【自宅で受講できる】Zoom体験会開催中!

右脳を使った速読脳トレなら、学力や記憶力が大幅にアップ!

右脳を使った速読脳トレなら、学力や記憶力が大幅にアップ!

記事の監修

株式会社瞬読 代表取締役山中恵美子

大学卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2009年学習塾を開講し3万人の生徒が卒業。
学習効果を上げる方法として速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり生徒が次々と難関校に合格。
2018年瞬読のみの講座が開講し、現在受講生は2,600名を超える。
著書『瞬読』は10万部超えのベストセラーに。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

プロフィールはこちら

おかげさまで3冠達成!

受講者99.3%効果を実感!

瞬読ZOOM体験会開催中!

定価¥15,000を特別価格¥3,000で!

詳しくはこちら

もしあなたが今、学力や仕事の効率で悩んでいるなら、右脳を使った速読脳トレでその問題を解決できるかもしれません。

実際、右脳速読を指導する私のもとには、「右脳を鍛えたら暗記が楽になった」「記憶力や理解力がアップして仕事がうまくいくようになった」といった嬉しい報告が毎日のように寄せられてきます。

そこで今回は、右脳速読脳トレで得られる能力を具体的に解説したあとで、脳トレに最適な右脳速読法「瞬読」について紹介していきます。

速読脳トレで得られる4つのメリットとは

速読脳トレで自分の能力を爆アゲしよう

右脳を使った脳トレの内容についてはのちほど詳しく紹介するとして、まずは、速読脳トレで得られるメリットを4つ紹介していきます。

速読脳トレでアップする能力
  • 大事な知識の大量インプットで仕事や勉強の効率が大きく改善
  • 復習の回数を増やして記憶力がアップ
  • イメージ化のおかげで情報処理が速くなる
  • 記憶力と理解力の改善で学力向上が期待できる

それでは、ひとつずつみていきましょう。

大事な知識の大量インプットで仕事や勉強の効率が大きく改善

速読の種類にもよりますが、私が指導している右脳速読法「瞬読」の場合、通常の40〜50倍ものスピードで読書が可能です。そうなれば当然、普通では考えられないほど大量の知識が手に入ります。

受験を控えた学生・また資料作成や資格勉強に追われる社会人など、大量に本を読まなくてはいけない環境にいる人にとって、これは本当に大きなメリットといえるでしょう。

ただ速読をしたことのない人にすれば、50倍といわれても、いまいちピンとこないかもしれません。通常の50倍というと、およそ「1冊のビジネス書を5分もかからずに読めるスピード」です。

1冊5分で読めれば、もし急な仕事で情報が必要になっても、サッと確認できますよね。またここまで速く読めなかったとしても、1冊の本を30分以内(このくらいであれば、本当に誰でも到達可能です)で読めれば、情報収集に困ることはほぼないはずです。

復習の回数を増やして記憶力がアップ

右脳速読の脳トレ効果によって、記憶力の大幅アップが期待できます。読書スピードが50倍にもなれば、1冊を読み切るハードルが下がり、復習の回数を大幅に増やせるからです。

残念ながら人間の脳は、1回読んだだけでは内容を長期間記憶しておけません。一説によると24時間経過すると、読んだ内容の70%以上を忘れてしまうとか。だから読んだ内容をずっと覚えておくには、なんども繰り返し読んで、少しずつ記憶を積み重ねていくしかないのです。

とはいえ、読書のたびに何十回も復習する必要はないので、安心してください。一般的な復習回数の目安としては、3回が基準です。

サッと情報を入れたいだけなら、1回軽く読む。内容をある程度把握したいなら、3回繰り返す。しっかり覚えたい本についてはそれ以上復習すれば、重要なポイントはほとんど頭に記憶されているはずです。

◯復習については、こちらの記事もどうぞ

イメージ化のおかげで情報処理が速くなる

右脳速読とは、読んだ文章をイメージ処理して、その映像を記憶していく速読法です。「文章→映像化」というプロセスを大量におこなうため、右脳速読ができるようになると、脳の情報処理速度が大きく向上します。

