【自宅で受講できる】瞬読Zoom体験会開催中!

速読指導者が教える「読んだ内容を忘れない読書術」とは

速読指導者が教える「読んだ内容を忘れない読書術」とは

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

受講者99.3%効果を実感!

瞬読Zoom体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

せっかく本を読んだのに、面白かったという感覚は残っていても、こまかい内容についてはイマイチ覚えていない。

そんな悩みをもつ人は、世の中にたくさんいらっしゃると思います。

私自身も、右脳速読法「瞬読」に出会うまでは、「せっかく読んでも、内容を全然思い出せない」といつもモヤモヤしていたのを思い出します。だって、覚えていなければ、本を読んだ意味がありませんからね。

しかし読書についてさまざまな勉強をしていくうちに、「1回読んだだけでは忘れるのが当たり前」という事実がわかってきました。さらに忘れない読書術をマスターした今では、読書にまったくストレスを感じることなく、サクサクと読書ができます。

そこで今回は、本の内容が覚えられないという人のために、内容を忘れない読書術についてまとめてみました。また、最高の右脳読書術「瞬読」についても、最後の章でご紹介しますので、忘れない読書術をマスターしたい人はぜひ読んでみてください。

忘れない読書術7つのポイント

 

忘れない読書術7つのポイント

最初にご紹介する「忘れない読書術7つのポイント」は、とくにむずかしい内容ではなく、誰でもできるものばかりです。

忘れない読書術7つのポイント
  1. 目次で概要を把握してから読む
  2. まえがきは情報の宝庫
  3. 気になるポイントはメモ書きする
  4. 読書後に要点をまとめてみる
  5. まとめた内容はすぐにアウトプット
  6. 自分の意見と対比させながら読む
  7. 読む時間と読む場所を変えてみる

まずはひとつからでもいいので、ぜひ今日から取り組んでみてください。

◎読書術については、こちらの記事もどうぞ

1.目次で概要を把握してから読む

読んだ内容を忘れないためには、目次で概要を把握してから本文に取りかかる読み方が、非常に効果的です。

目次とは、いうなれば、本全体のマップです。どこにどういう内容が書かれているのかを事前に把握しておけば、断然スムーズに読書が進みます。

また目次は、本の内容をまとめた「骨子」の役割ももっています。よくできた目次であれば、目次を読むだけでその本の重要なポイントがほぼ理解できてしまうものです。

最初に目次で本の概要を掴み、本文からの情報を脳へ補足していく。そういう感覚で読書をすると、記憶はより定着しやすくなり、内容を忘れにくくなります。

これから読書をする際には、ぜひ、目次に意識を向けてみてください。

2.「まえがき」と「あとがき」は情報の宝庫

前述の目次と同様に、まえがきも情報の宝庫です。「本を書いた目的や読む人が読書後に得られるメリット」など、まえがきには著者の想いや主張が思い切り詰まっています。

同じ理由から、本文より先に「あとがき」をまず読んでしまうのも、とても効果的です。あとがきには、本の重要なポイントがコンパクトにまとめてあります。

つまり目次・まえがき・あとがきを読んでおけば、骨子をしっかりと理解した状態で本文に進めるわけです。

またあとがきでは、本文を読んで自分が重要だと感じた内容と著者のクロージング(重要なポイント)が、一致するかどうかのチェックもできます。

「なるほど、著者はそういうことが言いたかったのか」と、あとがきを読んで気づくこともよくあることです。

とはいえ、どんなときも、まえがきやあとがきから読む必要はまったくありません。「読んだ内容は忘れても当たり前」と割り切れるなら、普通に本文を読めばいいと思います。

まえがきやあとがきは、あくまでも「忘れないため」の補助的な役割と割り切って、臨機応変に活用していきましょう。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

3.気になるポイントはメモ書きする

後述する要点のまとめは、いわゆる「読書ノート」を想定してお話ししています。しかし、毎回要点をまとめて読書ノートをつくるのは正直なかなかの手間です

毎回そこまでの手間はかけていられないという人は、別にムリする必要はありません。そういう場合は、気づいたことをサッとメモしておくだけでも、記憶の定着度はだいぶ違ってきます。

今なら、メモアプリなどにサッとメモするのもよいかもしれませんね。ただ、読んでいる途中にメモアプリを立ち上げて入力するのは、意外に煩わしいもの。

読書メモはあくまでもあとから読み返すときのヒントになればいいので、手書きでサッと書くほうが楽だと思います。見直しの容易さという意味では、付箋にメモして貼りつけておくのもオススメです。

