効果的です。

ただし速読にもさまざまな方法があり、自分に合わない方法を選んでしまうと、最悪途中で挫折する可能性があります

これまで主流であった「眼筋を鍛えて目を速く動かす」タイプの速読法は、常にトレーニングを継続しなければいけませんし、疲れていると速読はまず困難です。

その点右脳速読法「瞬読」なら、ムリな眼筋トレーニングは必要ありません。通常読書は言語を司る左脳でおこないますが、瞬読は読んだ文字を右脳でイメージ化して、どんどん記憶に取り込んでいきます

ちなみに速読をやっていない人の読書スピードは、1分間に平均400〜800字です。ある速読団体では、最上級ランクの認定条件として、分速2,100字が課せられています。つまり、おおよそ2〜5倍のスピードで読めるのを、目標にしているわけですね。

読むスピードには、もちろん個人差はあります。瞬読でももちろん個人差はありますが、ある程度トレーニングをすれば、分速1〜2万字で読めるようになる人が本当にたくさんいます。

かりに分速1万字で読めればほとんどの本は約10分足らずで読めるわけで、忙しい人にはまさにピッタリな方法といえるでしょう。

スキマ時間の活用

忙しい社会人が読書を継続するには、スキマ時間を上手に活用するしかありません。

「読書をする時間なんてないよ」という人は、たいてい時間の使い方がイマイチです。忙しい社会人ならば、誰だって1回に1時間以上のまとまった時間をつくるのは大変でしょう。であれば、やはりスキマ時間をフル活用すべきです。

スキマ時間といえば、やはり通勤時間がメインになるでしょうね。電車の待ち時間と移動時間を合計すれば、毎日1時間程度は捻出できるはず。

そのほか、食事の合間・アポイントまでにポカっと空いた時間など、スマホでSNSやゲームする時間を読書に当てるだけでいいのです。1回はわずか5分・10分かもしれませんが、積み重ねれば結局2時間くらいは簡単につくれます。

ぜひスキマ時間を有効活用してください。

電子書籍で本を読む

さきほどスマホの話がチラッと出ましたが、本は電子書籍で読むと、わざわざ重い紙の本を持ち歩く必要がありません。

電子書籍のメリットを思いつくままあげてみると、以下のような感じでしょうか。

・本を持ち歩く負担がない

・紙の書籍より価格が安い

・店にいかなくても購入できる

・自宅の保管場所が必要ない

・ワンクリックでわからない言葉を調べられる

 

上記のメリットをみると、スマホとスキマ時間の相性のよさが、あらためて浮き彫りになりますね。スマホで電子書籍を活用すれば、それこそトイレの時間も手軽に読書ができてしまいます。

またAmazonの読み放題サービスを契約すれば、費用を抑えながらたくさんの本を読み放題です。まさに速読のためにあるサービスといっても、過言ではないでしょう。

気になる人のオススメ本をチェック

忙しい人は、好きな著名人や目標とする人たちが薦めている本を、チェックしてみてください

自分で読む本を探すのは、案外手間がかかるものです。昔は本屋にブラっといき、面白そうな本を探すのも楽しみのひとつでした。

今はそういった「面白そうな本と偶然出会う楽しみ」は減りましたが、代わりにネットにはオススメ本情報が溢れています。ゼロから本を探すよりも、よい本に巡り会える可能性は確実に高くなりました。

しかも「社会人なら知っておきたい財務のオススメ本」とか、「お金についての本ベスト10」「20代のうちに読んでおくべき本20選」のように、ピンポイントで参考にできるのがありがたいですね。

こういったオススメ本で、どんどん読書量を増やしていきましょう。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

まとめ

なんどもいいますが、読書量が増えれば年収があがるという事実はありません。しかし年収が高い人の読書量が多いのも、また事実なのです。

今回の記事では、読書が高収入につながる理由や忙しくても読書量を増やすコツについて、わかりやすく説明しました。

なかでも速読は、読書量を増やすのには不可欠ともいえるものです。ぜひ自分に合った方法を取り入れて、読書量を増やしていきましょう。