じつは脳というのは、右脳と左脳にわかれていて、その役割はまったく異なります。

右脳と左脳の役割の違い

・右脳:創造性・ひらめき・イメージ処理・全体像把握・空間認識など

・左脳:言語認識・分析・計算・論理的思考など

上記のように、通常文章を読む際には、言語を司る左脳を使うのが一般的です。ではどうして、右脳速読では、左脳ではなく右脳を使用するのでしょうか。

それは、イメージ化が得意な右脳で文章を映像化すると、内容が鮮明に記憶へ残るからです。

わかりやすい入門書や雑誌などは、図解や写真がふんだんに使われていますよね。これは、映像が脳に与える強いインパクト効果を利用して、強制的にわかりやすさを演出しているわけです。

私たちが実際に読書する際には、入門書のような図解や画像はありませんが、その代わり自分の右脳で映像を創り出していきます。このプロセスが、右脳を大きく鍛え、学力や記憶力によい影響を与えてくれるのです。

記憶力と理解力の改善で学力向上が期待できる

右脳速読をマスターすると、記憶力と理解力がアップして、学力は間違いなく向上します。前述のとおり、右脳速読で復習回数が激増するため、読んだ内容が着実に脳へインプットされていくからです。

また理解力については、右脳速読によっておこなわれる脳の左右バランス補正が、大きなポイントになります。

普段私たちは勉強や仕事・家事などに忙しく、なにごとにも結果を出すように自分を追い込んでいます。だからほとんどの人が、分析や論理的思考といった左脳偏重の生活を送らざるを得ず、脳のバランスは常に悪い状態です。

ところが右脳速読で本を読むと、右脳が刺激され、右脳が活性化します。右脳によるイメージ処理は左脳で文字を読むよりも断然その処理スピードが速いので、「サッと見てパッと理解できる回路」が脳にできてくるというわけです。

右脳速読で「復習とイメージ処理」の恩恵受けて、ぜひあなたの学力をアップさせてください。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

【分野別】速読脳トレが与える好影響を紹介

【分野別】速読脳トレが与える好影響を紹介

ここまで速読脳トレのメリットを紹介してきましたが、この章ではそのメリットを分野別にもう少し詳しく紹介していきます。

受験・資格勉強

前述のとおり、右脳速読脳トレなら情報を大量にインプットできるので、学力向上に大きく貢献してくれます。さらに、インプットした内容を映像化で鮮明に脳へ刻み込むため、忘れにくいというのも非常に嬉しいポイントです。

また、右脳速読脳トレが、試験中に与えるメリットについても見逃せません。

右脳速読が受験・資格勉強に与えるメリット

・問題を速く読めるので試験時間に余裕ができる

・解答だけでなく見直しの時間が確保できる

・試験当日にも気になる箇所をサッと確認できる

もしかすると、「問題を速く読めても大したメリットではない」と考える人もいるかもしれませんが、正直試験に対する認識が甘いと言わざるを得ません。

PISA国際学習到達度調査※によれば、2012年には世界で4位だった学生の読解力が、2018年には15位にまでランクダウンしています。つまり日本の学生には、知識以前に「試験問題を読み解く能力」が大幅に不足しているのです。

ところが、もし日頃から右脳を鍛えておけば、試験当日に10〜20分程度の時間的ゆとりを生み出せます。そうなれば、見直しもできるし、苦手な問題に時間をかけてもOKです。

このあたりのメリットについては、別記事にて詳しく解説しているので、ぜひそちらの記事も読んでみてください。

OECD 生徒の学習到達度調査2018年調査(PISA2018)のポイント

◯速読が受験にもたらすメリットについては、こちらの記事もどうぞ

ビジネス

急激に変化するビジネストレンドへ対応するには、常に自分をアップデートしていく必要があります。そのためには、なんといっても大量のビジネス書を読み、新しい知識をどんどんインプットするのが一番です。

右脳を活用してインプット量を増やすと、手に入るのは知識だけではありません。大量の知識を脳内で分析・処理する過程において、「問題解決能力」「情報処理能力」「理解力」といった分野も鍛えられていきます。