4.読書後に要点をまとめてみる

読んだ内容を忘れたくないのなら、ぜひ読書ノートを習慣化してください。

読書ノートといっても、特別誰かに見せるものではないので、書式などは自由に書いてもらって構いません。最低限、本のタイトル・日付・要点・気付きなどが書いてあれば、十分でしょう。

それよりも、以下にあげた読書ノートのメリットを理解したうえで、読書ノートを書いているかどうかのほうが重要です。取り組む姿勢が変わってきますからね。

読書ノート作成のメリット

・内容を振り返ることで、より記憶に深く定着する

・重要なポイントを意識しながら、効率よく読書ができる

・備忘録として利用できる

・本に対する自分の意見が明確になる

余談ですが、読書ノートはできるだけ手書きで書いてください。なぜなら、手書き自体に記憶定着の効果があるからです。メモアプリとタッチペンを使えば、タブレットでも手書きができます。修正も簡単ですから、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

5.まとめた内容はすぐにアウトプット

この章で紹介している5つの読書術のなかで、どれかひとつだけを選ぶように言われたら、私は迷わずこのアウトプットを選びます。

理由は単純。アウトプットが、もっとも記憶の定着に効果的だからです。

前述のように読書ノートを書くのもいいし、人に内容を話すのもよいでしょう。方法はともかく、アウトプット前提で読書をすると、重要なポイントをしっかりと探しながら読む癖がつきます。

また、アウトプットに慣れてきたら、思い切ってSNSや書評サイトにレビューを投稿してみるのもオススメです。

ただし、アウトプットは、あくまでも「読んだ内容を忘れすぎて困る」という人向けの話です。困っていないのなら、ムリに毎回アウトプットする必要はありません。忘れたらまた読めばいいと開き直るのも、読書を楽しむためには、案外大事なことだと思いますよ。

◎アウトプットについては、こちらの記事もどうぞ

6.自分の意見と対比させながら読む

ただ漫然と読書するのではなく、自分の意見と対比させながら読むと、内容がより記憶に残りやすくなります

自分の意見と対比させる読書は、いうなれば「評論家」になるようなものです。

「著者が◯◯と結論づけている内容は正しいのだろうか」「ほかにも選択肢がありそうだけど……」というように、本の内容を自分で裏取りしていきましょう。

そうすると、著者の主張である本の内容が、自分ごとに生まれ変わります。なにしろ、自分が納得いくまで、内容を調べましたからね。

ただもしかすると、評論家と聞いて、少々ネガティブな印象を受けた人もいるかもしれません。しかしあくまでも目的は、内容を深堀りして、記憶の定着度をあげることです。著者を批判するのが目的でありませんので、そのへんは誤解のないようにお願いします。

7.読む時間と読む場所を変えてみる

普段あまり意識しないかもしれませんが、本を読む時間帯と場所も、忘れない読書術には欠かせない要素です。効率のいい時間帯と場所を選択できれば、集中して読書ができ、その結果内容を忘れにくくなります。

まず読む時間帯ですが、忘れないという意味では、夜寝る前の2時間がベストな時間帯です。

なぜなら人間の脳は、睡眠中に、その日のできごとを整理・記憶していくからです。そう考えると、日中のできごとよりも、寝る直前にインプットした内容のほうが、より鮮明に記憶されるのは当然でしょう。

また場所に関しては、本来静かに落ち着ける自宅がベストです。しかし、自宅には、スマホやテレビなど、誘惑も多いもの。自室に入れば、誰もそういった誘惑を止めてくれませんから、人目のある場所を活用するのもよい方法だと思います。

通勤時間が長い人なら、これまで何気なく手にしていたスマホをやめて、ぜひ本を読んでください。人目があると適度な緊張感が生まれるので、図書館やカフェもオススメです。

◯読書の時間帯と場所については、こちらの記事もどうぞ

読んだ内容を忘れないためにも、まずは記憶のメカニズムを知っておこう

読んだ内容を忘れないためにも、まずは記憶のメカニズムを知っておこう

ここまで忘れない読書術を7つ紹介してきました。この章では、そもそもどういう仕組みで情報が記憶されるのか、その記憶のメカニズムについて解説していきます。

読んだ内容を忘れるのは当たり前

まず知っておいてもらいたいのが、人は読んだ内容を忘れるのが当たり前だということです。

人間の脳には、インプットした情報を一時的に保管しておく「ワーキングメモリ」と呼ばれる記憶システムが存在します。私たちが本を読んで内容を理解できるのは、ワーキングメモリへ文章が一時的に保存されている間に、内容を判断しているからです。

