【無料】WEBオンライン体験会 開催中!

本を速く読むなら、右脳速読法が絶対オススメ

本を速く読むなら、右脳速読法が絶対オススメ

参考書を大量に読む受験生や仕事の資料を毎日読む社会人など、本を速く読む必要のある人はたくさんいます。

しかし本を読まなければいけない人の多くが、忙しさのあまり読書に時間を割けずに困っているのが現実ではないでしょうか。

速読を指導している私からすれば、これは非常にもったいないと感じてしまいます。なぜなら速読をマスターし、さらにちょっとした読書のコツを知れば、もっと速く本が読めるからです。

ということで今回は、一般的な読書のコツと、速読のなかでも圧倒的なパフォーマンスを誇る右脳速読法について解説していきます。

本を速く読めための基本的なポイント

本を速く読めための基本的なポイント

速読について解説する前に、まずは本を速く読むための基本的なポイントを押さえておきましょう。今回紹介するのは、以下の4点です。

本を速く読むための基本的なポイント
  • 脳内音読をやめる
  • 文章の基本構成を知っておく
  • まえがきと目次で、本の概要を把握してから読む
  • 自分のレベルに合った本を選ぶ

ひとつずつ解説します。

脳内音読をやめる

本を読むのが遅い人は、多くの場合脳内音読がクセになっているようです。この脳内音読をやめれば、間違いなく読書スピードは速くなります。

どうして音読がよくないのかというと、黙読よりも圧倒的にスピードが遅いからです。

テレビのアナウンサーは、1分間におよそ300文字のスピードで話すのが基本とされています。一方で一般的な読書スピードは、分速400〜800文字前後です。

つまり、読むのが速い人なら音読の2倍以上で読めることになります。そう考えると、やはり音読は、読書スピードを著しく下げる原因になっているといえるでしょう。

ただしここまでの話を読んで、「私は読むときに声を出していないけど……」と思ったかたもいるはずです。

そう、たしかに音読といっても、実際に声を出して読む人はまずいません。冒頭でも書いたように、問題なのは「脳内でおこなわれている音読」なのです。

通常本人は自覚していませんが、ほぼ100%の人が脳内音読をしていると考えてください。無意識でおこなっているがゆえに、脳内音読を意図的にやめるのは簡単ではありません。

しかし安心してください。後述する右脳速読法をマスターすると、自然に脳内音読はなくなりますので、あまり深刻にならなくても大丈夫です。

文章の基本構成を知っておく

本を読むのが遅い人は、たいてい本に苦手意識をもっています。いわゆる文章アレルギーというやつですね。

文章アレルギーの人は本の構成に無頓着なので、文章の流れがわからず、途中で文を読むのに疲れてきます

ところが読書慣れしている人は文章構成の知識が自然と身についているので、次はこういう展開になると、ある程度予想しながら読めます。だから、途中で疲れることなく、サクサクと読み進めていけるのです。

ただし、小説は純粋に楽しむための本なので、構成や読書スピードは特別気にしなくていいでしょう。覚えておきたいのは、実用書やビジネス書の構成ですね。

実用書やビジネス書は、読みやすくないと読んでもらえないため、大きく構成パターンから外れることはまずありません。きちんとした内容の本ならば、たいてい以下の2パターンに即して書かれているはずです。

  1. 序論・本論・結論
  2. 結論・理由・事例・まとめ

1は、主に学術的な論文や専門書に多いパターンです。今は電子書籍やWebで読むケースが増えているので、2のように、とにかく結論を最初に打ち出すパターンが増えています。

こういった構成を知っておくだけでも、本はだいぶ速く読めるようになるでしょう。

◎文章構成については、こちらの記事もどうぞ

まえがきと目次で、本の概要を把握してから読む

まえがきと目次にしっかりと目を通せば、間違いなく本は速く読めるようになります。なぜならば、本の概要をあらかじめ理解した状態で読書に取りかかれるからです。

読む本の知識がなにもない状態よりも、大まかな流れを知った上で読むほうが、スムーズに進むのは当たり前といえます。

実際よくできた目次の場合、目次を読むだけでも、本の主要なポイントは理解できてしまうものです。さらにまえがきには、筆者の思いや知ってほしいことが、上手にまとめられています。

また全体の分量がわかっていると、途中で「あとどのくらいあるのかな。なんだか疲れてきた……」という状況が起こりにくくなります。

このように、まえがきと目次は、読書スピードのアップには欠かせません。ぜひ習慣づけるようにしてください。

自分のレベルに合った本を選ぶ

ここまで話したように、本を読む速さは、ある程度「慣れ」で決まります。逆をいえば、慣れるまでは速く読めないわけです。

となれば、読書に慣れていない段階では、「自分のレベルに合った本を選ぶ」のがとても重要になってきます。

もし読書に苦手意識があるなら、まずは入門書やムック本(雑誌のように読みやすく編集された本)からスタートしてください。図解や画像も多く、わかりやすい表現で書かれているため、レベルを問わず非常に読みやすいです。

