【自宅で受講できる】瞬読Zoom体験会開催中!

思考力を鍛えれば、人生が大きく変わる!

思考力を鍛えれば、人生が大きく変わる!

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

受講者99.3%効果を実感!

瞬読Zoom体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

思考力とは、文字通り「考える力」です。しかし思考力という言葉には、ただ漠然と考えるのではなく、「論理的に考えをまとめる力」という意味が含まれているように感じます。

もし誰かに、論理的な思考力をもっているかと尋ねられたら、どれだけの人がイエスと答えられるでしょうか。おそらくほとんどの人は、「うーん、あまり自信はないなあ」と答えるはずです。

今回は、そういった「思考力に自信がない人」に対して、思考力を鍛える方法を5つ紹介していきます。

思考力を鍛えるとどんなメリットがあるのかについても解説していくので、思考力を鍛えて人生の質をグンとアップさせたい人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 思考力を鍛えるとどんなメリットがあるのか

 思考力を鍛えるとどんなメリットがあるのか

冒頭でもお話ししたように、思考力を鍛えると人生の質が確実にアップします。この章では具体的にどんなメリットがあるのか、以下3点をピックアップして解説していきます。

思考力を鍛えるメリット
  • 論理的な思考ができると、自分の主張が受け入れられやすくなる
  • 情報を実生活に役立てる力がつく
  • 円滑な人間関係が築ける

それではひとつずつ見ていきましょう。

 論理的な思考ができると、自分の主張が受け入れられやすくなる

まず 論理的な思考ができると、自分の主張が受け入れられやすくなります

理由は簡単。深い思考力をもつ人は、たくさんある情報を客観的に分析して、誰もが納得できるような結論を導き出せるからです。

つまり深い思考力をもつ人の思考は、誰が聞いても「あー、なるほどね」と思えるクオリティだから、主張をすんなりと受け入れてもらえるのです。

友達との雑談なら、とくに論理的な思考を意識しなくても、そう問題にはならないかもしれません。しかしビジネスの場になれば、話は別です。

論理的な話ができなければ、業務や交渉がうまくいかず、あなたは「仕事のできない人」の烙印を押されてしまう可能性があります。

情報を実生活に役立てる力がつく

思考力を鍛えると、論理的な思考でものごとを判断できるため、手にした情報を実生活にうまく活用できます。

現代は完全な情報社会です。わからないことがあってもネットで検索すれば、たいていのことならすぐに答えが見つかります。

問題は、私たちの周りには情報が多すぎることです。ネット検索をはじめ、書籍・テレビ・SNS・口コミなど、さまざまな情報が飛び交っています。

さらに問題なのは、どの情報が正しいのかが、非常にわかりにくくなっていることでしょう。だからこそ私たち自身が、論理的な思考力をもって、正しい情報を選択していく必要があるのです。

◎情報処理能力については、こちらの記事もどうぞ

円滑な人間関係が築ける

思考力に長けている人は、円滑な人間関係を築ける可能性が、通常よりも高くなります。なぜならば、論理的に相手を納得させられるだけでなく、相手の立場も考慮に入れた対応ができるからです。

「こういう話をしたら相手はどう思うだろうか」という深い配慮ができるから、相手もこちらを尊重してくれます。

また深い思考力をもつ人の話には、矛盾がありません。

もし話をしている間に矛盾が出てきたら、相手はその疑問に不信感をもちます。その場で「それって変じゃない?」といってもらえれば、別に問題はありません。議論を重ねて修正すればいいだけですから。

しかし大人のおつきあいのなかでは、気まずくなるのを回避するため、なにも言わずにスルーするケースも少なくありません。こうなるとあとに残るのは、「あの人とはなんか噛み合わない」という思いだけです。

こういう事態を避けるためにも、ぜひ深い思考力を身につけてもらいたいと思います。

今すぐやめよう。思考力が低下する悪習慣

今すぐやめよう。思考力が低下する悪習慣

思考力を鍛える具体的な方法は最後の章で解説しますが、まずはその前に、今あなたの思考力を低下させている悪習慣を3つご紹介します。

思考力が低下する悪習慣3選
  • 新しい価値観を受け入れない
  • なんでもネット検索する
  • 疲れているときに重大な決断を下す

上記3点をやめるだけでも、思考力は大きく改善するはずです。ぜひ今日から、この悪習慣を断ち切っていきましょう。

 新しい価値観を受け入れない

思考力を鍛えたければ、新しい価値観を受け入れない頑固な考え方は、今すぐにやめてください。

もちろん、誰でも自分なりの判断基準をもっています。それを否定するつもりはまったくありません。しっかりした判断基準は、「美学」として、あなたの存在を確立する重要なファクター(要素)になりますので。