ところが、ワーキングメモリは別名「短期記憶」とも呼ばれるとおり、長くても数分しか記憶を保存できません。だから、意図的に覚えようとしない限り、読んだ内容を忘れるのは至極当たり前なのです。

記憶を長期間保存するには、大きく2つの方法が考えられます。ひとつは、感情に結びつける方法です。人間は楽しかったりドキドキしたり、感情が動いたときの情報はなかなか忘れません。

たとえばドキドキするような恋愛小説や、怖くてゾッとしたミステリー小説などは、いつまでも印象に残っていますよね。逆に、興味のない歴史の年号や数学の数式などは、何回見ても忘れてしまうものです。

ふたつめの方法は「復習」なのですが、復習に関しては、またのちほど詳しく解説します。

記憶の容量に上限はあるのか

いくら記憶を感情と結びつけても、人間の長期記憶には限度があります。インプットした情報を際限なく覚えておくことは、どんな人間でも不可能です。

とはいえ、以前別の記事でも紹介したように、人間の記憶容量は1ペタバイト以上あります。1ペタバイトといえば、256ギガバイトのiPadが3,906台分です。

そう考えると、よほど特殊な情報でもない限り、忘れずに覚えておけるような気がしませんか。

もちろん普通の状態で、1ペタバイトの容量を使い切ることはまずないでしょう。実際使いこなせる容量は、1ペタバイトよりずっと低いと思います。

ただ確実に言えるのは、「自分は頭が悪いからすぐに忘れてしまう」というのは単なる言い訳だということです。今回ご紹介したような読書術さえ知っておけば、少なくとも今よりは、忘れる量を減らせるでしょう。

ぜひ自分の読書力に、もっと自信をもっていただければと思います。

◎記憶の容量については、こちらの記事もどうぞ

復習が記憶を決定づける

前述のとおり、記憶を長期間保存するもうひとつの方法が、復習です。正直言って、脳科学の分野でも、短期記憶から長期記憶へ移行する決定的な条件はまだハッキリと解明されてはいないそうです。

ただ、復習により脳が情報を繰り返し受け取ると、長期記憶の受容体を維持するタンパク質が合成されるのはすでにわかっています。つまり復習によって、長期記憶に移行する準備がスタートするしくみになっているわけです。

となれば、復習回数が多いほど、それだけ読んだ内容を忘れにくくなる気がしますよね。ところがあまりに復習が多すぎても、今度はその情報に慣れてしまい、記憶効率が落ちます。

ということで、特別にむずかしい専門書でなければ、まずは3回を目安に復習をすれば十分ではないでしょうか。

◎復習の回数と時期については、こちらの記事もどうぞ

イメージ化で長期記憶が簡単に

イメージ化で長期記憶が簡単に

さきほど、記憶を長期間記憶する方法として、以下の2点があると説明しました。

  1. 感情に結びつける
  2. なんども復習する

このうち感情に結びつける方法に関しては、興味のある本を読む以外に、じつはもうひとつ方法があります。 

それは、右脳を使って文章をイメージ化し、映像として記憶する方法です。読んだ文章を単純に文字として認識するよりも、映像に変換してインプットしたほうが、より鮮明に記憶へ定着します。

もともと本というのは、視覚や聴覚の助けがほぼないので、自分の想像力で内容をイメージしながら読む媒体です。ただ通常は、その行為を無意識でおこなっています。

そのイメージ化を右脳で意図的におこなうと、長期記憶への移行がより速く、安定して実現しやすくなるわけです。

この右脳によるイメージ化と復習については、後述する「右脳速読法」の項目で、詳しく解説します。

究極の忘れない読書術「右脳速読法とは」

究極の忘れない読書術「右脳速読法とは」

この章では、忘れない読書法のなかでもとくにオススメな、右脳速読法「瞬読」について解説していきます。

右脳速読法「瞬読」について
  • 【左脳・右脳】働きの違いを利用する
  • ほかの速読法との違いとは
  • 右脳速読法なら、復習できる回数がケタ違い!