また小説やノンフィクションものを好んで読む人は、共感力に優れた人が多いです。登場人物や著者の考え方に触れる時間が多いので、自然と他人の考え方や志向を尊重する気持ちが芽生えてくるのでしょう。(もちろん反発するときもあるでしょうけど)

そうなると、ビジネスの現場でも他人と良好なコミュニケーションを取りやすくなり、その結果「売上」や「報酬」「人脈構築」といった大きな結果に結びつくわけです。

◯速読と年収アップの関係については、こちらの記事もどうぞ

スポーツ

速読と聞けば、単純に本が速く読めるだけと考えがちです。しかし、右脳速読の脳トレ効果によって、じつはスポーツにも非常によい影響を与えるのがわかっています。

なぜ右脳速読が、一見関係なさそうなスポーツにまで好影響を与えるのでしょうか。

いくつか理由はありますが、最大の理由は「動体視力と空間認識能力の向上」です。こういった能力が高まると、ピッチャーの投げた球がしっかりと見えます。サッカーなら、フィールド内にいる選手の動きを瞬時に判断できるようになるでしょう。

もちろん、好影響を受けるのは、野球やサッカーのような球技だけではありません。ダンスやボクシングといった、あらゆるスポーツに対して、右脳速読の脳トレ効果は有効なのです。

なお、動体視力とスポーツの関係については、別記事で詳しく紹介しています。ぜひそちらの記事も確認してみてください。

脳トレするなら、右脳を使った速読法「瞬読」がオススメ

脳トレするなら、右脳を使った速読法「瞬読」がオススメ

右脳速読脳トレで得られる能力がわかったところで、次は私が指導する右脳速読法「瞬読」の概要を紹介します。右脳速読を指導していると、時々、「右脳速読とほかの速読法はなにが違うのか」という質問を受けます。たしかに速読を知らないと、そういった疑問をもつのも当然かもしれませんね。

両者にはいろいろと違いはありますが、もっとも異なるのは以下の2点です。

  1. 読書スピード
  2. 習得のしやすさ

前述のとおり、右脳速読法を習得した人の多くは、速読をしない人に比べて、40〜50倍のスピードで読書ができます。対して左脳型の速読は、速くても5倍が限界です。

また習得のしやすさも、大きなポイントになります。というのも、左脳型の速読は、いうなれば「目を速く動かして読書スピードを稼ぐ」やりかたです。目を速く動かすには、普段意識しない眼筋をフル稼働させる必要があり、長時間の読書では目が疲れてしまいます

その点瞬読なら、あくまでも右脳のイメージ処理能力を利用するだけなので、目を速く動かす必要がありません。もちろん、目が疲れることもなく、より長時間の速読が可能です。

速読で脳トレ効果を狙っても、すぐに目が疲れてしまうようならあまり効果は期待できないでしょう。そういう意味でも、右脳速読法「瞬読」は、脳トレに最適な速読法だと思います。

右脳速読法「瞬読」をもっと知りたい!という方は下記のリンクからどうぞ。
》》自宅で受講できるZoom体験会

◯左脳型の速読法と右脳速読法の違いについては、こちらの記事もどうぞ

右脳速読「瞬読式脳トレ」なら、誰でも簡単に脳を活性化できる

右脳速読「瞬読式脳トレ」なら、誰でも簡単に脳を活性化できる

さきほど、右脳速読法は習得がしやすいとお話ししました。しかし、やはり右脳速読を知らない人にすれば、本当に自分が習得できるのか、不安があるでしょう。そこでこの章では、右脳速読「瞬読」の脳トレ方法を簡単にご紹介しようと思います。

瞬読式脳トレは、全部で4ステップ。ステップ3・4は、いわゆる実戦トレーニングなので、最初の2ステップで実質右脳速読を学ぶことになります。それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

ステップ1:変換力トレーニング

ステップ1:変換力トレーニング

最初に取り組むのは、ランダムに配置された文字を正しい言葉に変換するトレーニングです。慣れないうちは、上記のように3〜5文字程度の短い単語からスタートしてください。このトレーニングを続けていくと、全体像を瞬時に捉える力が鍛えられます。