ただ多くの人は、自分の価値観にこだわるあまり、非常に狭い視野でしかものごとを考えられなくなっています

世の中にはたくさんの人がいて、それぞれが自分の価値観をもっているのです。つまり新しい価値観を受け入れるというのは、他人を尊重するという意味でもあります。

そもそも世の中には自分の知らないことが、たくさんあるものです。そういった価値観(情報)を柔軟に取り入れるのが、思考力を鍛える第一歩といえます。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

なんでもネット検索する

現代人はなにかわからないことがあると、まずネットで検索をします。わからなくて質問をすれば、「それくらい自分でググれよ」と怒られてしまうことも少なくありません。

たしかにネットで検索するのは、手軽で便利です。しかもよほど専門的な内容でなければ、たいていはなんらかの答えが見つかります。

しかし、あまりにもネット検索に依存しすぎるのも問題です。なぜなら、答えがすぐに与えられるので、自分で深く考えるプロセスが失われてしまうからです。

またネットには、信頼性に乏しい情報もたくさん存在します。それなのに私たちは、検索で見つけた答えを無条件に信じてしまいがちです。

まずは検索する前に、いったん自分の頭で整理してみる。また検索した結果は、データのあるものを優先とし、一度客観的立場から疑ってみる。こういったステップを取り入れるだけでも、あなたの思考力は大きく成長するでしょう。

 疲れているときに重大な決断を下す

あなたの思考力は、体調に大きく影響を受けています。一般的に、体調がよく思考がクリアーなら、よい考えが浮かびやすいです。逆に体調が悪ければ、どうしても判断が鈍り、マイナスな思考に偏りがちになるでしょう。

したがって論理的な思考力のもと、最適な判断を下したいなら、疲れているときに重大な問題へ向き合わないことです。

そういう意味では、重要事項を検討する時間帯も重要といえます。夜中に考えたことを翌朝みると、「なんだ。これっ?」ってびっくりすることがありませんか。

このように、疲れが溜まっている夜中には、どうしても極端な決断を下してしまうものです。できれば、睡眠を取って脳がリフレッシュした朝1番、もしくは午前中に対応しましょう。

◎集中できる時間帯については、こちらの記事もどうぞ

思考力を鍛える5つの方法 

思考力を鍛える5つの方法 

この章では、いよいよ思考力を鍛える具体的な5つの方法をご紹介していきます。

思考力を鍛える5つの方法
  1. 質のよい本をたくさん読む
  2. 仮説を立て、検証するクセをつける
  3. 具体的な数値や事例を用いて考える
  4. 全体像把握が得意な右脳を活用する
  5. インプットした情報の要点をまとめる

まずは1から見ていきましょう。

1.質のよい本をたくさん読む

深い思考力を身につけるには、ぜひ質のよい本をたくさん読んでください。

もちろん、本を読まないからといって、必ず思考力に問題が発生するわけではありません。しかし読書量が多ければ多いだけ、その分間違いなく、より論理的で深い思考ができるようになります。

なぜかというと、本をたくさん読む人は、深く考えるための材料「知識と語彙」をたくさん身につけているからです。

論理的な思考をするには、当然その根拠となる知識がベースになります。ようするに、たくさんの知識をもっていれば、検討事項を多方面からより深く検証できるわけです。

また語彙力がないと、どうしても思考は浅くなります。だって人間は、言葉でものごとを考えますからね。その言葉のバリエーションがなければ、思考が浅くなるのは当然でしょう。

ということで、まずは読書量を増やして、「知識と語彙」をしっかりと仕入れましょう。

2.仮説を立て、検証するクセをつける

思考力を高めたい社会人にぜひ試してほしいのが、「仮説 → 検証」という思考サイクルです。

ビジネスシーンでは、常に結果を求められます。しかも納期や契約期限がありますので、限定された時間内に素早く結果を出さなければなりません。

反面、ビジネスの初期段階で、必要な条件が過不足なく揃っている状況は少ないものです。判断材料が足りない状態のなか、最短で結果を出すには、まず仮説を立てることが重要になります。