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

【左脳・右脳】働きの違いを利用する

右脳速読法「瞬読」は、一言でいうと、右脳が得意とするイメージ化を最大限活用した読書法です。

人間の大脳は左右にわかれており、それぞれ得意分野が異なります。大まかにいうと、左脳は論理的思考に優れており、「話す・聴く」といった言語能力や計算能力に大きなアドバンテージがあります。

読書も、文字を司る左脳でおこなうのが一般的です。

一方、右脳は全体像の把握が得意で、イメージ化やクリエイティブな発想などは、基本的に右脳が担っていると考えてください。

右脳速読法の場合、このイメージ化の力を最大限利用するので、単なる文章ではなく「映像」として強力に脳へ記憶されていきます。だから右脳速読法で読んだ内容は、通常の読書と比べて忘れにくいのです。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

ほかの速読法との違いとは

一般的な速読法と右脳速読法は、大きく以下の2点が異なります。

一般的な速読法と右脳速読法の違い

・読書スピード

・習得のしやすさ

まず読書スピードですが、一般的な目を速く動かすタイプの速読法では、分速約2,000文字程度の速さで読めれば上級者と認定されます。

速読をしない一般の人が読むスピードは、1分間におよそ400〜800文字といわれているので、一般的な速読法は通常の読書よりも5倍の速さで本が読めるわけです。

対して右脳速読法では、分速1〜2万文字の猛スピードで読める人が本当にたくさんいます。同じ速読法でも、読書スピードはまったく異なるという事実を、しっかりと押さえておく必要があるでしょう。

また一般的な速読法は、厳しい眼球トレーニングが必須なので、効果の出る人と出ない人の差が激しいです。その点瞬読には、眼球を著しく動かすトレーニングが一切ありません

もちろん瞬読の習得にもトレーニングは必要ですが、段階を追っていけば誰でもムリなく達成できるトレーニングですから安心してください。

圧倒的な読書スピードが、脱落することなく必ず手に入る。だから右脳速読法「瞬読」は、多くの人に支持されているのです。

◎ほかの速読法との違いについては、こちらの記事もどうぞ

右脳速読法なら、復習できる回数がケタ違い!

ワーキングメモリに入ってきた情報を長期記憶に移行させるふたつめの方法が、この復習です。前述のとおり、復習をするたびに脳へ情報信号が送られ、長期記憶の受容体を維持する動きがはじまります。

つまり復習をすれば、その分インプットした情報を忘れにくくなるわけですが、右脳速読法なら復習できる回数がケタ違いです。

右脳速読法の場合、眼を速く動かす速読法の10倍・速読をしない人なら50倍の速さで読めます。速い人なら、一般的なビジネス書を1冊3〜5分程度で読み切るのも可能です。

速読ができないと本を3回読むのは、かなり大変だと思います。一方瞬読なら、その日のうちに3回読むことも可能です。だから面倒な復習もほとんど負担になりません。

ぜひ右脳速読法「瞬読」で、何度も復習を繰り返して、せっかく読んだ内容を忘れないようにしていきましょう。

右脳速読法「瞬読」についてもっと知りたい!という方は下記のリンクからどうぞ。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

これだけは読んでおきたい「忘れない読書術」に関する本6選

これだけは読んでおきたい「忘れない読書術」に関する本6選

最後にこの章では、忘れない読書術に関する書籍をいくつかピックアップして、概要を紹介していきます。紹介するのは、以下の6冊です。

忘れない読書術に関する書籍6選
  1. 「一度読むだけで忘れない読書術」池田義博
  2. 「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑
  3. 「情報吸収力を高めるキーワード読書術」村上悠子
  4. 「『本の読み方』で人生が思い通りになる 読書革命」金川 顕教
  5. 「大人のための読書の全技術」齋藤 孝
  6. 「1冊3分で読めて、99%忘れない読書術 瞬読」山中恵美子

それぞれ、忘れない読書術に関するコツが満載の本ばかり。興味のある本があれば、ぜひ読んでみるのをオススメします。

1.「一度読むだけで忘れない読書術」池田義博

1.「一度読むだけで忘れない読書術」池田義博

「2019年度 記憶力日本選手権大会」優勝者。さらに、日本人初「世界記憶力グランドマスター」を獲得した、記憶力に関しては第一人者ともいうべき「池田義博」さんの最新本になります。

池田さんは、とにかく文字を追いかける読書の非効率さを訴えており、そのためには頭のなかで文章をイメージ化するのが大事だと主張しています。このへんは、右脳速読の概念と共通するところもあり、非常に共感を覚えました。

必読ポイント

人間の脳は、元来文字を認識する能力が弱い。それよりも、イメージで読むほうが、断然効率的。

2.「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑

2.「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑

精神科医でもあり作家でもある「樺沢紫苑(かばさわ しおん)」さんが、忘れない読書術について書いた本です。

出版社からは、「これまではどちらかというと、SNSの専門家としての出版が多かったけれども、今回は、精神科医としてより専門的な立場から読書術を示唆していただきました」というコメントが出ています。