間違っても、いきなり難解な専門書を読むのはやめましょう。仕事でどうしても読まなければならない状況でも、まずは入門書を2〜3冊読んでからにするのがオススメです。

入門書で基礎知識を知っておけば、むずかしい専門書も理解しやすくなります。まずは「自分のレベルに合った本からスタートする」と、ぜひ頭に入れておいてください。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

本を速く読むなら、速読をマスターしよう

本を速く読むなら、速読をマスターしよう

前章では、本を速く読むための基本的なポイントを紹介しました。しかし残念ながら、それだけでは、読書スピードが劇的に速くなることはありません。

本当に速く本を読みたいのであれば、やはり本を速く読む技術「速読」をマスターするのが早道です。この章では、速読の基本的な知識として、以下の3点を解説していきます。

速読の基本的な知識
  • 各速読法の違い
  • 速読で読める速さ
  • 習得時間

それではひとつずつ見ていきましょう。

どの速読法を選べばいい?

まず結論からいうと、後述する右脳速読法「瞬読」が、もっともオススメです。理由は最後の章で詳しく説明しますが、なんといっても習得のしやすさと読書スピードが、ほかの速読法よりもケタ違いですから。

今日本で学べる速読法は、大きく以下の3種類に分類されます。

速読法の種類

・目を速く動かす速読法

・飛ばし読み速読法

・右脳速読法

これまで主流だった「目を速く動かす速読法」には、厳しい眼球トレーニングが不可欠です。眼球トレーニングを継続できる人は少なく、その脱落者の多さが「速読は怪しい」というイメージを作り上げてしまった側面があります。

飛ばし読みは、重要な箇所だけをピックアップしていく読書法です。本の大部分をサラッと読み流すので当然速く読めますが、厳密には速読ではないため、ここでは割愛します。

ということでこれから速読を学ぶなら、結果の段違いな右脳速読法が、間違いなくベストです。

右脳速読法「瞬読」を今すぐ知りたい!という方は下記のリンクからどうぞ。
》》自宅で受講できるZoom体験会

◎速読法の違いについては、こちらの記事もどうぞ

速読なら、どのくらいの速さで読めるの?

速読なら、どのくらいの速さで読めるの?

読書スピードは速読法により異なりますが、目を速く動かす従来型速読法の場合、分速2,000文字前後が上限になるようです。  

速読をしない一般人の読書スピードは、平均で分速500〜600文字。速い人でも分速800文字が限界といわれているので、従来型の場合、一般人のおよそ4〜5倍の速さで読めると考えてください。

普通に考えれば、5倍で読めるなんてもう十分速いと、感じるかもしれませんね。しかし驚くのはまだ早いです。私が指導する右脳速読法「瞬読」なら、1分間に1〜2万文字のスピードで読む人がたくさんいます。

上表は、瞬読の指導を受けた人の読書スピードをまとめたものです。軒並み凄いアップ率を記録しているなか、分速40万文字以上の速さで読む小学生もいて、指導した私自身とても驚きました。

誰もがすぐにこういったレベルになるとはいいませんが、分速1万文字なら決してムリな数字ではありません。厳しい眼球トレーニングなしで、従来型速読のさらに5倍の速さで読めるなんて、本当に凄いと思いませんか。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

習得までに必要な時間は?

習得までに必要な時間も、読書スピード同様、速読法により大きく異なります。また人によって適正や必要性が違うので、一概に答えを出すのはむずかしい面があります。

とはいえ、おおよその目安は知っておきたいところでしょう。

従来の速読法を調べてみると、ある程度速読ができるまで、およそ30時間がひとつの目安になるようです。

右脳速読法「瞬読」の場合は、2時間程度のトレーニングで分速1万文字を達成する人も少なくありません。当然個人差はありますが、目安として「平均10時間で分速1万文字」と考えていただければよいでしょう。

またじっくりと時間をかけて右脳速読を学びたい人には、「瞬読オンライン90日間集中プログラム」がオススメです。

興味のあるかたは、以下のサイトで詳細を確認してみてください。
》》 速読トレーニング「瞬読オンライン90日間集中プログラム」

最強の速読法、右脳速読法「瞬読」とは

最強の速読法、右脳速読法「瞬読」とはいよいよ最強の速読法、右脳速読法「瞬読」について、以下の3点を中心にご紹介していきます。

右脳速読法「瞬読」とは
  • 右脳速読法「瞬読」で、圧倒的に速く読める理由
  • 左脳と右脳をバランスよく活用
  • 復習が容易な瞬読なら、読んだ内容を忘れない