1秒以内にスラスラと単語が出てくるようになったら、次はもう少し長い単語に挑戦です。「短い単語 → 長めの単語 → 文章」と進めていくうちに、最終的には見開き1ページを丸ごとイメージ化できるようになるでしょう。(もちろん個人差はあります)

とにかく、この変換力トレーニングが、右脳速読におけるすべての基本となります。焦らず、ゲーム感覚で楽しみながら取り組んでくださいね。

ステップ2:イメージ力トレーニング

ステップ2:イメージ力トレーニング

ステップ1をクリアーしたら、段々とイメージ力トレーニングに移行していきましょう。イメージ力トレーニングは、文字通り単語や文章をイメージ化するトレーニングになります。

さきほどのスプーンなら、上記のように、スプーンの絵がすぐに自分の頭に浮かべば合格です。もちろん、文字数が多くなれば、それだけイメージ化の難易度はアップします。

とはいえ、これも慣れです。速い人なら2〜3日も取り組めば、複数行の文章でも簡単に映像が思い浮かぶようになるでしょう。

ステップ3:本読みトレーニング

ステップ3は、トレーニングというよりも、ただの純粋な読書です。とはいえ、ただ目的もなく読んでも効果は半減します。本読みトレーニングでは、ぜひこれまでに身につけた「文字をイメージ変換する能力」を確認しながら進めてください。

なお、これまでのトレーニングで読む量は、長くても1〜2行の文章でした。しかしステップ3まできたら、最終的には「見開き1ページを1〜2秒で読むレベル」を目指していきます。

もちろん、すぐにはできないでしょう。複数の文章をいっぺんに読むには、視点の効率的な動かし方も身につけなければなりません。でも安心してください。ステップ1から順番に練習すれば、必ずできるようになりますので。

【公式】瞬読Zoom体験会

【公式】瞬読Zoom体験会

ステップ4:アウトプットトレーニング

ここまできたら、もう右脳速読はマスターしたようなものです。仕上げにアウトプットトレーニングへ取りかかりましょう。具体的には、読んだ内容を文章に起こしたり、口頭で誰かに伝えたりしていきます。とくにオススメなのは、やはり紙への書き出しですね。

別にスマホやPCでもよいのですが、手を動かす行為自体に、脳を刺激する働きがあります。手書きのほうがより深く記憶に刻み込まれるので、できれば手書きでアウトプットをしてください。

また本の内容を要約して重要なポイントを紙に書き出していると、これまで使っていた右脳から左脳へスイッチが切り替わります。つまり瞬読式脳トレなら、1回の速読で右脳と左脳を両方バランスよく使用するわけです。

右脳と左脳を両方使って脳のバランスが修正される。これはほかの速読法にはない、本当に大きなメリットだと思います。

【体験談】右脳速読脳トレの活用事例

【体験談】右脳速読脳トレの活用事例

最後にこの章では、実際に右脳速読脳トレを取り入れている人の活用事例を、3点ご紹介します。今回紹介する事例以外については、「瞬読公式サイト受講者紹介ページ」でご確認いただけます。

右脳速読脳トレで英語力アップ「岡本隆順さん(英語講師)」

よく「英語でも右脳速読は活用できますか?」という質問をいただきます。今回はご自身の英語学習に右脳速読脳トレ(瞬読)を取り入れた、英語講師で通訳案内士でもある「岡本隆順さん」にお話をうかがいました。

瞬読スタッフ

瞬読を取り入れて、なにか変わったことはありますか?
瞬読をはじめる前は30冊程度だった読書量が、今年は300冊になりました。また、瞬読トレーニング「右脳読み → 潜在意識への蓄積 → 左脳によるアウトプット」のお陰で、記憶力が高まった実感はあります。

岡本さん

瞬読スタッフ

瞬読を英語学習にどう活かしていらっしゃるか、教えていただけますか?