かりに「顧客の売上が落ちているのは、ネット広告の利用割合が少ないから。解決策としてネット広告費を増やしてみたら、売上は戻るのではないか」という仮説を立てたとしましょう。

そうなれば次にするのは、その仮説を裏付けるデータの収集です。あとはその仮説とデータを分析しながら、仮説の真偽を立証していきます。

仮説が合っていればそのまま対策へと移行すればいいし、もし仮説が間違っていたら、再度仮説を立証していくだけです。

「仮説 → 検証」というプロセスは一見遠回りのようですが、方向性が明確でない段階では非常に効果的な方法だと思います。こういった仮説思考に興味をもったかたは、ぜひ専門書などでチェックしてみてください。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

3.具体的な数値や事例を用いて考える

深い思考を言い換えると、「誰もが納得できる論理的な思考」といえるでしょう。深く練り上げられた思考は、誰が聞いてもすぐに納得してしまう完成度をもっています。

誰もが納得できる論理的な思考を組み立てるには、なんといっても具体的な数値や事例が欠かせません

思考のなかに数字や事例を取り入れると、以下のようなメリットが考えられます。

数字や事例を取り入れるメリット

・思考内容に信頼性が生まれる

・説得力が増し、賛同を得られやすくなる

・内容を聞いた(見た)だけで、すぐに理解してもらえる

・間違った方向へ進む危険性が減る

とくに、自分の思考を誰かへ伝える必要がある場合は、相手にどれだけ納得(理解)してもらえるかが勝負です。ぜひ具体的な数値と事例を意識してみてください。

4.全体像把握が得意な右脳を活用する

ここからはいよいよ、私の指導する右脳速読法「瞬読」の出番です。前述のとおり、深い思考には、まず判断材料となる知識が必要になります。

その知識のインプットに最適なのが、読書です。なんといっても本は情報の宝庫です。1冊2,000円以下で、自分の知らない知識を手に入れられるわけですからね。

しかし通常の読書では、読書スピードが遅すぎて、十分な知識量が得られません。ところが全体像の把握が得意な右脳を活用した、右脳速読法を習得すれば、1冊を5分で読むことも可能です。

右脳速読法が圧倒的な読書スピードを実現するしくみについては、ほかの記事でこれまで何度も説明しているので、ここでは説明しません。興味のあるかたは、以下の記事で確認してください。

いずれにせよ、深い思考力のためには、判断基準となる知識は多ければ多いほどよいです。ぜひ右脳速読法を活用して、どんどん情報を仕入れていきましょう。

◎右脳速読法「瞬読」については、こちらの記事もどうぞ

5.インプットした情報の要点をまとめる

右脳速読法「瞬読」では、右脳でのインプットだけでなく、読後に左脳でアウトプットをおこなうのが大きな特徴です。

具体的なアウトプットとしては、インプットした情報を書き出したり、読み上げたりします。そうすると、脳が「インプットした情報は、反復をするくらい重要な情報だ」と判断して、より強固に脳へ定着していくわけです。

またアウトプットする際には、さすがにインプットした情報を、すべてアウトプットするわけにはいきません。となると、必然的に要点だけをまとめるようになりますよね。

この要点をまとめる作業は、思考力を鍛えるのに最適なトレーニングです。手元にある材料から重要な情報を抜き出す作業は、あなたの思考力を大きく向上させてくれるでしょう。

ぜひ積極的に試してみてください。

瞬読についてもっと知りたい!という方は下記のリンクからどうぞ。
》》自宅で受講できるZoom体験会

◎インプットとアウトプットについては、こちらの記事もどうぞ

まとめ

今回は、思考力を鍛える方法について、詳しく解説しました。深くて論理的な思考は、説得力があるので、ほかの人からの賛同も得られやすいです。

とくに結果を出す必要のある社会人には、必須の能力といえるでしょう。ぜひ今回ご紹介した5つの方法を活用して、ご自分の思考力を思いっきり鍛えてください。

なお思考力アップに欠かせない情報収集には、右脳速読法「瞬読」が大いに役立ちます。瞬読について詳しく知りたいかたは、以下のオンラインセミナーでご確認ください。

》》自宅で受講できるZoom体験会