まずは、瞬読がどうして圧倒的な読書スピードを可能にするのか、その理由について見ていきましょう。

右脳速読法「瞬読」で、圧倒的に速く読める理由

瞬読をマスターするとどうして速く読めるのか、その理由は大きく2つあります。

  1. 文章をまとめて読む「視読」ができるようになるから
  2. 右脳で文章をイメージ化して、瞬時に脳へ記憶させるから

通常読書といえば、文字を1文字ずつじっくりと読んでいくのが一般的です。一方、右脳速読法では、文字を1文字ずつ追いかける読み方はしません。その代わり、数単語あるいは数行をまとめて読んでいきます。

こういったまとめ読みを「視読(しどく)」といいますが、ようは、1文字ずつ読んでいる限り読書スピードには限界があるということです。

ではどうやって視読をおこなうかというと、単純な目の動きでは物理的にムリがあるのは、おわかりですよね。

右脳速読法では、目を速く動かす代わりに右脳を活用します。イメージ化が得意な右脳で、読んだ文章を、映像として脳に記憶していくのです。

しかし、右脳でイメージ化といわれても、多くの人はピンとこないかもしれません。右脳の働きについては、次の項目でもう少し詳しく説明していきますね。

右脳速読法「瞬読」をもっと知りたい!という方は下記のリンクからどうぞ。
》》自宅で受講できるZoom体験会

左脳と右脳をバランスよく活用

人間の脳は、大きく左脳と右脳にわかれています。以下のように、それぞれの役割に応じて、左右の脳が自動的に対応するわけです。

左脳と右脳の役割

・左脳(論理的思考):言語・計算・分析

・右脳(直感的思考):イメージ・創造・ひらめき・空間認識

通常読書をする際には、言語を司る左脳が使用されます。ただし前述のとおり、文字を1文字ずつ追いかけるので、読書スピードは遅いです。

また多くの速読法では、そもそも遅い左脳での読書を目の動きでムリヤリ速くしようとするので、どうしても途中で疲れてしまうという問題があります。

一方右脳速読法「瞬読」の場合、文章をまとめて読み、右脳でイメージ化した映像を瞬時に脳へ記憶していきます。

友人に「今日美味しいお寿司食べにいかない?」と聞かれれば、それこそ一瞬のうちに、美味しそうなマグロやウニの握りを頭に思い描いているでしょう。

その「イメージ化の速さ」を読書に利用しているのが、右脳速読法だと考えてください。

さらに瞬読では、左脳を使ってアウトプットもおこないます。左脳と右脳を両方使用するので、左右のバランスが調整され、脳の働きに好影響を与えてくれます。

◎左脳でのアウトプットについては、こちらの記事もどうぞ

復習が容易な瞬読なら、読んだ内容を忘れない

インプットした情報を脳へ定着させるには、読んだ内容を何回も反復して、脳に重要な情報であるという指令を出す必要があります。つまり、記憶への定着には、「復習」が不可欠なのです。

右脳のイメージ化で読書をおこなう瞬読では、前述のとおり、分速2万文字のペースで読める人がたくさんいます。分速2万文字といえば、1冊10万文字として、およそ5分で1冊を読了できる計算です。これなら、ちょっとしたスキマ時間に、いつでも復習ができます。

ところが読書スピードの遅い通常の読書では、1冊読み返すのに、少なくとも4時間以上はかかります。忙しい現代人は、読書以外にやることがたくさんあり、4時間もの時間を何回も繰り返すのは、正直かなり大変でしょう。

この復習のしやすさは、受験勉強において、とくに大きな差を生み出します。復習すればするだけ、暗記できていくわけですからね。

小学生中学年になったら、できるだけ早く右脳速読を学ぶと、より大きなアドバンテージが手にできると思いますよ。

◎復習の重要性については、こちらの記事もどうぞ

まとめ

今回は、本を速く読むポイントについて、解説してきました。「文章構成を知る」など、基本的な知識も大事ですが、なんといっても速読ができるかどうかで、読書スピードは決まります。

また、今回の記事では、速読法による違いも、あらためてしっかりとお伝えしたつもりです。同じ速読法でも、右脳速読法なら、比較にならないパフォーマンスが手に入ります。

右脳速読法「瞬読」について、さらに詳しく知りたいかたは、ぜひ「Zoom体験会」でご確認ください。

》》速読を超えた速読法「瞬読」Zoom体験会