英語瞬読のトレーニングについては、今のところ単語を3~5語一度に見るようにしています。英語は単語自体が意味の塊になっていて、日本語の「てにをは」といった意味のない言葉がないので、とても効率のよい速読が可能です。

 

ただし英語には関係詞があり、日本語のように読もうとすると、戻り読みしなければなりません。戻り読みをするとスピードが落ちてしまうので、スラッシュリーディング(英語の語順のまま読む方法)で、複数行読みをしていくのが今後の課題です。

岡本さん

右脳速読脳トレで資格取得「添田武彦さん(ワインエキスパート)」

さきほどご紹介した岡本さん同様、瞬読の1級トレーナーである、会社経営者「添田武彦さん」の事例をご紹介します。添田さんは、経営のかたわら、ワインエキスパートの資格を取得されました。資格取得にどのように右脳速読脳トレを活用されたのか、お話ししていただきましょう。

瞬読スタッフ

最近新しい資格を取得されたとお聞きしましたが?

はい。友人に誘われて、「日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート」という資格を取りました。  ワインの製造方法や地理・歴史など覚えることが多く、さらにテイスティングもあるので、なかなか取得が大変な資格だと思いますね。

 

また資格が直接仕事に結びつくわけではありませんが、資格をきっかけに話が弾むことも多く、たくさんの仲間ができました。あと、資格のおかげで、イベントのワインセレクトを依頼されたこともありましたね。

添田さん

瞬読スタッフ

ワインエキスパートの資格取得にあたって、瞬読が役立ったことなどはありますか?

さきほどもお話をしましたが、産地・歴史・年号・製造工程など、知らないワードが多く、最初の頃はまったく頭に入って来ませんでした。ところが、瞬読を学びはじめてから1次試験までの約8カ月で、分厚いテキストを流し読みしてもどんどん頭に入ってくるようになったのです。

 

試験の2週間前からはじめた過去問も、だいたい1問3秒のペースで、とにかく何度も読みまくりました。試験に合格できたのは、間違いなく右脳速読脳トレ効果のおかげです。

添田さん

右脳速読脳トレをスポーツに「佐野月乃さん(アイスホッケー)」

事例紹介の最後は、アイスホッケーの名門「ハーバード大学」でアイスホッケーに打ち込んでいる娘さんをもつ、佐野月乃さんの事例をご紹介します。

瞬読スタッフ

まず佐野さんご自身が瞬読をはじめて、なにか変わったことはありますか?

なんといっても、まず読書が習慣になりました。以前より速く読めるようになったおかげで、家族やほかの人から推薦してもらった本にも挑戦できる余裕ができましたね。

 

また、夫と娘も一緒に瞬読を受講しているのですが、夫と娘は3カ月で「1冊30分」をクリアーしました。わたしも目標に向かって挑戦中です。

佐野さん

瞬読スタッフ

お嬢様は、ハーバード大学でアイスホッケーをされているとお伺いしました。瞬読がアイスホッケーに役立っていることがあれば、ぜひ教えてください。

アイスホッケーは、硬質ゴムのパックをスティックでコントロールしながら、ゴールに入れるスポーツです。思い切りヒットした場合、パックのスピードは目にも止まらぬ速さになります。

 

しかしホッケー選手は、そういった高速で動くパックを追いかけながら、同時に相手や仲間の動きにも目を配らせなければなりません。

 

右脳をフル活用する瞬読式脳トレは、ホッケーに必要な「動体視力」「空間認識能力」「判断力」などの向上に、大きく役立っていると思っています。

佐野さん

今回は、語学・資格・スポーツという3つの異なる分野の事例を、簡単にご紹介しました。瞬読の右脳式脳トレで記憶力や判断力がアップするお話を聞くと、やはり右脳速読脳トレをもっともっと取り入れていくべきだと、あらためて感じますね。

まとめ

今回は、右脳速読を使った脳トレで得られるメリットを5つ紹介しました。もし右脳速読の脳トレで、5つのうちひとつだけでもよくなれば、これから右脳速読を取り入れる価値は十分にあると思います。

また右脳速読法「瞬読」の概要とトレーニング法についても紹介したので、右脳速読に対する不安はだいぶ軽減されたはずです。

もし本格的に右脳速読を脳トレに取り入れたいと思ったら、まずは「Zoom体験会」に参加してみてください。実際に右脳速読にも挑戦できるので、どのくらい効果があるかもバッチリわかります。

》》自宅で受講できるZoom体験会