そのコメントどおり、読んだら忘れない読書術を脳科学の面から、わかりやすく解説されています。なかでも「アウトプット活用」と「スキマ時間活用」の重要性という点には、大いに納得させられました。

必読ポイント
「アウトプット活用」と「スキマ時間活用」は、忘れない読書術の大原則。また、ワクワクしながら本を読めば、心が動き、より深く記憶に刻み込まれる。

3.「情報吸収力を高めるキーワード読書術」村上悠子

3.「情報吸収力を高めるキーワード読書術」村上悠子

著者である「村上悠子」さんは、依頼されたキーワードに関連する記事を探し出し、企業へ納品する「クリッピング」という仕事に従事されています。これまでに納品した記事は、なんと20万記事以上というのですから、まさに「文章を読むプロ」といえるでしょう。

村上さんの主張はシンプルで、目的をもって読書をすればほしい情報がみつかり、なおかつ忘れにくいというもの。そのためには、事前にキーワードを設定してから、読書をすべきだと教えてくれています。

また、SNS(Instagram)を使ったアウトプットも勧めているので、興味のある人はぜひ挑戦してみるとよいでしょう。

必読ポイント
事前にキーワードを設定して、ネット検索をするように本を読めば、ほしい情報が手に入る。

4.「『本の読み方』で人生が思い通りになる 読書革命」金川 顕教

4.「『本の読み方』で人生が思い通りになる 読書革命」金川 顕教

公認会計士・経営コンサルタントとして、多数の著書をもつ「金川顕教(かながわ・あきのり)」さんが書いた、読書術の本です。

金川さんは、まず「同じジャンルの本を4冊読め」といっています。そうすると、そのジャンルの基本的な情報がわかり、なおかつ必然的に4回復習することになるので、内容が忘れにくいです。

また、1冊の本も、読み方を変えて4回読むように推奨しています。さらに、アウトプットの重要性にも触れており、1回10分に要約した内容を最低3回はアウトプットするとよいとのこと。

現実的に、4回読むのは、決して簡単ではないと思います。しかし、さまざまな視点から、本を読み返すのは、忘れないという面でも非常に有効な考え方ではないでしょうか。

必読ポイント
予測読み・断捨離読み・記者読み・要約読みの4ステップ読書で、人生が変わる。

5.「大人のための読書の全技術」齋藤 孝

5.「大人のための読書の全技術」齋藤 孝

これまでに何冊も出版をしている、明治大学文学部教授「齋藤孝」さんの、読書術に関する本です。

全体的に素晴らしい内容ですが、なかでも「本1冊だけでなく多様な本を読み、脳内で総合的なつながりを組み立てていく」という部分には、非常に納得させられました。

自分の専門分野だけでなく、小説や古典など、幅広いジャンルが複雑に結びつき、それがその人なりの個性をつくっていく。だから、自分が興味のない本でも目を通してみるのは、意味のあることです、とのこと。

非常に説得力がありますよね。私もぜひ、見習いたいと思いました。

必読ポイント

多様な本を読み、自分のなかに「脳内図書館」をつくる。また、アウトプットも非常に重要で、「本で読んだ内容を実践に活かす」のが大事。

6.「1冊3分で読めて、99%忘れない読書術 瞬読」山中恵美子

6.「1冊3分で読めて、99%忘れない読書術 瞬読」山中恵美子

右脳速読法「瞬読」についてまとめた、速読のベストセラー本。瞬読は、これまで主流だった眼球トレーニングなしに、右脳で文章をイメージ化して記憶するのが特徴です。

また、右脳速読「瞬読」なら、通常の読書よりおよそ40〜50倍も速く本が読めます。イメージ化と復習のしやすさを兼ね備えた瞬読の詳細は、ぜひ本書を読んで確かめてみてくださいね。

必読ポイント

眼球トレーニングがないので、誰でもできる。さらに、右脳のイメージ化・速読による復習のしやすさが、忘れない読書を実現。

まとめ

今回最初の章で紹介したように、忘れない読書術のポイントはたくさんあります。そのなかでも、必ず押さえておいてほしいのが、短期記憶から長期記憶へスムーズに移行するための方法です。

「感情に結びつける」「何度も繰り返し復習する」この2点をぜひしっかりと頭に入れておいてください。

また今回は、最強の忘れない読書術として、右脳速読法「瞬読」もご紹介しました。瞬読なら、映像化と圧倒的な読書スピードで、上記2点を見事にクリアーしてくれます。

瞬読について詳しく知りたいかたは、オンラインでの「瞬読Zoom体験会」にご参加ください。